2008年04月07日

三河オープンより第1戦

・三河オープンより第1戦


  A B C D E F G H
1++++++++
2++○○++++
3+++○○●++
4+●○○○○++
5+○●○○○○+
6●●●○●○●+
7++●○○●++
8+++○○○++

黒 田中(二段) 黒番
白 M永三段

以前何回かいろんな大会でお見かけしていたと思うけれどもM永三段とは初対戦。黒番で快速船黒海を突き進む定石から白F8に対して黒E8白D8となって迎えた上図。ここでさらにもう1つ黒C8とつけたのだが、ここはB3と打つのが良く、そうすれば白は左辺に手をつけると具合が悪いので他の手を打たなければならないのである。


  A B C D E F G H
1++++++++
2++○○●+++
3○++●●●++
4+○●○●○++
5●●○○●○○+
6●●●○●○●+
7++○●○●++
8+○○○○○++

黒 田中(二段)
白 M永三段  白番

ここでの白G8が悪手。これで黒A4と打ちやすくなった。A4に対して白がB3と打つと黒A2で斜めが返らないのが大きい。


  A B C D E F G H
1++○●●●++
2++○○●○○+
3○+○●○●●●
4○○○○○○●●
5○●○○○●●●
6○●○○●○●+
7○+○●○○++
8+○○○○○○+

黒 田中(二段) 黒番
白 M永三段 

そして問題の局面である。ここで打った黒H1が逆転の大悪手。白G1には黒B2で大丈夫だと思っていたが、考えてみたら上図と違ってG1B2の後だとD1の石が白くなっているので白B3と打たれるのは当たり前のこと。。。。。(下図)


  A B C D E F G H
1++○○○○○●
2+●○●●○●+
3○○○●○●●●
4○○○○○○●●
5○●○○○●●●
6○●○○●○●+
7○+○●○○++
8+○○○○○○+

黒 田中(二段) 黒番
白 M永三段 

もうこうなっては全ての手順を読んでみたところでどうにもならず。26−38で敗戦。
あの一手が悔やまれるという気持ちよりも、内容的に面白いオセロを打てて良かったという気持ちのほうが大きいのは不思議である。
・・・・まぁ、もちろん勝ちたかったのだが(汗;
posted by たなか@とうかい at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。