2012年06月04日

かわさきオープン


【コメント返し】

・シェリーさん

好き嫌いが無いおかげでお腹の肉が・・・・・・(泣;
昨日はお疲れさまでした。お互いに後半は失速してしまいましたが、前半で上位にいると面白いですよね。また次の大会で頑張りましょう〜(^o^)/


【本文】

昨日はかわさきオープンに参加してきました。今回は車だったので家を5時ちょっと過ぎに出て、途中N木三段とK原さんを拾って行ったのですが、道路がやたら空いていたおかげで会場に着いたのがまだ9時前。仕方ないので駅の近くにあったスタバで時間をつぶし、適当な時間になってから会場入りしました。
それにしてもこの時期はブロック予選が続くせいか、それ以外のオープン大会はとても貴重です。この日も無差別部門43人、他に小中学生部門もあって会場は大盛況でした。小中学生部門では東海ブロック期待の新人M山さんが優勝していましたね。おめでとうございます!今度サインもらっておかなければ。。。。。。

さて、私の結果ですが

1回戦:T橋二段  勝ち
2回戦:A木さん  勝ち
3回戦:Y崎四段  引き分け
4回戦:K地四段  引き分け
5回戦:N島四段  負け
6回戦:K原さん  勝ち

という感じで3勝1敗2分の9位でした。今日は1回戦から5回戦までを軽く振り返って、6回戦についてはまた別の日にじっくり見ていきたいと思います。

・1回戦

120603T橋.png
黒 T橋二段  黒番
白 田中(四段)

蛇定石から始まったこの試合ですが、最近よくこのブログでも書いている8手目単独C打ちの進行はこの試合では選ばずに普通に打ちました。これは前回Qリーグ7連勝とその前の中日青空オセロ大会の6回戦と合わせて8連勝中だったので、過去2回ある連勝記録10を今回はなんとか更新したいと思っていたからです。それでも中盤で劣勢になり、なんとか上手くごまかして迎えた上図。ここでG1と打ったのが黒の敗着となりました。上図では黒G1に白F1とつけさせないために、先に黒G7白H8としてから黒G1に打たれたら困っていましたねぇ。最近T橋くんにはずっと負け続けていましたが、久しぶりに勝つことが出来ました。39−25で勝利。


・2回戦

120603A木.png
黒 A木さん   黒番
白 田中(四段)

2回戦の相手は今回が大会初出場のA木さん。裏情報でA木さんがかなり強いと聞いていたこと、1回戦でA木さんはI川四段に勝っていること、そして実際に数日前にA木さんとネットで連戦していることもあって、この試合はかなり慎重に打ってみました。1回戦に続いて蛇定石から普通の進行を選び、途中10手目で最善手ではないのを知った上で打った手から黒が優勢になっていったのですが、上図でA木さんが打った黒C7が悪手で、ここから先は危なげなく打つことが出来ました。それでもA木さんの強さはかなりのものであることを実感した試合でしたね。47−17で勝利。


・3回戦

120603Y崎.png
黒 Y崎四段
白 田中(四段)  白番

2連勝でとうとう連勝記録を自己最高タイの10まで伸ばし、新記録をかけて挑んだ3回戦。この試合も蛇定石でしたが、中盤まで互角だったのが上図ではもう完全に詰まされてしまいました。とりあえず黒からはA5に入れないのを有効に使うために、上図から白A7黒A8白B7と打ちました。白から打てない奇数空きが3か所あるというひどい盤面ですが、それでも左下の1個空きと右下の7個空きを連動させた効果があったのでしょうか。何故か不思議なことが起こって引き分けになりました。


・4回戦

120603K地.png
黒 田中(四段)  黒番
白 K地四段

3回戦は負け試合を引き分けにすることが出来たので、かなりテンションは上がっていました。とりあえず引き分けなので連勝記録もまだ続いているということにして、今度こそ!という気持ちではいたのですが。。。。。
K地四段とは久しぶりの対戦ですが、どうもイメージとしては序盤で変わった手を打たれて難解なオセロになるような感じがあったんでしょうね。へぼ定石は打たないつもりでいたのに、ついみみ虎にしてしまいました。おかげで序盤は苦しい試合になってしまったのですが、上図が唯一あったチャンスだったと思います。ここで私は黒A2と取ったのですが、この手が悪手でした。上図ではE7に先着するために黒D2と打つのが好手で、これならまだ戦える状況でした。あとは良いところなくズルズルと敗戦・・・・のはずが、何故かここでも魔法がかかって引き分けになりました。詳細はK地さんのブログを見てくださいね。


・5回戦

120603N島.png
黒 田中(四段)  黒番
白 N島四段

とりあえずまだ負けなしで迎えた相手はN島四段。先日の藤枝オープン(?)で快勝しただけにちょっと調子に乗っていたのかもしれません。やはり公式戦でのN島四段は強いですね。上図で私は勝負手の黒G2と打ったのですが、N島さんはまるでG藤三段を彷彿とさせるようにいろいろとつぶやき攻撃をしかけてきました。それを聞いているうちに、どうも黒のほうが優勢らしいと思ってしまうのですから不思議なものですよね。実際にはもうどうすることも出来ず、26−38で敗戦。連勝記録は今回も10で途絶えました。
posted by たなか@とうかい at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。