2015年02月27日

兵庫オセロの勉強会2015春を簡単に振り返る


【コメント返し】

・拓冬蛍さん

3回戦か4回戦で私がしっかり勝ちきっていれば対戦出来たんですけどね(汗;
最初に当たる時はメチャメチャ緊張しそうです。。。。。
あと、御指摘ありがとうございました。後でこっそり直しておきますね♪


【本文】

今日は兵庫オセロの勉強会2015春を簡単に振り返っていきます。

・1回戦

150222T口美.png
黒:田中四段
白:T口3級   白番

1回戦の相手はT口さん。T口さんは3人姉妹とのことで、私は今回が初対戦。最初は大阪盤聖戦の時にいらっしゃった3人兄弟の方とごっちゃになっていて、お父様に失礼な間違い発言をしたかもしれません(汗;
試合のほうはリーダーから上図で白A5と打ってきたので黒D2と打って一気に優勢になったのですが、これって自分が白番だとどこに打ったらいいのか難しい局面ですね。以後は優勢を拡大し、54−10で勝利。


・2回戦

150222K井.png
黒:田中四段
白:K井初段   白番

飛び出しから私の知らない進行にされたものの序盤はオール最善で返していたのですが、右辺に出来た2個空きに自分から手をつけた手が悪かったようで、そこから苦しい展開のまま迎えた上図。白A7以降自分が負けなのは分かっていたのですが、ここでK井くんは何と白B7に打ってきました。観戦していたY田さんも驚きの一手で、42−22と何とか勝ちを拾ったのでした。


・3回戦

150222K上.png
黒:田中四段   黒番
白:K上三段

いつか対戦したいと思っていたK上さんとの対戦はリーダーからほぼ互角の展開で迎えた上図。これは私には分かりませんでしたよ。ここは黒H5と打ってそのH5の石をF7への種石にしつつ、白が先にF7に打ってきたら黒B1とさばいて黒完勝らしいですが。実戦では黒A8と取り、白B8に対して黒がH4に打っても斜めが返らないように白にF7とH8の2手を打たせるために黒A2、黒B1と打ったのですが、どうにもなりませんでした。29−35で敗戦。


・4回戦

150222T口凛.png
黒:T口1級
白:田中四段   白番

ヨーグルトプリンから9手目に返し忘れがあって、以後未知の展開に。中盤から終盤にかけてどちらが優勢なのか分からないような接戦で迎えた上図。ここでなるべく読みを簡単にしようという悪いクセが出ました。とりあえず白G2白B7と打てばラインが通るので黒B8指定打ちで白A8白G8黒H7白H8となった場合についてカウンティングしてみたのですが、最後にH8と打った時にホワイトラインが通っているのにG7の石も返す前提でカウンティングしてしまったために、これで分け勝ちならそれでいいと思ってしまったのが失敗でした。上図白G2は盤面最悪手で唯一の負け筋で、31−33で敗戦。


・5回戦

150222U田.png
黒:田中四段
白:U田二段  白番

コンポスから、私が知らない最善進行に対処出来ず劣勢のまま試合は進んでいき迎えた上図。ここで白B4と打ったのが敗着らしいのですが、これも難しいですね。白は将来的にB8〜G3ラインを黒で通させることによって白H2と打ってもG3の石が返らないように打っていくのが唯一の勝ち筋のようで、そのために白B5黒B6白B4黒C7という手順があるようです。実戦の白B4以後の私はほぼ完璧な手を打ち続け、37−27で勝利。


・6回戦

150222T屋.png
黒:田中四段  黒番
白:T屋三段

カングから迎えた上図で、B5への種石を作るために黒F1なんて打っているようではダメダメですね。結局最後まで見せ場も無く、20−44で敗戦。


posted by たなか@とうかい at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。