2011年07月31日

来年の全日本選手権無差別枠数


【コメント返し】

・わし(TOT)さん

ありがとうございます。元全日本チャンピオンに読んでいただいているなんて光栄ですが、このブログを読んで弱くならないように祈っています(汗;
しかしマイナス18%で優勝とは・・・・・ブラボー!!(TOT)

・えびさん

ありがとうございます。レベル的には確かに分かりやすい部分が多いかもしれませんね(汗;
実際に打っている時にはそれが分からないのが悲しいところでもあるのですが・・・・・

・りばーさん

ありがとうございます。弱いなりに何を考えて打っているのかを書くのが私に出来るところの精一杯ですので、今後もそのスタイルで書き続けていきたいと思っています。
シミュレーションよりも次は是非、王座戦でタイトルを取ってくださいね〜(汗;


【本文】

2011-07-31 17.21.11.jpg

今日はちょっとしたお祝いでケーキを買ってきました。ダイエットを始めてからこういうのとは縁の無い生活をしていたので、買うときは何だかワクワクしましたね。以前はケーキを買うときはまとめて7つと決めていたのですが、今回はまぁせっかく痩せたことだし控えめに6個にしておきました。あっという間に無くなってしまいましたが。。。。

さて、今日は時間があったので昨年同様、来年の全日本選手権無差別部門の地区別枠数を計算してみました。いくつか計算する上で疑問に思った点もあったのですが、以下のような前提で計算してみましたので、何かおかしいと思われた点があったら御指摘いただけると嬉しいです。

・来年の時点での会員数が分からないので、会員数は今年と変わらないという前提で仮定して計算しました。
・来年度の地区予選免除選手が4人になる可能性もあるのですが、とりあえず3人と仮定して計算しました。
・今年の東京グランプリの結果で代表になったN島八段は予選に参加している人数には含まないで計算しました。
・東北王座戦や中部名人戦では優勝者がブロックの代表権利を得ているのですが、大会はブロック予選と銘打ってはいないので、これらの大会参加者は特にブロック予選参加者数には含んでいません。
・東北ブロックと新潟ブロックは合同でブロック予選をしているのですが、予選参加者数はそれぞれのブロックの人数とし、他ブロックから参加のD二段に関しては新潟ブロックの予選参加者として計算しました。

1.前年度(つまり本年度)の成績上位者により決まった枠数

北海道:1.67
東北 :0.33
北関東:2
東関東:1.33
茨城 :0.67
東京 :4.67
神奈川:3.67
新潟 :1.33
東海 :1.33
中部 :1.33
近畿北陸:3.33 (※)
兵庫 :1
中四国:0.33
九州 :0

(※:全日本選手権優勝のO本七段の分に関しては規定「当年の地区予選免除選手は対象外とします。」よりここでは計算に入れていません。他にもまだ決まっていませんが王座戦、世界戦、名人戦の優勝者の分がここから今後さらに引かれる計算になります。)

2.会員数による割り当ての枠数(今年と同じで計算)

北海道:0.71
東北 :1.05
北関東:1.90
東関東:1.18
茨城 :1.01
東京 :3.79
神奈川:1.66
新潟 :0.51
東海 :1.93
中部 :1.16
近畿北陸:2.67
兵庫 :0.98
中四国:1.18
九州 :0.63

3.前年度(つまり本年度)のブロック予選参加者数から決まった枠数

北海道:0.50
東北 :0.30
北関東:2.26
東関東:1.03
茨城 :0.84
東京 :3.36
神奈川:1.19
新潟 :0.57
東海 :2.17
中部 :1.16
近畿北陸:3.22
兵庫 :1.03
中四国:1.42
九州 :0.96


以上を考慮して計算した来年度の枠数は以下のようになりました。
(括弧内は今年度の枠数)

北海道:3(2)
東北 :2(2→1)
北関東:6(6)
東関東:3(5)
茨城 :3(2)
東京 :11(11)
神奈川:6(5)
新潟 :2(2→3)
東海 :5(5)
中部 :3(3)
近畿北陸:9(8)
兵庫 :3(4)
中四国:3(4)
九州 :2(1)

返還枠が出た場合は、中部・新潟・東関東の順で枠が振り分けられます。


こうしてみると昨年大活躍だった東関東ブロックが今回は維持出来ずに2枠減り、一方で特に今回活躍が目立ったブロックではなくても枠が増えた(というより元に戻った)ところも結構あるのが分かります。ブロック予選参加者数の増減が結構大きいみたいですね。来年は東海ブロックの予選参加者が1000人くらい来て再来年の枠数がもっともっと増えるといいのですが。。。。

posted by たなか@とうかい at 18:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
来年も3か……厳しいなあ
Posted by 松本(中部) at 2011年07月31日 22:39
まいどながら、簡易計算ありがとうございます。

前年出場者数は、中部はかわっていない(12.75人)のに、割合が増えているので、全国的に出場者数は減っていますね。

ちょっと長文すぎですが、自分の計算と違っている&中部の数字も違っている(自分のブロックはちゃんとみておかないとね)のでコメントを。

自分の計算では、ちょっと違って、東京10枠・中部4枠でした。(中部の会員割合は1.14のはずですが、それでも東京より「補正」で0.02だけ優位です。)
中部合計=1.33+1.14+1.16=3.63 補正3÷3.63=0.830
東京合計=4.67+3.79+3.36=11.82 補正10÷11.82=0.850
なので、@とうかいさんの計算より、
上記補正が小さい中部が増え、逆に東京が減る計算です。

で、補欠は、1東京2新潟3東関東です。ここは変わらないかな?

ただ、今回の場合、補正が0.02以内に、中部3枠・東京10枠・新潟2枠となるので、シード選手によっては、さらに会員数によっては、十分にひっくりかえる数字です。
ということで、最後の席を東京や新潟と争うことになるかと思います。接近している数字としては、東関東2枠補正0.79もあります。
ちなみに、会員割合は1人減ると0.04ほど変動するようで、補正値換算にすると中部の場合、0.01増えます。つまり、会員数が現状維持されて、中部が2人会員を失うと東京や新潟に数字で逆転され、3枠になります。去年は大差で離れていましたが、今年はそれぐらい微妙です。

岡本チャンピオンに4冠とってもらえれば、シード分3つ空くはずなので、中部4東京11新潟3東関東4になるんですけどね。
Posted by すぎちゃん at 2011年08月01日 18:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。