2008年12月24日

福岡支部定例会より第7戦

【コメント返し】

・ちぷさん

ハンデ戦は今回は参加しませんが、私の代わりにちぷさんが優勝しておいて下さい〜♪
前日品川ニューイヤーズに出て、そのままハートンホテルを予約しているので、4日はのんびり神奈川オープンに参加してきます〜♪


【本文】

・福岡支部定例会より第7戦

081221N野2-1.png
黒:N野三段 
白:田中(二段) 白番

自力優勝の可能性があるとはいえ、石数のことは考えずにとにかく良いオセロが出来たらいいと思ってはいたが、やはり優勝とは関係なくこの試合は勝ちたいという気持ちはかなり大きかった。
序盤は2回戦のT口二段との試合と同じ展開で、2回戦があまりにもひどい序盤だったのに対して今回は上図までは最善手で対応出来ていたようだ。しかしここでA5と取らずに白D1と打ってしまったために、黒A2と取られてみるとなかなか白にとっては難しい。

081221N野2-2.png
黒:N野三段 
白:田中(二段) 白番

次の黒G6が見えているだけに白にとってはつらいところ。D7もE7も6列が白で通ってしまうために、E7に打てばとりあえず黒がG6に打てなくなるということに気づかなかった私は、仕方なく白5と打った。ところが黒はA7と取らずにB1という絶好手を打ってきたので困ってしまった。白A1黒B2となって下図。

081221N野2-3.png
黒:N野三段 
白:田中(二段) 白番

ここも黒G6を防がなければならないので、白H2黒H1白G6という進行を選んだのだが、これには落とし穴があった(下図)。

081221N野2-4.png
黒:N野三段  黒番
白:田中(二段)

ここでは黒E7が好手で、これなら白は完全に詰みである。しかし実戦は黒H7と打ってきたので、白D7でまだ何とか可能性を残した終盤へ。

081221N野2-5.png
黒:N野三段  黒番
白:田中(二段)

ここでの評価値が黒にとってプラスなのはG2とE8だけ(+4)。いったいどのような読みをしたらこの勝ち筋が見つかるのだろうか。実戦では黒D8(−2)に白C8黒B8となった(下図)

081221N野2-6.png
黒:N野三段 
白:田中(二段) 白番

ここは非常に悩んだ局面。白E7と打つと黒G2白G1の後に黒にF8E8と連打をされるのが見えていたのだが、かといって白B7でA8を取られて下辺からやすられて勝てると思えなかったので、連打されてもG列を確保できるということでE7と打った。しかしこのE7は2石負け形勢、B7だったら2石勝ちだったようだ。

081221N野2-7.png
黒:N野三段  黒番
白:田中(二段) 

そして予想通り黒G2から連打の進行になったのだが、実はこのG2は2石損の手で、ここでの最善は黒B7というのだから難しい。

081221N野2-8.png
黒:N野三段 
白:田中(二段) 白番

そういうわけでせっかく引き分け進行になったのに、ここで唯一の負け筋であるG8を選んでしまった。ここでの2石損が響いて31−33で敗戦。自分の弱さよりもオセロの難しさを痛感させられる一戦だった。
posted by たなか@とうかい at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。