2010年05月17日

挨拶のタイミング


【コメント返し】

・asaitorasanさん

本当に残念です・・・・・(ToT)
ただ他のブロックの予選に出るにしても東海魂を忘れないで対戦したいものです。

・すぎちゃん

ありがとうございます。お言葉に甘えまして今年の予選は中部から出ることにしました・・・・なんて書くとすぎちゃんのせいで予選参加者が一人増えてしまったことになってしまいますね(汗;
実際のところ、いろいろ検討したのですが、やはり最近は中部の大会に参加していないというのが中部にする決め手だったと思います。ライdさんと対戦出来ないのは残念ですが、この予選が私にとっての全日本選手権という気持ちで頑張りたいと思います。
どうぞよろしくお願いします(^O^)

・ふじけんさん

東海ブロック、まぁ私はまだ一度も予選通過したことが無いので何も言えません・・・・(ToT)
27日は多分、お昼頃に様子を見に行くことは出来ると思うので、頑張って下さいね〜(^o^)/


【本文】

オセロの試合をする時は挨拶に始まり挨拶で終わるというのが基本的なマナーですよね。まぁ試合開始時は”よろしくお願いします!”とお互いに挨拶をしてから白番の人が対局時計を押して試合が開始されるわけですが、試合終了時はどうでしょう?やはり皆さん、最後の一手が終わってその人が対局時計を押してからすぐに”ありがとうございました!”と言ってますよね??

時間に余裕がある時はあらかじめカウンティングをしてあったりするので石数まで正確に数えてあったり、数えるところまでいかなくても石数にかなり差があって勝敗の判定には数える必要までなかったりすることも多いのですが、接戦でお互いに残り時間に追われていて数える余裕も無く、とりあえず針落ちしないように必死に打っていると、対局後に挨拶をしている時点ではどちらが勝ったのかまだ分かっていないこともよくありますよね。そして挨拶をした後にお互いに石数を必死に数え、そこで初めて勝敗が分かってからまた挨拶をしたりして・・・・・

もちろん対局後の挨拶は大切だと思うのですが、私としてはお互いに勝敗が分かった上で挨拶をしたいという気持ちが大きいんですよね。本当は勝った負けた関係なく、この試合は相手があってはじめて成り立ったということに対する感謝をこめて挨拶をするというのは頭では分かるのですが、気持ちの面では勝敗がまだ分かっていない状態というのは試合が終わった状態とは思えない部分があるんですよね。

まぁ、それでも今後も私は最後の一手が終わった時に挨拶をするんですけどね。。。。(汗;
posted by たなか@とうかい at 23:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分の中では、
@最後の一手が終わってその人が対局時計を押してから
Aカウントが終わり、片付けも終って席を立つとき
の2回挨拶するのがいいかなぁ、なんて思ってます。
Posted by ふじけん at 2010年05月20日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。