2011年06月29日

東海ブロック二次予選より3回戦


・3回戦

110626S野1.png
黒 田中(四段)  黒番
白 S野三段

予想外の連勝スタートで、残り3試合全部負けても大量に石損さえしなければ予選通過出来そうな状況で迎えた相手はS野三段。S野さんとの試合は蛇になることが多いのですが、この試合では白のS野さんが縦取りしてきたので2回戦の延長でリーダーにしてみました。
上図では何となく黒G3っぽいと思ったのですが、その前にF列が白で通っているうちにということで黒F1に打ちました。白E1に黒G3として予定通りと思っていたのですが・・・・(下図)


110626S野2.png
黒 田中(四段) 
白 S野三段   白番

ここで白C1と打たれて参りました。黒としては上辺で白に手数を稼がれると致命傷で、かなり苦しい展開になってしまいました。


110626S野3.png
黒 田中(四段) 
白 S野三段   白番

ところが上図での白A3が緩手でした。この時の私は白G7と打たれませんように、と祈るような気持ちでしたねぇ。とりあえず白がG7に打ちづらくなるように黒F8として難を逃れました。


110626S野4.png
黒 田中(四段)  黒番
白 S野三段

しかし、ラインを気にし過ぎたせいでしょうか。ここで打った黒A5が悪手でした。これで黒は左辺に打つ手が無くなってしまったために、次の白H2が絶好手になってしまったようです。(下図)


110626S野5.png
黒 田中(四段)  黒番
白 S野三段

こうなると黒としてはもうA2に打つ以外ありません。ところが次の白A1でまだ引き分け形勢だったようです。(下図)


110626S野6.png
黒 田中(四段)  黒番
白 S野三段

そしてここで四段としては超恥ずかしい手を打ってしまいました。黒B1です。打ってから3秒以内位に後悔したのですが後の祭り。白H3に先着され、あとはどうにもなりませんでした。34.5−29.5で敗戦。
posted by たなか@とうかい at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。