2009年11月02日

神奈川オープン

昨日は神奈川オープンに参加してきました。結果は4勝2敗でしたが、内容は充実していたと思います。今日は第1戦から第3戦までを振り返ってみます。


・第1戦

091101M谷1.png
黒 田中(四段)  
白 M谷四段  白番

リーダーの割と素直な進行で迎えた上図。ここでM谷くんはF8に打ってきたのですが、これが悪手のようです。黒E8とつけられると白は難しいようですね。

091101M谷2.png
黒 田中(四段)  
白 M谷四段  白番

そしてここでの白G3で黒必勝になりました。ここでは白は右側に手をつけるのであればG6に打つべきで、白G3に黒G6となっては白に手が無くなってしまいました。終盤で非常にもったいない石損をしましたが、35−29で勝利。


・2回戦

091101N田1.png
黒 Bん五段   黒番  
白 田中(四段)

Bん先生にはオセロジャパンの勉強会でいつも大変お世話になっているのですが、大会ではまだ一度も勝ったことが無く、そろそろ勝って恩返しをしたいと思っていました。
バッファローから迎えた上図。ここでは黒E6に打ってくる人が多いのですが、Bん先生はC6のほうに打ってきました。しかしゼブラで見たらこれが最善手。知らない進行のような感じでこのような手を打ってくるBん先生、恐るべし・・・・


091101N田2.png
黒 Bん五段     
白 田中(四段) 白番

ここで白A5と打ったのですが、評価値がプラスなのは何と!白B3だそうです。絶対に打てません・・・・


091101N田3.png
黒 Bん五段     
白 田中(四段) 白番

上図は黒がA4と打ってきたところ。ここは黒がA6と取りづらい形を利用して白B3と取ったのが好手。黒は次に黙って白A3と続けて打たせるわけにはいかないとばかり黒A3と打ってきました。対して白A2と取ったのですが、ここから左上の空きが勝敗のポイントとなってきたようです。


091101N田4.png
黒 Bん五段     
白 田中(四段) 白番

左上の空きに手をつけていれば優勢になっていた局面を逃しに逃し続けて、上図でもまだC2に打たずH7に打ちました。次の白H2と合わせて2手稼ぐことが出来るので何とかなるだろうと思っていましたが、黒C8と打たれてみるとかなり厳しい感じがしました。


091101N田5.png
黒 Bん五段     
白 田中(四段) 白番

そして黒がE8に打ってきたところですが、ここにきて初めて勝てなさそうだと思いました。白がC7に入れないので、ここは白B8と取るしかなく、次の黒G7を甘んじて受け入れるしか無かったようです。


091101N田6.png
黒 Bん五段   黒番  
白 田中(四段) 

しかしここでのH3が黒の敗着となりました。G列が黒一色になったので白はG8と打ち、黒がH1と取って下図。


091101N田7.png
黒 Bん五段     
白 田中(四段) 白番

ここで白B2と打ち、これで右下に入れることが確定しました。最後は際どく33−31と2石差で勝てましたが、結果以上にこのような面白い試合が出来たことが嬉しかったです。


・3回戦

091101M崎1.png
黒 田中(四段) 黒番
白 M崎四段

ここは深く考えずにH6と取るべきでした。H6と取ることで右下4個空きで3回打たれるのも、今の段階で白に先にH6と打たれてから4個空きで2回ずつ打つのも、考えてみたら手数としては同じなんですよね。結局これが敗因になりました。

091101M崎2.png
黒 田中(四段) 黒番
白 M崎四段

ここで右上連打を狙って黒A6と打ちましたが、結果的にはこれでM崎くんは勝ちを確信したようです。以降白A7黒H1白H2黒G1白H8黒F1となった段階で確かに石数が足りないのがよく分かりました。20−44で敗戦。



posted by たなか@とうかい at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。