2008年03月03日

勝った対戦より

【コメント返し】

・ちぷさん

コンディションですかぁ。。。。徹夜で麻雀やって大会に参加した私は何故か4勝出来たものの、睡眠をたくさん取って万全の体調で迎えた神奈川オープンではやっとで2勝・・・・分からないものですよ。
ちなみに今度の浜松例会、私は悲しいことに行かれないんですよね。私の代わりに優勝お願いします!!

・自爆王さん

自爆王さんとは是非、麻雀やってみたいですね(もちろんオセロも)。オープンリーチへの自爆振り込みを期待しています。(笑)

・小林 学さん

なぞなぞ好きでしたら、私が出すようななぞなぞは殆ど知っているかもしれませんね。誤解答のボケに期待しています♪
しかし、ウグイスという答えが正統派とは。。。。。(汗;

・さくらさん

今回は本当に内容の濃い3日間でした。強くなること以上にオセロを打てる幸せというものを感じられることが一番良いところです。また今日からネットにも出没しますので(と言いつつ昨日もやっていたが)、対戦のほうもよろしくお願いします。


【本文】


・静岡県名人戦第6戦より


  A B C D E F G H
1++++++++
2+++○●++○
3++○○○●○○
4+○○○●○○○
5++○●○○○+
6++●●●●●●
7+++●++++
8++++++++

黒 M野2級 黒番
白 田中(二段)

この日のM野さんは決勝進出を果たしたT田新三段とA木五段に破れたものの、私がまだ公式戦で勝ったことがないO栗三段やS野三段を倒していて、ここまで3勝2敗。この最終戦に1級昇級をかけていた。こういった試合ではやはり負けるわけには行かないので気合が入る。
上図まではヨットの最善進行であるが、以前にもここで黒はB5以外のところに打ってはいけないと書いたように、M野さんのC1が敗着になった。


・品川シーサイドオープン第2戦より


  A B C D E F G H
1++++++++
2++●+++++
3+○●●●+++
4○○●○●○++
5○●●●○○++
6○+●●○○++
7+++●++++
8++++++++

黒 田中(二段)
白 T橋五段  白番

この日は第1戦で3−61という大敗戦。2回戦から人数が奇数になったので普通なら第2戦は不戦勝になってしまうところなのでガッカリしていたのだが、Dなべさんが素晴らしいことを教えてくれた。品川シーサイドオープンは1回戦2回戦と指名制度があって、三段以下(例外もあるが)の人は五段以上の人を指名出来ることになっている。この日の五段以上はN島八段、Y川五段、T橋五段の3人。もちろん、3人とも1回戦で勝っていたら1敗の私に指名する権利はないのだが、SりんさんがT橋五段に勝ってくれたおかげで指名のチャンスが巡ってきた。運良く他にT橋さんを指名した人がいなかったので、不戦勝にならずに済んだ。Dなべさん、本当にありがとうございました。私の代わりに不戦になってしまったM初段の「たなかさんにはめられた〜!」というセリフが心地良く聞こえてきた。
さて、肝心の対戦のほうはFJTの最善進行から迎えた上図で白C8と外してきた。ここで私は黒D8と応じたのだが、これは悪手らしくてここからかなり苦労する羽目になった。黒の最善の受けはF7で、白F2黒E2という感じで進むようである。


・品川シーサイドオープン第3戦より


  A B C D E F G H
1++++++++
2++●+++++
3+○●●●+++
4+○●○●○++
5++●●●●++
6++●○○+++
7++++++++
8++++++++

黒 田中(二段)
白 K野三段  白番

第2戦のところを見ても分かるように、FJT進行については私よりも詳しい人があまりにもたくさんいるので、上図からF6と打たれるよりもG4に打ってくれるほうが嬉しい。K野さんとは今回が二度目の対戦で、前回の対戦で上図からG4に打ってもらったのをしっかり覚えていたので、伏石に勝った私は迷わず黒を選択。そして上図まで予想通りに進んだのだが・・・・ここでK野さんはF6に打ってきた。

たなか@とうかい「えーっ!K野さんって前に対戦した時はここでG4に打ってきましたよね??」
K野三段「うん。でも今回は引き分け勝ちの権利があるからFJTのほうがいいと思って。」

・・・・かなりショックを受けた。


  A B C D E F G H
1+○○○++++
2++●○++++
3+○○○●+●+
4○○○○●●++
5○○●○●●●+
6○●●●●●●+
7++○○○○++
8+++○○+++

黒 田中(二段) 黒番
白 K野三段  

上図までは引き続き双方最善進行で、白がD2と打ったところ。その前の白の最善はD2以外にもA7とH4があるようだ。ここで私が打った黒G8は、その前の白がA7だった時の最善手。この進行でかなり不利になってしまった。白D2に対して黒の最善はA2で、さらに次の白にはA7とF2という2つの最善手がある。これは今度打たれてから覚えることにしよう。。。。。


