2008年02月12日

勝った試合

昨日は風邪ですっかりダウンしてしまい、会社から帰ってきてからブログを書く気にもなれませんでした。でも今日になって少しは回復してきたようです。

さて、まだ品川シーサイドオープンの第3戦までしか書いていないのに、新春オセロ大会、天王洲スペシャルと溜まってしまったので、とりあえず今日は勝った対戦について一気に書いてしまいます。


・品川シーサイドオープンより第4戦

080202H山.png
黒 H山1級  黒番
白 田中(二段)

ここまではよくある進行だが、ここで打たれたE8がかなりの悪手。以降、まったく危なげなく45−19で勝利。


・第5戦

080202K林.png
黒 K林1級  黒番
白 田中(二段)

ここでの黒E8で形勢逆転。黒はB6と打つのが良く、どちらにしても白はA5と取るしかないのだが、B6→A5の後に黒G8という手が効果的で、ここから先も難しい。34−29で勝利。


・第6戦

080202F崎.png
黒 F崎二段  黒番
白 田中(二段)

これも非常に難しい終盤戦。ここでの黒F8が結果的に敗着となった。A3であればまだ黒2石リードらしいが、評価値以上に黒F8によって白が打ちやすい盤面になったのが大きい。37−27で勝利。


・新春オセロ大会より第2戦

080203K林.png
黒 K林3級  黒番
白 田中(二段)

ここでの黒G6で一気に優勢に。54−10で勝利。


・第3戦

080203S藤.png
黒 S藤二段  黒番
白 田中(二段)

飛行機定石の中でも打ちやすい進行で迎えた上図。白にはC5C6の連打筋があるのだが、ここでE3の石を消されたらどうなるんだろう?と考えていたところに、本当にそういう手がやってきた。黒G3である。対する白G4は最善ではなかったようだが、以後も結構打ちやすい展開で進み、42−21で勝利。


・第5戦

080203M井.png
黒 M井初段  黒番
白 田中(二段)

ここでの黒C1が悪手。黒は上辺に手をつけずに、下辺からチャンスをうかがいたいところである。44−20で勝利。


・天王洲スペシャルより第4戦

080210H山.png
黒 H山1級  黒番
白 田中(二段)

お互い3連敗で、品川の末席での対戦。ここの席だけ椅子が普通のとは違って簡易的なものになっていて、この試練になんとか這い上がってやろうと思うのであった。対局のほうは上図で黒F2という見たことのない手が出てきて、あとはあっさりと勝つことができた。51−13で勝利。


・第5戦

080210S野.png
黒 田中(二段)  黒番
白 S野五段

S野五段との対戦で黒番を持つと、必ず虎の最善進行になる。途中でS野さんが変化してきたと思っていたら、それも単に私が知らなかっただけの最善進行であった。中盤から有利になり、迎えた上図。ここで時間がたっぷりあったので、G7から打ったらどうなるかカウンティングしてみたところ、最初のカウンティングでは32だった。どうやら分け勝ちの権利は私が持っているようなので、もう1度数えたら今度は31しかない。結局あきらめてB7のほうに打ったのだが、途中際どいところを何とか凌いで34−30で勝利。
ちなみにG7に打っていたら私がカウンティングしていたのと全く同じ進行が最善で、白がなんと37石あった。。。。。(汗;


・第6戦

080210Y田.png
黒 田中(二段)
白 Y−ま2級 白番

このY−ま2級との過去の対戦成績は私の1勝2敗で、連盟レーティングを一番落とされている相手である。そしてY−まさんは勝てば1級の昇級試験。おまけにこの対局テーブルがラッキー席になり、勝ったほうが景品ゲットという、自分を奮い立たせる要素が満載の対戦であった。対局のほうは途中まで形勢互角ながら、上図でのG6あたりから白の打ち方に狂いが生じてきて、次第に優勢になっていった。49−15で勝利。


【コメント返し】

・ちぷさん

最近のちぷさんの打ち方は日々変わっているみたいなので、今の所は苦手意識とかは持たないようにしています。それより私がちぷさんに苦手意識を持つ前に、早く五段くらいに昇段して下さいね〜♪




posted by たなか@とうかい at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。