2014年09月10日

王座戦より3回戦


・王座戦より3回戦

140907S原0.png
黒:田中(四段)  黒番
白:S原諄三段

1勝1敗で迎えた3回戦の相手はS原諄三段。対戦成績は過去3勝0敗ですが、昨年の品川ニューイヤーズでは非常に苦しい試合で何とかギリギリ2石差勝ちだったので、そろそろやられそうな予感がありました。しかしこの日の私の目標は

”午前中を最低2勝1敗で乗り切って昇段の可能性を残した状態でお昼ご飯を食べること”

だったので、この試合は何としてでも勝ちたいところです。コンポスから上図ですでにBook切れの私は、正直に言えば黒H4の次に白がG4に打ってくる進行しかまだ覚えていません(汗; しかしわずかな記憶を頼りに、以前こんな形の時に黒B4と打ってボコボコにされたことがあったような気がしたので、ここで黒C6と打ったのが良かったようです。この次の手からはちゃんと一手ずつ自分なりにしっかりと読んで引き分け進行を維持していたようです。


140907S原1.png
黒:田中(四段)  黒番
白:S原諄三段

そしてこの局面でもいろいろなことを考えて、出した結論は黒D1でした。これは白がG4と打って次にF2を狙ってくるという手順を読めなかったからなのですが、白G4というのはなかなか気付かない手筋ですよね。S原三段もG4ではなくF1に打ってきたので、黒E1で優勢に感じていました。


140907S原2.png
黒:田中(四段)
白:S原諄三段  白番

そして上図で白C1と取ったのが悪手で、黒F2と打つと白G1でB6への種石は消されますが黒A5から黒A4の攻撃が効果的に見えたので素直にF2と打ちました。


140907S原3.png
黒:田中(四段)  黒番
白:S原諄三段

ここで黒A4と打つと白はG7に打ってくるかな〜?と漠然と思っていましたが、実際に打たれても次に黒B2が絶好手になるので、この時点で勝てると思っていました。対して白がB6と打って下図。


140907S原4.png
黒:田中(四段)  黒番
白:S原諄三段

B列に白石が乗ったので、黒C2と打って勝負ありました。


140907S原5.png
黒:田中(四段)  黒番
白:S原諄三段

ここではG4〜G8を全て黒にしてからH2に打てば連打確定なので、先に黒H1と打って白C7と打たせてから黒G8と入りました。46−18で勝利。

posted by たなか@とうかい at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。