2007年08月16日

藤枝定例会より1〜3戦目

毎日暑いですね。家にいても暑いけど、会社はもっと暑い!!
オセロのほうも熱いです。

週末、土曜日は仕事なのですが、日曜日はやはりどこかの大会に行くことにしました。静岡からだとどこも遠いのですが(品川や神奈川の大会は小学生に変装しなければならないので)、その気になれば九州Qリーグだって日帰り可能(でも10時からの予選に出るには前日に仕事が終わってから新大阪あたりまで行っておかなければならない)なので、そう考えると水戸あたりでも案外近く感じるかもしれません。あ、でも浮き輪持ってないや。。。。。



藤枝オセロクラブ水曜定例会より。


第1戦。

  A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++
3++○○○+++
4+●○○○+++
5●●○●●+++
6+○●●+●++
7+++●++++
8++++++++

黒 T本初段   
白 田中(初段) 白番

藤枝オセロクラブは水曜・土曜・日曜に毎月各1回の定例会をやっています。東海ブロックのHPに開催日程が出ているので、興味のある人には是非来ていただきたいです。

T本初段とは藤枝に来るといつも当たっている。とりあえず勝つことはできているのだが、なかなかの好勝負になることが多い。
上図、私はF5に打ったのだが、これはちょっといい手を打ちすぎた(悪い手という意味で)。黒A6白A3に黒B3と打たれてみると左下への入り方が難しく、結局白A2黒C2白E7黒E6と、打ちにくい展開になってしまった。


  A B C D E F G H
1+++●++++
2○+●●++++
3○○○●○+++
4+○●●○+++
5●●○●○○○+
6●●●●●○++
7+++●○+++
8++++++++

黒 T本初段  黒番  
白 田中(初段)


上図は白G5と打ち、次に白F7から白E2を狙ったもの。しかし、ここで黒はF7に打ってきた。打たれてみると本当にいい手だ。さすがに白G8とは打てないし、D8と打って次にG8を狙っても黒は下辺を放置してくれないだろう。仕方なく、とりあえず多く返らないE8を選択した。ところがここで黒が悪手G6。相手の手でありながらもったいないと思うのであった。


  A B C D E F G H
1++○○○○++
2○●●●○○++
3○●●○○○●●
4○○○○○○●+
5○●○○●●●●
6○○●●●●●+
7○++●●○++
8++++○○○+

黒 T本初段    
白 田中(初段) 白番


白有利ではあるものの、ちょっと間違えると一気に引っ繰り返りそうな盤面だったので、ここでの最善はH4だったのだがライン通しに備えて右辺温存作戦の白D8と打った。以下双方最後まで最善で、39−25の勝利。



第2戦。


  A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++
3+++●●●++
4+++●●○++
5+○○●○○○+
6+○○○●○++
7+++○●●++
8++++++++

黒 S木初段  黒番 
白 田中(初段)

S木初段は藤枝オセロクラブの責任者の方である。いつもありがとうございます。
上図はもう飽きるほど打ってきた快速船の進行であるが、ここで黒がG4に打ってきた。これは白にとってビッグチャンス。E8から左上を狙いにかかる。


  A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++
3○○+●●●++
4+○○●●●●+
5+●○○○●●+
6●○○○●○+●
7+++●○●++
8++●+○+++

黒 S木初段   
白 田中(初段) 白番

ここで私が打ったG6はゼブラ16手読みでの評価値が良い方から数えて6番目の手だった。最善がD8(+12)で、以後G3、C7(共に+9)、F8、C3(+7)G6(+5)となっている。それぞれの手でその後の進行を調べたりしてみると、その違いがなかなか面白かった。


  A B C D E F G H
1++●+++++
2●+●●++++
3●●○○●●++
4●○●○●●●+
5●○○●○●●+
6●●○○●●○●
7++○●○○++
8+○○○○○++

黒 S木初段   
白 田中(初段) 白番

ここでの私はとても冴えていた。上図から白G7に打ち、黒E2に対して白B7。気持ちいい連続星打ちである。


  A B C D E F G H
1++●++++○
2●●●●●●○+
3●●●●●●●●
4●○●●○●●○
5●○○●●●●○
6●○○○●●●●
7+○○●●○●●
8+○○○○○++

黒 S木初段   
白 田中(初段) 白番

普通ならH2に打つところであるが、ブラックラインを通したい欲望にかられ、ついD1に打ってしまう。さっきまでの冴えはどこへやら・・・・
あとは双方全て最善で36−28の勝ち。



第3戦。


  A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++
3++++●+++
4+++○○●○○
5+++○○○●+
6+++○○○++
7++++++++
8++++++++

黒 田中(初段)   
白 S原さん  白番

S原さんはこの日初めてお会いして、例会開始前に1局打ったのだが、その時は私が63−1で勝たせてもらった。本番ではいかに?
上図は大量取りのちょっと変則形。ここでは白F3やG3と打たれることが多いのだが、S原さんはH5へ。黒E7で一気に有利になる。


  A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++
3++++●○++
4+++○○●○○
5+++○○○●○
6+++○○●●●
7++++○+++
8++++○+++

黒 田中(初段)   
白 S原さん  白番

ここで白E2。黒H3で勝負は決まった。結果は63−0で1マス空きを残してしまった。全消しの場合は空きマスがあっても64−0になるというのは前回の天王洲カップで経験して分かってはいたが、こういうレーティング非対象の大会だとつい全部消したくなるんだよなぁ。。。。


第4戦以降はまた明日。
posted by たなか@とうかい at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。