・品川シーサイドオープン第4戦より


  A B C D E F G H
1++++++++
2++●+++++
3+○●●●+++
4○○●○●○++
5○●●●●○++
6○+●●●○++
7++○●●+++
8++++++++

黒 田中(二段)
白 A四段   白番

なんと3戦連続のFJT。ここでA四段はF3と打ってきた。おっ、この外しは打ちやすそうだ、チャンス!と思った私は、単に最善進行を知らない馬鹿だった・・・・・


  A B C D E F G H
1++++++++
2++●○+●++
3+○○○○○++
4○○●●●○++
5○●●●●○++
6○+●●●○++
7++○●●+++
8++++++++

黒 田中(二段) 黒番
白 A四段

ここからの最善進行はA3A2E1F1E2E8D8C8F7B6G1F8G5・・・・となっているようだが、ここで私はE2と打った。かなり筋の悪い手であるが、結果的にはこれがAさんのミスを誘い、何とか勝つことが出来た。


・品川シーサイドオープン第6戦より


  A B C D E F G H
1+●●●●●++
2++○●●●++
3+●●●●●++
4●●○●●●●●
5●●●●○●●●
6●●○○●●○●
7●++○○●++
8++●●●●●+

黒 S野五段
白 田中(二段) 白番

S野さんはいつも私の想像の範囲に収まらない手を連発してくるので、怖いけれども面白いオセロが出来る対戦相手である。上図までは田中流から途中優勢になりながらも差を詰められて来ていて、ここで私が打ったH3が逆転を許す悪手だった。以後、黒H2白G3の次に黒C7と打たれ、


  A B C D E F G H
1+●●●●●++
2++○●●●+●
3+●●●●●●●
4●●○●●●○●
5●●●●●○●●
6●●●●○●○●
7●+●●●●++
8++●●●●●+

黒 S野五段
白 田中(二段) 白番

何と!完全に種を消されているではないか。G2と打つとG1と応じられて困りそうなので(ー58石差負け)、白A2と打った。まぁ黒H7白G2で何とかなるだろうと思っていたら、S野さんはH7ではなく黒B2と打ってきた。いくら悩んでみたところで白としてはG2の指定打ち。そして迎えた下図。


  A B C D E F G H
1+●●●●●++
2○○○○○○○●
3+●●●●●○●
4●●○●●●○●
5●●●●●○●●
6●●●●○●○●
7●+●●●●++
8++●●●●●+

黒 S野五段  黒番
白 田中(二段)

残り時間がほとんど無かったS野さんが、ここで打ったA1が敗着になった。白にA3と入らせてしまって勝負は決まった。ここでは黒A3が正解で、仮に白がA8と取ったりすると、黒がG1H7と連打して下図の局面になる。


  A B C D E F G H
1+●●●●●●+
2○●○○○●●●
3○●●●●●●●
4○●○●●●●●
5○●●●●●●●
6○●●●○●●●
7○+●●●●+●
8○+●●●●●+


これで双方パスとなり、悲惨な終局となる。白はA8ではなくB8が最善で、それでも12石負けのようだ。


・神奈川オープン第3戦より


  A B C D E F G H
1++++○+++
2++●●○○++
3++●●○●●+
4++●○○○++
5+++○○○++
6+++○++++
7++++++++
8++++++++

黒 T畑さん  黒番
白 田中(二段)

T畑さんはこの日が大会初参加。2回戦でやはり大会初参加のT上さんに負けているので、ここは気合を入れたいところ。
上図でT畑さんが打ったG5はゼブラの評価値以上に悪そうな手で、白G4と打って以降ずっと優勢のまま勝つことが出来た。


・神奈川オープン第6戦より


  A B C D E F G H
1++○+++++
2+++○++++
3+●●●○+++
4●●●○○+++
5++○○○+++
6++++++++
7++++++++
8++++++++

黒 Y田初段  黒番
白 田中(二段)

1勝4敗で迎えた最終戦。とにかく今までどんな大会でも最低2勝はしているので、ここは絶対に勝ちたいところ。(といっても今月の名人戦での2勝はかなり厳しいのだが)
上図でのE1はよく打たれる悪手で、以後C2F3D1B1F4の手筋で一気に優勢になり、そのまま勝利。


【今日のなぞなぞ】

でかなべ「敏五郎さんは背がとっても高いですねぇ。」
敏五郎「いえいえ、それほどでも。」
でかなべ「どうやったらそんなに背が高くなることが出来るんですか?」
敏五郎「それはですねぇ、以前病院に行った時にお医者さんがある物を使って背を高くしてくれたんですよ。」


さて、ある物とはどんなものでしょう?

posted by たなか@とうかい at 21:02| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すいません、出演料の振り込みはいつ頃でしょうか?(嘘)
Posted by でかなべ at 2008年03月03日 22:44
なぞなぞの答えは「ぶら下がり健康器を使った」だと思います。
それしかないでしょう。
Posted by 小林 学 at 2008年03月03日 23:59
聴診器(長身器)でしょう
Posted by at 2008年03月04日 00:06
S野五段との6個空きの想定終局図すごいですね。
そういった終わり方はまったく見たことないです。
Posted by バタバタ3 at 2008年03月04日 03:06
今回は出ないんですかぁ(´・ω・`)ぢゃぁ…初優勝狙って頑張りますょ(`;∀;)ノ
それにしても…私達のような低段者にとって4勝は出来ても5勝からの壁はかなり厚く感じます(´Д`)
Posted by ちぷ at 2008年03月04日 20:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。