2009年06月04日

東大のエースとの対局

【コメント返し】

・小林慧さん

こちらこそありがとうございました。
2石差ではなく4石差でしたね(汗;
今度は私のホームである東海ブロックの大会にも是非お越し下さい♪


【本文】

というわけで小林さんに催促された(?)ので、東大五月祭での小林さんとの対局を振り返ってみたいと思います。

090530小林1.png
黒 田中(四段) 黒番
白 小林初段

小林さんとは公式戦では1勝1敗。しかしその1敗はパーフェクト負けだったので、小林さんに対しては苦手意識とリベンジ心の両方がいつもあるようです。
ここまで私はノーミスの序盤だったのですが、ここで打ったB6が悪手。ここはG5から引っ張っていくのが良かったようです。白にE8に打たれたら嫌だなぁと思っていた通りE8に打たれて下図。

090530小林2.png
黒 田中(四段) 黒番
白 小林初段 

ここで黒D2に打ってしまうあたり、かなり甘い打ち方だと反省しなければなりませんね。

090530小林3.png
黒 田中(四段)
白 小林初段  白番

しかしここでの白B3が疑問手。これは黒にB5と打って下さいと言っているようです。これで一時優勢になりました。

090530小林4.png
黒 田中(四段) 黒番
白 小林初段 

しかしここから私の打ち方がヘボになってきました。ここでの第一感は黒D1ですが、白F1と打たれると黒はE1に入れないので・・・・A3なんて打ってしまったんですよね(汗;

090530小林5.png
黒 田中(四段) 黒番
白 小林初段 

そしてここでの黒F1が敗着となりました。しかしこの盤面から引き分け筋を見つけるなんてことは好調な時でも無理でしょうねぇ。。。。

090530小林6.png
黒 田中(四段) 黒番
白 小林初段 

そしてこの局面ではG7に打たないようではいけませんねぇ。斜めが返らない内にということで黒G3と打ったのですが、冷静に振り返ってみると白に手を無駄に与えているだけのようです。しかしこういう手を引き出すのもやはり小林さんの上手さなのでしょう。最後は悪あがきをして30−34と僅差まで持っていくのが精一杯でした。完敗です。参りました!


















posted by たなか@とうかい at 20:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すみません、私がサークル代表してコメントしているために、記事のメインで取り上げていただいくことになってしまって、非常に恐縮です……(汗
自宅で棋譜を並べようとしたのですが23手目辺りであやふやになってしまって頓挫していたので、個人的には助かりました。
コメントまでつけていただいているので勉強になります。
白B3のように「明らかによい返しがある手を打つ」のはサークルの後輩にも指摘されていて、今後の課題です。
Posted by 小林 at 2009年06月06日 00:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。