2007年11月06日

川越順位戦より第5戦


・川越順位戦より第5戦


  A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++
3++●●●○++
4+++○○+++
5+++○●○○+
6+++○+●++
7++++++++
8++++++++ 

黒 田中(初段) 黒番 
白 W本初段

4回戦を終えて3勝1敗。川越順位戦は4勝1分け以上で2段に昇段できるので、とにかく負けだけは避けたいところだ。二段になれなくてもいい、でも二段リーチというのをしてみたい、そんな心境だった。
上図は虎進行を白が避けて変化したもの。ネットではよくある進行ではあるが、ここで黒G6が最善だなんて知らなかった。素直にF4と打ったらG4と最善を打たれ、黒F2には白G6とさらに最善で返されて下図。


  A B C D E F G H
1++++++++
2+++++●++
3++●●●●++
4+++○○●○+
5+++○●○○+
6+++○+●○+
7++++++++
8++++++++ 

黒 田中(初段) 黒番 
白 W本初段

この時点でゼブラ評価値は黒−10なのだが、どちらかといえば打ちやすく感じていた。ここで黒C4に対して白F7でほぼ互角になり、黒H4と打って下図。


  A B C D E F G H
1++++++++
2+++++●++
3++●●●●++
4++●●●●●●
5+++○●○○+
6+++○+○○+
7+++++○++
8++++++++ 

黒 田中(初段)
白 W本初段  白番

ここでのH3が白の敗着となってしまった。黒は当然H2と取り、白はG3に打つと5列が全部白くなってH列で黒に3連打を喰らうので手が限られてしまうのである。


  A B C D E F G H
1+++●+○++
2++++●○+●
3++●●○●●●
4++●○●○●●
5++○●●●○●
6+○○○+○○○
7+++++○++
8++++++++ 

黒 田中(初段) 黒番
白 W本初段 

上図は白がH6とつけてきたところ。当然黒H7なのだが、次に黒はD2に打つことでG列を全部黒にすることができるので、これで勝ちを確信した。
中盤で詰めることができたのだが、最後連続してかなりの石損をし、38−26での勝利。

posted by たなか@とうかい at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。