2007年09月29日

天王洲スペシャル第6戦

・天王洲スペシャルより第6戦


  A B C D E F G H
1++++++++
2++●+++++
3+○●●●+++
4+○●○●○○+
5++○●●○++
6●●●○●●++
7++++○+++
8++++++++ 

黒 田中(初段) 黒番 
白 K野三段

T木四段戦・N崎四段戦で伏石に敗れて黒番だったのに、最終戦でも伏石に敗れ、自分より上の段の人との対戦は全部黒番を取らされる始末。今まで白を持った時の練習ばかりしてきたが、そろそろ考えなくては。。。。
さて、上図は虎のよくある双方最善進行。ここで黒の最善がB5というのは知っていたが、次の白の最善が2箇所あったことと、その先の進行がもう分からなかったことから、この局面で外すことにした。B5に打ってその先で悩むより、自分から外したという精神的優位性を重視した作戦である。ここで選んだ黒D8は4石損の手。白にD7と打たれ、結局B6に入れてしまうようでは何だか意味が無かったような気が・・・・


  A B C D E F G H
1++++++++
2++●+++++
3+○●●●+++
4+○●○●○○+
5+●●●●○++
6●●●○●○○+
7+++○●●++
8+++●++++ 

黒 田中(初段) 
白 K野三段  白番

黒としてはC8C7と続けて打ちたいところであるが、ここでは黒C7を消す白A5が最善。しかしK野さんはここでF2に打ってきた。黒C8としたところで白A5と入れられたが、黒E2でそんなに悪くないと思った。


  A B C D E F G H
1++++++++
2++●+●○++
3+○●●●+++
4+○●○●○○+
5○○○○○○++
6●○○○●○●●
7++○●○○++
8++●●+○++ 

黒 田中(初段) 黒番
白 K野三段 

ここでは最善のG5も考えたのだが、H5と取られた場合に自分からE8に打てなくなってしまうので却下。H3に打ったのだが、これはあまりよくなかったようだ。次に打たれた白G5が好手。


  A B C D E F G H
1++++++++
2++●+●○++
3●●●●●●○●
4+○●○○○○○
5○○○○○○○+
6●○○○●○●●
7++○○○●++
8++●●●●●+ 

黒 田中(初段) 黒番
白 K野三段 

ここは白がH4に打ってきたところ。現時点で黒からしか入れない1個空きが2箇所。ここでH5に打ってしまったのだが、A4に打っていれば黒優勢だったようだ。A4に打つと斜めが返って白B7に打たれるのが嫌だったのだが、実は白B7には落とし穴があった。そう、白B7で今度は左下が白から入れない3個空きになるのである。そこまで気づかなかったのは今の実力からして仕方の無いことだが、実戦でのこういった経験は貴重である。



  A B C D E F G H
1++++●+++
2++●+●●○+
3●●●●●○●●
4+○●○○○●●
5○○○○○○○●
6●○○○●○●●
7++○○○●++
8++●●●●●+ 

黒 田中(初段)
白 K野三段  白番

ここは非常に難しい局面。実戦で打たれた白G1は悪手で、黒D2で再び黒優勢に。
参考までに書いておくと、最善はA7(+4)、次善D1(+2)であるが、まだその先難しそうだ。


  A B C D E F G H
1++○+●+○+
2++○●●○○+
3●●○●●○●●
4+○○○○●●●
5○○○○○○●●
6●○○○●○●●
7++○○○●++
8++●●●●●+ 

黒 田中(初段) 黒番
白 K野三段  

そして白がC1と打ったところ。ここまで来ればあとはA4を打ってH1から上辺を取っていけば簡単な勝ちなのだが、ここで大チョンボのB8を打ってしまった。当然白A4と入れられて・・・・


  A B C D E F G H
1++○+●+○+
2++○●●○○+
3●○○●●○●●
4○○○○○●●●
5○○○○●○●●
6●○○●●○●●
7++●○○●++
8+●●●●●●+ 

黒 田中(初段) 黒番
白 K野三段  

きれいに逆転である。ここから黒B1白D1と進み


  A B C D E F G H
1+●○○●+○+
2++○○○○○+
3●○○○●○●●
4○○○○○●●●
5○○○○●○●●
6●○○●●○●●
7++●○○●++
8+●●●●●●+ 

黒 田中(初段) 黒番
白 K野三段  

ここで相手の立場になって考えてみた。B8〜H2ラインは黒で通っているので白はH2には入れない。ブラックラインは白で通っているが黒A2で切られてしまう。この2点を考慮して、F1と勝負に出た。(下図)


  A B C D E F G H
1+●○○●●○+
2++○○●●●+
3●○○●●●●●
4○○●○○●●●
5○●○○●○●●
6●○○●●○●●
7++●○○●++
8+●●●●●●+ 

黒 田中(初段) 
白 K野三段  白番

ここで白H1と打たれてしまうとおしまいなのだが、右上は2個空きで左上は3個空き。しかも白H1だとH2が白から入れない1個空きになる。これらの罠から、あとは白がA1と打ってくれることを祈るのみ!

そして・・・・


白A1!!!!






キタ━━ ゚Д゚】・∀・】´_ゝ`】`Д´】ノД`】=゚ω゚】━━!!!

黒B7とラインを通して(下図)


  A B C D E F G H
1○○○○●●○+
2++○○●●●+
3●○○●●●●●
4○○●○●●●●
5○●○●●○●●
6●●●●●○●●
7+●●○○●++
8+●●●●●●+ 

黒 田中(初段) 
白 K野三段  白番

これで今度こそ必勝体制である。ここからはA2B2H7と進んで


  A B C D E F G H
1○○○○●●○+
2○●●●●●●+
3○●●●●●●●
4○●●●●●●●
5○●○●●○●●
6●●●●●○○●
7+●●○○●+○
8+●●●●●●+ 

黒 田中(初段) 
白 K野三段  白番

ここはH1から取ったほうが多く残るだろうとは思いつつ、H8と取ったほうが分かりやすいので数えてみたら34あったので、無理せずH8と取る。そして終局して数えてみると・・・・

33だった。(汗;


まぁ引き分け勝ちの権利は持っていたので、さらにあと1石余裕があったということで、33−31で勝利。反省点も多いが、黒でこのような勝ち方が出来たことは素直に嬉しく思う。
posted by たなか@とうかい at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。