2010年08月24日

三河オープンより


【コメント返し】

・aishiさん

次回も勝たせて下さい定石(^O^)


【本文】

今日は三河オープン7試合を簡単に振り返ってみたいと思います。


・1回戦

100822M尾.png
黒 田中(四段)
白 M尾1級   白番

序盤はみみ虎から私が一番よく知っているbookで進んだのですが、上図は黒がA4と打ったところでこれが悪手。この手は次に黒B6を狙っているのですが、ここで白B3と種石を消されると黒は難しくなります。実戦ではここで白E8と打ってきたので、黒B6で優勢になり、あとはそのまま勝ち切ることが出来ました。38−26で勝利。


・2回戦

100822E崎.png
黒 Lイd五段
白 田中(四段) 白番

ヨーグルトプリンで始まったこの試合の敗着はもっと前の段階であったと思いますが、上図で白A3と取らないようでは完全に手詰まりですよね。あとはいいところ無く26−38で敗戦。


・3回戦

100822N森.png
黒 田中(四段) 黒番
白 Sりっぱ六段

この試合はみみ虎に詳しいSりっぱさんに対して私もわりと途中まで好手で応じることが出来ていました。そして上図、白がF8と打ったところですが、これがこの試合唯一の黒優勢局面でした。ここで黒H6と打つと白はH8と取るよりなく、さらにG5の石が黒くなるのでD8に先着することが出来、白A1に黒B1と左上2個空きを見合いにすることで勝つことが出来たようです。実戦ではそのような手順が見えず、30−34で敗戦。


・4回戦

100822K田.png
黒 田中(四段) 
白 K田五段   白番

この試合もみみ虎から上手く詰められてしまいましたが、上図で白が勝てるのは1ヶ所のみ。実戦ではここで打たれた白H6が悪手で、黒H7でキレイに逆転しました。36−28で勝利。


・5回戦

100822T田.png
黒 田中(四段) 黒番
白 T田四段

この試合はバッファローから7手目で前の日に品川でM上九段に打った進行を選択しました。難解な終盤戦は上図で私が打ったA3が敗着となりました。次に白B2と打たれることを読んでいませんでしたねぇ。29−35で敗戦。


・6回戦

100822O坪.png
黒 田中(四段) 黒番
白 O坪3級

この試合もみみ虎進行だったのですが、序盤で私が打った瞬間にやばいと思うほどの悪手を打ってしまい、苦しい中でなんとか粘って上図では黒2石勝ち局面のようです。そしてここで打たれた白H4が悪手で、ここから終局図までの局面が見えて来るほど(最善進行ではなかったようですが)この試合は冴えていました。38−26で勝利。


・7回戦

100822S山.png
黒 田中(四段)
白 S山二段   白番

S山さんと公式戦で対戦するのはかなり久しぶりで、前回の対戦はまだ私が最善オセロしか出来なかった頃だと思ったので、この試合はバッファローではなく飛び出しを選択しました。試合のほうは上図で打たれた白B6が敗着となり勝つことが出来たのですが、これはゼブラで見ても意味不明な進行を選ばないと白は勝てないようなので、評価値を度外視すれば上図ではすでに黒が勝っていたと言っても良いのではないかと思います(実際は白2石勝ち局面)。39−25で勝利。
posted by たなか@とうかい at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。