2010年06月24日

中部ブロック予選を振り返るB


・中部ブロック予選2回戦

100620I岡1.png
黒 田中(四段) 黒番
白 J爆王六段

中部ブロックの大会は今までたくさん出ているので大抵の人とは対戦しているのですが、有名どころでまだ対戦していない2人の内の一人がこのJ爆王さんでした。試合のほうは龍から知らない進行で迎えた上図。ここではあまりにいろいろなことを考えすぎてしまったようです。
白D7と白F7は両方同時に防ぐことは出来ないので、普通にC5に打つというのが第一感だったのですが、ふとG6という手が気になり始めました。白D7を消しつつ白F7の手を悪化させるわけですね。しかし白はそれでもきっとF7に打ってくるだろうから、そうなるとどうなんだろう・・・・・と考えてみると、黒C5は白E3で良くなさそうなのでG3のほうがいいかなぁ・・・・・・といろいろ考えているうちに、いっそこの局面でG3に打ってしまったほうがいいのではないか?という錯覚に陥ってしまいました(泣;


100620I岡2.png
黒 田中(四段) 黒番
白 J爆王六段

多分前の図でG3と打った時点で、私の頭の中から黒C5という手は抹消されてしまったのでしょうね。上図でもC5と打てばいいものを、私が打ったのはC6でした。今思うとどうして白にC5を打って下さいと言わんばかりの悪手を打ってしまったのでしょうか。。。。


100620I岡3.png
黒 田中(四段) 黒番
白 J爆王六段

そして迎えたこの局面。普段の私だったら迷わずに黒B8と取っているところですが、何を思ったかここでG4に打ちました。適当に打ったのではなくいろいろ考えて打った末の悪手なのですから、これはSん五段とTまと五段との試合で頭がかなり疲れきってしまったのでしょう。。。。。


100620I岡4.png
黒 田中(四段) 黒番
白 J爆王六段

そしてここでG7に打ち込んだのですが、これは先にA5に入れておくのが良いみたいですね。左下を連打形にすることにこだわるよりも、まず下辺を取ることが出来るのかどうかが問題のようです。


100620I岡5.png
黒 田中(四段)
白 J爆王六段  白番

そしてここでの白C1が素晴らしい一手。これは痺れました。Cラインとブラックラインの使い方の上手さに負けを認めるしかありませんでした。16−48で敗戦。
posted by たなか@とうかい at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。