2010年06月23日

中部ブロック予選を振り返るA


・中部ブロック予選1回戦

100620T田1.png
黒 Tまと五段
白 田中(四段) 白番 

伏石で勝った私は引き分け勝ちを選んだのですが、当然Tまとさんは白番を取ってくると思っていたら何故か黒を選ばれてしまいました。白だと斜め取りの私としては当然のようにTまとさんのひらめ定石が想定されるのですが、今回はひらめを全く予習せずに来てしまったので、悩んだ挙句に上図で白D6と縦取りすることにしました。以後C4D3にE6と外してきたのですが、普段あまり縦取りしない私としては外されることの弊害も無く、序盤はほとんど悪手無しに優勢に試合を進めていきました。


100620T田2.png
黒 Tまと五段
白 田中(四段) 白番 

そして最初に打った悪手がこの局面。黒のC3を防ぐためにH6と取ったのですが、黒G8と取られてみると白のほうが悪いということに気付きました。


100620T田3.png
黒 Tまと五段
白 田中(四段) 白番 

ここはかなり悩んだ局面。白としてはいずれ6列に打ち込んでG4への種石を作りたいのですが、ここでA6と打つと黒A3が厳しく、かといってさすがにB6とは打てないですよね。いろいろ考えた末、私はC7に打つことにしました(下図)。


100620T田4.png
黒 Tまと五段  黒番
白 田中(四段)

白C7の狙いは黒C3の種石を消すのと同時に黒A3なら白B6で良し、というものです。ここではB6と打てばまだ黒優勢らしいですが、実戦では黒E2と上辺の壁を破ってきたので微妙な形勢になってきました。


100620T田5.png
黒 Tまと五段
白 田中(四段) 白番 

しかしここでまた悪手が出ました。白A6です。多分次に同じ局面を迎えても打てないと思いますが、ここはB6に打つのが良いみたいですね。オセロは難しい。。。。。(ToT)


100620T田6.png
黒 Tまと五段  黒番
白 田中(四段) 

ところが勝負は最後まで分からないもので、残り時間が少なかったTまとさんがここで敗着となる黒A2を打ってしまいました。以後A1B2H1G3H2H3B8A8G7A7B7H7H8と双方最善進行で33−31の2石勝ち。幸先の良いスタートを切ることが出来ました。
posted by たなか@とうかい at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。