2007年10月18日

りんかいチャレンジカップ第1戦

【コメント返し】

・級位者にボスコフやられて最下位になったT川初段さん

こちらこそありがとうございました。ボスコフは大会ではやられたことはありませんが、やったことはあります。無条件に3手稼がれるのはしんどいですよね。
今度また一緒に遠征しましょう〜♪


【本文】


・りんかいチャレンジカップより第1戦


  A B C D E F G H
1++++++++
2+++●++++
3+●●●○+++
4+○●○○+++
5++●○○+++
6++●+++++
7++++++++
8++++++++ 

黒 T坂1級   
白 田中(初段) 白番

この大会の前日のブログで、伏石では黒番を狙っていくと書いたのだが、いきなり伏石で負けて黒番を持っていかれてしまった。普段は白で打ちたいのだが、世の中こういうものなのか。
さて、上図で私は白B6と打ったのだが、これが悪手。黒D6とされていきなり苦戦に。


  A B C D E F G H
1++++++++
2++○●++++
3+●○○○+++
4+○○●○+++
5++○●○+++
6+○●●++++
7++++++++
8++++++++ 

黒 T坂1級  黒番
白 田中(初段)

ここで黒にA5と打たれると非常に苦しい場面であるが、T坂くんはE2を狙いたかったのかどうか分からないがB5に打ってきた。これをきっかけに一気に優勢になったのだが・・・・・


  A B C D E F G H
1++++++++
2++○●●+++
3○○○●○+++
4○○●●○+++
5○●○●○+++
6○●●●++++
7++●●○+++
8++++++++ 

黒 T坂1級 
白 田中(初段) 白番

ここは2列の形を考慮してA7とウイングにするのが最善だったらしいが、実戦ではE6と打った。開放度重視型の打ち方だが、こういう白のラインを作るのはあまり良くないようである。


  A B C D E F G H
1++●○○●++
2++●○○○++
3○○○●○○○+
4○○●○●+○+
5○●●●●●++
6○○●●●●++
7++●●●+++
8+++++●++ 

黒 T坂1級
白 田中(初段) 白番

ここで吸い込まれるように打ったF4は大悪手で、ここでは白F7が良い手である。黒G5に白はB7と入るしかなく、以後黒H4白C8黒H3白G2黒H2という感じで打つ手無しの方向に進んでいった。


  A B C D E F G H
1++●○○●++
2++●●○●●●
3○○○●●○●●
4○○●○●●○●
5○○○●○●○○
6○●●○●○○+
7●●●●●●○+
8●○○○●●++ 

黒 T坂1級  黒番
白 田中(初段)

しかし勝負は最後の一手まで分からないものだ。上図での黒B2が痛恨の一手。素直に白A1と取って逆転し、最終的には38−26で勝利。


posted by たなか@とうかい at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。