2011年10月13日

関西選手権より第1戦

【コメント返し】

・にしみねさん

いえいえ、優勝とかしてたら覚悟を決めてミナミ辺りで徹夜でオールしてましたよ(笑)
まぁ結果としてはお互いに平凡に終わってしまいましたが、私としてはこれだけの規模の大会で本気で優勝を狙ってやる!と思って参加出来たこと、そして4回戦で負けるまではまだ夢を見ることが出来たこと、いろいろと自分なりに進歩を感じた大会でした。
オセロの強さでは上には上がいますけれども、せめて気持ちの面では負けないように切磋琢磨していきましょう!

・シェリーさん

お疲れさまでした。まぁまだ二段になったばかりなので、まずはじっくりと二段としての実力を蓄えていくことをおススメしますよ。あまり早く昇段すると私みたいにいろいろと困ることになるかもしれませんので(汗;
やっぱりオセロって負けて覚えるものですよね。私はもう嫌になるほど今まで負け続けてきましたが、いつかこの負けが必要な敗戦だったと言えるような結果を出せるように頑張りたいと思います。またどこかの大会であいましょう〜♪


【本文】

今月はいろいろと週末に音楽関連の行事が目白押しで、オセロの大会参戦は先日の関西選手権だけになりそうです。そこで遅れ気味になるとは思いますが、時間をかけてでも7試合全部を振り返っていきます。今日はまず第1戦を。


・第1戦

111009K津1.png
黒 K津初段
白 田中(四段)  白番

第1戦の相手はいきなりK津初段。先月の私の大会成績は京都例会5勝1敗、グランドオセロ静岡6勝0敗で共に優勝だったのですが、唯一の敗戦が京都でのK津初段戦だったので、いきなりやってきたリベンジのチャンスに一人興奮していました。試合のほうは飛び出しヨーグルトプリンから迎えた上図で、私が打った白F4があまり良くなかったようです。この前の白F2という手もそうですが、ここは強引にB5の空きを狙うような打ち方をするべきでした。


111009K津2.png
黒 K津初段    黒番
白 田中(四段) 

ここでK津さんは黒B6と打ってきました。B6と打ってもC5の白石が返らないので一見すると手筋っぽいのですが、実はこれが悪手でした。白には次にD7という好手があり、次にB5の空きを狙いつつA2とA7まで白の余裕手になっているので、今度こそ負けはないだろうと思う気持ちと、でも前回のように粘って逆転されたらどうしようという気持ちが混在していました。


111009K津3.png
黒 K津初段    黒番
白 田中(四段)  

当然ここでは黒C1と打ってくるものだと思っていたら、なんと黒はB2に打ってきました。こうなると白A1B1の連打をうまく絡めながら大量に石を稼ぐイメージが浮かび上がってきました。


111009K津4.png
黒 K津初段
白 田中(四段)  白番

ここは白A1と取るのが最善手らしいのですが、私は白B8と取りました。この手によってC7とC8の石が白くなったので将来的に白がA1B1と連打した時にC列が白一色になるので黒はC1にも打てなくなる・・・・・あれっ?D2の石が白いので黒はC1にいつでも打てるんですね(汗;
でもここまでくると黒も種石をほとんど消されてしまい、最終的には57−7で勝利。
posted by たなか@とうかい at 21:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おや〜おや〜・・・!?黒は白に左辺を取らせつつ、白はA2とA7の余裕手ができてラッキーだったね?。こうゆう試合を百番勝負でやられると身体の芯までシビレてしまうよ〜〜(笑)・・・汗)。
Posted by にしみね at 2011年10月14日 11:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。