2012年05月21日

Qリーグより第1戦


【コメント返し】

・ふじけんさん

序盤力は私も全然無いのですが、普段からマイナス定石を打っているおかげで劣勢時の打ち方はいろいろ工夫出来るようになってきていると思います。反面、優勢の局面を勝ちきれないんですけどね。
今度対戦する時は可能な限り最善定石で打ってみたいと思います。ブロック大会を楽しみにしていますよ〜(^o^)/

・シェリーさん

私の良さは腹の肉が厚く、大食いして、好き嫌い無くなんでも食べられるところでしょうか(泣;
こんな私でも、いつも気にかけて下さってありがとうございます。


【本文】


昨日は帰宅時間が遅くなるので帰りの新幹線の中でスマートフォンからブログを投稿したのですが、やっぱりPCでないと書きづらいですねぇ。いろいろなエピソードも交えながら書くことが出来たら良かったのですが、文字入力が大変なのでつい手抜き投稿になってしまいました。
今日から1試合ずつ試合内容について書いていきたいと思います。

・1回戦

120520S川1.png
黒 S川3級
白 田中(四段)  白番

今回は8人での総当たり戦ということで大会開始時にすでに最終戦までの組み合わせが決まっていたのですが、九州名人のH田三段や私の対戦相手はレーティングが下位のほうの人から順番に上のほうの人にシフトしていって、最後にH田さんと私の直接対決というシナリオになっていました。出来るならこの最終戦まで全勝で行きたいとは思っていましたが、まずは結果よりも良い内容のオセロをしたいと、気合いを入れて試合にのぞみました。
初戦の相手はS川3級。人なつっこい感じの笑顔が可愛らしい好青年で、東京のH山三段がちょっと落ち着くとこんな感じになるのかなぁ、と思いました。試合のほうは上図、もしピアを公式戦で打たれたのはかなり久しぶりでした。白B4以下、特にあまり覚えていたわけでもないのですが、それらしい所に打っていく内に次第に優勢になっていきました。

120520S川2.png
黒 S川3級   黒番
白 田中(四段) 

そしてここで私が全く予想していなかった手が飛出しました。なんとビックリ!黒H2です。

120520S川3.png
黒 S川3級
白 田中(四段)  白番

白が圧倒的に優勢なのですが、ここまで来るとつい全消しされる恐怖に襲われてしまうんですよね。。。。
そんなチキンな私はここから白A3と打ち、黒A2に白H4黒H3白G6と、なんだか勿体無い手順を選んでしまいました。

120520S川4.png
黒 S川3級
白 田中(四段)  白番

一度狂った歯車はなかなか修正が難しいですね。上図では先に白D8と打って黒B8と取らせてから白H6黒H7白A5黒A6白F8と攻めれば全消し出来るところを(最初の白D8に黒B7なら62石差ですが)、先に白H6と打ってしまいました。

120520S川5.png
黒 S川3級
白 田中(四段)  白番

ここではD2への種石を消すために白H8黒G8白H1としました。左下の3個空きは先着されましたが、右上で手止まりを打って黒B8を強制し、あとは問題無く勝つことが出来ました。52−12で勝利。
posted by たなか@とうかい at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。