2010年03月08日

神奈川オープンより第4戦

【コメント返し】

・でっぱさん

”満”ですか。ということは、その石の反対側の面には”空”って書いてあったりして?? (汗;

・あんにんさん

これが正夢になったとしても、誰もこういう方法での名人は認めてくれないでしょうけどね(汗汗;

・えびさん

東海ブロックからの名人、出したいですよね。
今年は名人になれるように頑張りますよ。あんにんさんが・・・・(^o^)


【本文】

昨日は神奈川オープンに参加してきました。公式戦は約1ヵ月半ぶりだったので、結果はどうあれ良いオセロを打ちたいと思っていたのですが、2勝1敗で迎えた第4戦で力尽きてしまいました。今日はその第4戦について振り返ってみます。

100307M崎0.png
黒 田中(四段) 黒番 
白 M崎四段

M崎四段には1月の神奈川オープンでブログに書いた程悔しい負け方をしたので、今回は是非とも対戦してリベンジしたかった相手でした。
M崎くんの8手目の対応を見ておきたくてリーダーを打ったのですが、お互いに微妙な最善以外の手を随所で打ち合って迎えた上図では白からH5に打てない形になっていて、かなり有利だとは思いました。しかしここからどのように打っていくか難しいところです。
第一感はA6A7B6C7と左辺をウイングにさせてからH5H2G2H1G1C1B1A1A2B2A8という進行です。ただ石数が足りなさそうで不安だったのでかなり悩みました。

100307M崎1.png
黒 田中(四段) 黒番 
白 M崎四段

ここでもざっと数えてみたのですが、先ほどの手順でA8の後B7B8C8と打って27−27の10個空きで手止まりが打てるから何とかなるだろうと(実際にはカウンティングミスで黒はC8の時点で26石)、H5に着手しました。ゼブラによれば、このH5ではまだ+12石です。

100307M崎2.png
黒 田中(四段) 黒番 
白 M崎四段

白がH2と取って上図。もうここは当然G2と打つ流れであって実際そうしたのですが、これが8石損らしく、何故かここでの最善は黒C8。こんな手、どういう構想で打ったらいいのか私には分かりません。。。。

100307M崎3.png
黒 田中(四段) 黒番 
白 M崎四段

そしてここで打ったB1が2石損。B1とB2は同じ石数らしいですが、ここでも最善はC8らしいです。

100307M崎4.png
黒 田中(四段) 黒番 
白 M崎四段

この上図の局面を終盤問題にしたらどれだけの人が解けるのでしょうか。偶数理論にはめるために打ったA8がさらに2石損で、とうとう引き分け形勢になってしまいました。最近newkくんはこのブログを見ていないようですが、もし見ていたらこの終盤問題を解いて欲しいですねぇ。。。。

100307M崎5.png
黒 田中(四段) 黒番 
白 M崎四段

そしてここでのC8が敗着となってしまいました。これだけ石損を重ねては勝てるはずがありません。だからといって私の実力では勝てない試合だったようです(泣;
posted by たなか@とうかい at 21:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちゃんと見てますよ!!!

けど、問題が分からないです・・・
とりあえず、C8→B7→A8なら、下辺をだらだらと詰めて引き分けのだと思います。

2石勝ちのところはワカリマセン・・・
Posted by newk at 2010年03月09日 02:39
お邪魔します
白c7のあとの局面ですが、黒c8で次白d7だと左辺がピュアウィングになって黒b2から攻めやすくなるような気がします
そうなった場合、白b7なら下側が11マス空きになって上半分で逆偶数にハメることができるような・・・・
間違ってたらすみません;
Posted by Knitz at 2010年03月09日 06:17
>第一感はA6A7B6C7と左辺をウイングにさせてからH5H2G2H1G1C1B1A1A2B2A8という進行です。ただ石数が足りなさそうで不安だったのでかなり悩みました。

自分も第一感はこの読み筋でリードしてるようには思えなかったのでB6A6B2を選ぶと思います
これなら下辺に手を掛けずに逆偶数確定なので勝ちやすいです
Posted by at 2010年03月13日 15:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。