2009年12月29日

川越順位戦より

・1回戦

091227K野.png
黒 K野三段   黒番
白 田中(四段) 

ここで黒が痛恨の分着(?)を打ち、引き分けになりました。試合が終わった時にD5の石が白のままだったのがポイントですね(汗;


・2回戦

091227K端.png
黒 K端三段 
白 田中(四段) 白番

偶数理論とか手止まりのクセって怖いですね。上図は黒がA1と打ったところですが、この局面でしっかりカウンティングしておけば勝ち筋は自然と見えてきたはずです。実戦では手なりで打った白B1が敗着になってしまいました。


・3回戦

091227U原.png
黒 U原二段 
白 田中(四段) 白番

ここで私が打った白B7は、ゼブラ8手読みでは最善手ですが完全読みではG5のほうがマシだったようです。ここから難解な終盤戦になったおかげでU原さんは時間をたくさん使ってしまい、19−45で負けるはずの試合が、57手目を黒が打って時計を押した時の残り時間が何と1秒。59手目では14個の石を1秒で返せるはずもなく、針落ちで勝ちが転がり込んできました(汗;


・4回戦

091227S原.png
黒 S原初段   黒番
白 田中(四段)

ここは黒に勝ち筋があるのですが、実戦では黒A2と打ってきたので白B7で勝ちが確定しました。黒が勝つためにはどうすれば良かったのでしょうか?


・5回戦

091227O野.png
黒 O野二段   黒番 
白 田中(四段)

ここでO野さんは黒E8と打ってきました。C2への種石を作りたかったのでしょうけれど、E列が黒で通ったので白E1と打って一気に優勢になり、勝つことが出来ました。


・6回戦

091227W引.png
黒 田中(四段) 黒番
白 W引五段

内容的にはひどい試合が多かったものの運だけでここまで何故か3勝1敗1分だった私は、この時点で1位だったW引五段が他の4勝1敗の3人と全て対戦が終わっていた関係で、最終戦1番テーブルで当たることになりました。この試合が今年の公式戦最終戦。デラックスオセロ盤で勝ったことがない私は、とにかく良い試合にすることだけを心掛け、神妙な気持ちで打っていきました。優勢を感じながらも、終盤にどんな罠があるか分からないですからね。そして迎えた上図。ここで怖いのは白がB1と打った時にB3〜F7が白で通ってしまうと黒がA2に打てないことです。そこで本当はH5に打ちたかったのですが、以後G7H7H4H3G2H8B1という進行が嫌で(次の黒H1でA2とG8を見合いに出来るので黒8石勝ちらしいですが)、悩んだあげく黒G4と打ってE6の石を黒くするほうを選択しました。次に白G7と打たれると黒の私が間違える可能性の高い展開になっていたようですが、白はH3に打ってきたので黒H5でどうやら勝ちが決まったようですね。内容の悪い試合が多かった一日でしたが、最後にこのような良い試合が出来たので一年の締めくくりとしてはとても良かったです。
posted by たなか@とうかい at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。