2009年10月15日

千葉オープンより第5・6戦

【コメント返し】

・りょうさん

初コメントありがとうございます。まず第1戦2図ですが、G7も面白い手ですね。ゼブラ評価値はマイナスですが、私はきっとこれ打たれたらずるずると負けてしまうと思います(汗;
3図のほうは私も白H7と取ってきた時のことは考えていました。H7には黒D1が強烈で、白C1でもG1でも黒はラインを通すことが出来ます。
2回戦のC1、確かに反省しないといけないですね。一見良くなさそうだという自覚がありながら、これで手数的に勝てると判断して打って、それが間違いでしたから(汗;
また気がついたことがあったらたくさんコメントお待ちしています♪


【本文】


・千葉オープンより第5戦

091011K野1.png
黒 K野三段  
白 田中(四段) 白番

4回戦まできて1敗してしまったせいもあって、ちょっと変わった手を打つモードになっていた私は、最近ネットで使いはじめた手を打ってみました。白C6です。こういうのを「裏ヨーグルトプリン定石」とか言うのでしょうか??
しかしこの手はネットで打っていて自覚がありましたが、めちゃめちゃ白が悪いです。この試合も例外ではなく、非常に苦しい展開となりました。途中までは・・・・


091011K野2.png
黒 K野三段   黒番
白 田中(四段)

結果から見ると、ここが勝敗の分かれ道でした。上図では黒G1と取られてしまうと白B2のストナーが簡単に返されるので成立しないんですよね。実戦での黒C1で、白B1と取ってさらにG1に余裕手が出来、一気に優勢になりました。


091011K野3.png
黒 K野三段  
白 田中(四段) 白番

そして試合はO清水さんが喜びそうな種消しの展開に。上図では白G2と打つのが最強のようですが、その手を思いつかなかった私は白G4を選択。これでもかなり種消しになっているのが分かると思います。


091011K野4.png
黒 K野三段  
白 田中(四段) 白番

ここで白D8と打ってこの試合は勝てそうだと思いましたが、黒はいつでもG2に打つことで種を作ることが出来るので、それだけが気掛かりでした。


091011K野5.png
黒 K野三段  
白 田中(四段) 白番

ここでの白E7が実に気持ちの良い一手。黒はF5にもF8にも打てず、次に打たれた黒G3に白H3と取り返して完全に決まりました。46−18で勝利。


・第6戦


091011I田1.png
黒 I田四段  
白 田中(四段) 白番

最終戦はここまで全勝のI田四段との対局で、大差をつけて勝てばまだ優勝の可能性が残ってはいたものの、この時の私に優勝したいなんていう欲はありませんでした。ただそんなこととは関係無くI田四段に勝ちたかったですね。
試合のほうは5手目でI田四段が狸にしてきたので、ここで私はC6に打ちました。何だかまるで”C6の日”ですね。これはきっと「狸ヨーグルトプリン定石」と言うのでしょうね・・・・・??


091011I田2.png
黒 I田四段   黒番
白 田中(四段)

ここでI田さんは一石返しの黒D7と打ってきました。しかし次の白G4が好手で、黒にC1と打たれると白D1とつけられなくなりますが、その場合にも白にはA4という手があるので、ここではかなり優勢を感じました。


091011I田3.png
黒 I田四段  
白 田中(四段) 白番

そして上図は私が長考した場面。第一感は白H4でしたが、黒H6白G6に黒C7と打たれた時に白がE7に入れないのが気になって結局打てず、最終的には読みきれずに白B6と打ってしまいました。この手が悪手で、白は普通にH4と打ち、黒H6に白A6黒A7白B6黒A2白H5と打ち進めるのが良かったようです。


091011I田4.png
黒 I田四段  
白 田中(四段) 白番

そしてここで私は上のほうに打ち込む手が全部つまらなく見えてしまい、B8に思いっきり打ち込みました。もうここは読みよりも気合です。実際ここから面白い展開になってきたのですが、お互いに持ち時間が残り少なくなってきていました。


091011I田5.png
黒 I田四段  
白 田中(四段) 白番

残り時間が少ないとはいっても、まだこの時点で1分くらいはあったように思います。でも私は残り時間が少ないと冷静に考えられないようで、白G1や白H3を少ない残り時間で検討したものの当然読みきれず、仕方なく無難なつもりで考えずにD8と打ってしまい、黒B2と通されて一瞬で終わってしまいました。上図ではG1でもH2でもまだ白2石負け形勢ですが、これならまだ戦えたんですよね。最後に後悔の1局でした。20−44で敗戦。
posted by たなか@とうかい at 21:53| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
K野三段戦の2つ目の図で、黒G1で黒有利です。
B2からのストナーは次の黒B6かF4で成立しません。
Posted by aishi at 2009年10月16日 02:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ジーワンジョッキー4
Excerpt: ジーワンジョッキー4の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「ジーワンジョッキー4」へ!
Weblog: ジーワンジョッキー4
Tracked: 2009-10-16 04:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。