2014年11月24日

水戸定例会


昨日は水戸定例会に参加してきました。結果は

1回戦:H俊1級 勝ち
2回戦:M内さん 勝ち
3回戦:H真1級 勝ち
4回戦:Iずみ四段 勝ち
5回戦:T野二段 負け
6回戦:W辺初段 負け

という感じで4勝2敗の2位でした。4回戦終了時点で単独トップになり、石数もかなり稼いでいたのでほぼ優勝という感じだったところからの連敗で優勝を逃してしまいましたが、6回戦があまりにもスッキリした負けだったため(自分ではそんなに悪い手を打っていないのに、もうこれはどうしようもないという内容でした)、ショックは特にありませんでした。
それにしても最近どこの大会に行っても対戦したことがある人とばかり当たることが多かったのですが、今回はIずみ四段戦以外の5試合はみんな初対戦の相手という嬉しい現象が起こりました。水戸まで行った甲斐がありましたねぇ。
今日は勝った4試合を簡単に振り返り、負けた2試合についてはまた後日ジックリと考察していきたいと思います。


・1回戦

141123H俊1.png
黒:H俊1級
白:田中(四段)  白番

ここで最善手のつもりで白B5と打ったのですが、記憶違いだったようです(汗; 昔は白B3が最善手だと覚えていたものがいつの間にか頭の中で変わってしまったのか、それとも最初から間違って覚えていたのか分かりません。しかし次の黒E2が悪手で、白F5以降、優勢になっていきました。


141123H俊2.png
黒:H俊1級
白:田中(四段)  白番

このような形ってどうしたらいいか悩みますよね。まだ考える時間がたくさん残っていたので、想定出来る手順をかなりたくさん網羅して考えた末、白E1以降全ての手で石損することなく打ち切ることが出来ました。46−18で勝利。


・2回戦

141123M内1.png
黒:M内さん
白:田中(四段)  白番

M内さんとはお会いするのは初めてでしたが、事前情報を仕入れていたために私よりも強い方だということが分かっていたので、慎重に考えて打つことが出来ました。ヨーグルトプリンから途中で私の知らない進行にされたのですが、上図で白F6と打ち、黒がE6と打ってきたら白E7で悪くないと思っていました。実戦でもそのように進んだのですが、黒はE6ではなくE7に打つ手が好手のようです。


141123M内2.png
黒:M内さん
白:田中(四段)  白番

ここは結構時間を使って考えた局面。しかしいくら時間を使ってもどうにも読み切れません。私が打った白B4は緩手でしたが、対してM内さんも長考したけれど読み切れなかったようで、黒A4と打った手で再逆転。白C1と打って勝負は決まったのですが、上図ではダイレクトに白C1と打つのが良かったようです。最後は針落ちによる勝手打ちのおかげもあって、50−14で勝利。


・3回戦

141123H真1.png
黒:H真1級
白:田中(四段)  白番

上図はオセロで斜め打ちしているとよく出てくる盤面なのですが、どこに打つのが良いのか覚えていない割に確か1ヵ所以外はみんなマイナス評価値だったということだけは覚えていました。ここでも時間をたくさん使って想定される進行をたくさん考えた末に出した結論白D1は正解でした。


141123H真2.png
黒:H真1級   黒番
白:田中(四段)  

ここは黒A4と打ってくるだろうと思ってその対処を考えていたのですが、実戦では黒D7でした。白としてはH4に先着しても黒H6で斜めが返らないので、自重して白G3としたところ、次の黒C6が悪手で、黒がA4に打つとB5の石が返る形になってしまいました。あとは白が打ちやすい形になり、最終的には56−8で勝利。


・4回戦

141123I泉1.png
黒:Iずみ四段  黒番 
白:田中(四段) 

この試合は飛出しヨーグルトプリンを打ったのですが、これは以前Iずみさんに打ったことがあって、その時は上図で黒C2と打ってきたので白G3で優勢になりました。今回も同じことが起こり、さらにその次に打たれた黒D6は前回にも打たれなかった悪手で、あとは白優勢のまま試合は進みました。

(ちなみに前回これを打った時の記事は2009年11月10日付のブログにありました。)
http://tanakatokai.seesaa.net/article/132555330.html


141123I泉2.png
黒:Iずみ四段 
白:田中(四段) 白番 

上図は下辺でやすり攻めをしていたところですが、左上の5個空きの末國トラップを崩してC1と打ちました。自分としては最善手でなくてもいいから安全に勝ちにいったつもりで打った手でしたが、これが一番多く石数を取る手順として正解だったみたいです。44−20で勝利。

posted by たなか@とうかい at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。