2007年08月22日

天王洲カップより第2戦

・天王洲カップより第2戦


  A B C D E F G H
1++++++++
2++○●++++
3+●●●●+++
4+○○●○●++
5++○○●●++
6++○○++++
7++++++++
8++++++++ 

黒 satobon初段   
白 田中(初段) 白番

今回私が品川までやってきた一番の目的はsatobonさんと対戦することだった(ちなみに翌日水戸まで行った一番の目的はT泉三段と対戦することだった。)。この対戦にあたって特別アイテム・クリスタルガイザーを用意。気合を入れて対戦に入る。
上図は本当によくある進行だが、今回の遠征中はずっと私の頭の中のbookがこの局面ではおかしくなってしまっていた。白D1で若干不利な局面に。以後、E6B5F3と進んで以下の局面。


  A B C D E F G H
1+++○++++
2++○○++++
3+●●○●●++
4+○○○●●++
5+○○●●●++
6++○○●+++
7++++++++
8++++++++ 

黒 satobon初段   
白 田中(初段) 白番

ここで白F7(評価値−11)と打ってしまった。次の黒A4でE2を狙われるのと同時に白F6の手も消されてしまい、ひどいものである。局後にsatobonさんに教えてもらったように、ここは黒より先に白A4しかないところだ。
しかしsatobon初段、ここから数手進む間ずっとE2がゼブラ評価値最善だったのだが、後でE2はゆっくり打とうと放置している間に白も少しだけ形勢挽回してきた。そして以下の局面で・・・・・


  A B C D E F G H
1+++○++++
2●+○○++++
3●●○○●●++
4●○●○●●++
5●○●○○●++
6●●○○○○++
7●++++○++
8++++++++ 

黒 satobon初段 黒番   
白 田中(初段)

ここで黒D7という手でほぼ互角になった。次の白最善はE2。しかし私もE2に打てなかった。その後も双方最善のE2に打つことができず、satobonさんによってE2が打たれた時はもうそこは最善ではなかったにもかかわらず白かなり形勢不利にしてしまっていた。


  A B C D E F G H
1+++○++++
2●+○○●+++
3●●○●●●++
4●○●○●●++
5●●○○●○○○
6●●●○●○○+
7●+●●○○++
8++++●○++ 

黒 satobon初段    
白 田中(初段) 白番

上図はそのE2が打たれたところ。ここで私はD8に打ったのだが、ここは先にE1と一本通しておいてからD8C8連打を狙うべきだった。
以後はもう逆転の目も全く無く、20−43で敗戦。




敗因はクリスタルガイザーか????
いえ、これが実力なんですよね。次回また頑張ります。
というわけで、天王洲カップで対戦できるよう、まだsatobonさんには初段のままでいてほしい。。。。。
posted by たなか@とうかい at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。