2008年04月10日

三河オープンより第4戦

【コメント返し】

・ホイールさん

打てる箇所が多いと本当に難しいですよね。この試合も逆転されても不思議ではない中盤以降の内容でしたが、勝ちを狙うよりも負けないようにと思って打つと大抵ロクな目にあわないように思います。攻めの姿勢をいつも忘れないようにしたいものです。

・小林 学さん

私は相手が途中でトイレに立っても、それが自分の時間でも相手の時間でも構いませんが、もし自分がどうしても対局中にトイレに行くような事態に追い込まれたら、やはり相手が打って自分の手番になってから行きますね。理由は小林さんとはちょっと違うのですが、これは相手の手番の時に自分がトイレに立つと相手に余計な気を遣わせてしまうからです。まぁその前に対局中にトイレに行くと運を流してしまうようで・・・・・(汗;

・まだまだ・・・さん

ヨシヨシ(´・ω・)ノ"(ノ´Д`)・゚・
まぁあの局面になった時点でどこに打ってもすでに苦しい状況なので仕方なかったのかもしれません。実際にこの後の私の打ち方がかなり変調を来たしているので、そういう意味では狙いは成功だったかもしれませんよ♪


【本文】

・三河オープンより第4戦

080406J内1.png
黒 J内初段
白 田中(二段) 白番

前回の対戦では負けているのだが、その時は上図まで同じ進行で、白E2と打ったら黒C2が好手で苦しくなった記憶があった。今回はその時の反省を活かしてF5と打つ。黒A3白A5と進み(下図)・・・・

080406J内2.png
黒 J内初段  黒番
白 田中(二段)

ここで打たれた黒A6が悪手。ここはE2と我慢するべきであった。A6C2の後に黒E2と打っても、この時点でかなり形勢に差がついていた。

080406J内3.png
黒 J内初段
白 田中(二段) 白番

ここでH4と取った。悪い手ではないのだが、G3と打っていれば詰ませることが出来たようだ。

080406J内4.png
黒 J内初段
白 田中(二段) 白番

そして、ここでのD7が打った瞬間には分からなかったが悪手だったようだ。これでゼブラ評価値は+2となり、あとは双方ずっと最善で進む。

080406J内5.png
黒 J内初段
白 田中(二段) 白番

ここでG7から数えたら33石だったのでホッとして、F7から数えたらやはり33石。同じかぁと思ったが念のため再度数えたら、G7から打った場合に白F7でG7の石が返るのを忘れていたようで32石だった。引き分け勝ちの権利は持っていなかったのでメチャメチャ慌てたが、F7から再度数えたらちゃんと33石あったので助かった。かなり冷や汗の勝利である。



posted by たなか@とうかい at 21:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その局面でしっかり数えて冷静に勝つっていう事がまだまだできないんですよね・・・
時間がなかったらカンでうってそうだしw
引き分け負けになったら悔しいですね〜
とりあえず、えびちゃんも来るみたいなんで日曜日は行ってきます♪
Posted by さくら at 2008年04月11日 10:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。