2009年12月06日

難解な種消しオセロ

今日はかわさきオープンに参加してきました。結果は4勝2敗でしたが、負けた2試合が面白かったので良しという感じでしょうか。内容については明日以降に書くとして、今日は終盤を見ていて面白かったK藤二段とG藤二段の試合のことを書きたいと思います。

観戦1.png
黒 K藤二段 黒番  
白 G藤二段

中盤では圧倒的に有利だった黒のK藤二段ですが、ここで黒C1と取ったのが大悪手。白A7と取られた時点で実は引き分け進行だったようです。(下図)

観戦2.png
黒 K藤二段 黒番  
白 G藤二段

ここで黒が打てるのはH5とH7の2箇所だけで、K藤さんは当然H5のほうに打ってきました。(下図)

観戦3.png
黒 K藤二段
白 G藤二段 白番

ここでイメージとして白は黒A3を防ぎたかったのでしょうね。白G2が敗着となってしまいました。ここでの最善手は白F1で、黒にG1と取らせてから(取らずにA3は白が左上連打)白F2とするのが良いようです。(下図)

観戦4.png
(黒番)

ちなみにここで黒H7とすると白B2で終わってしまうので、黒はG3と打つしかなく、白H3に黒B2として下図。

観戦5.png
(白番)

ここでは白A1でもG2でも引き分けらしいですが、こうなってくると何が何だかよく分かりません。暇な方はここからの最善進行を考えてみて下さい。
posted by たなか@とうかい at 23:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
指原ねじ込むために玲奈も入れたのかな 篠田は料理本?
Posted by 板野友美 美容整形 前 at 2013年07月07日 15:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。