2015年07月22日

全日本選手権より2回戦


【コメント返し】

・pfalz_tortaさん

大変ご無沙汰してますが、お元気でしたか?久しぶりに対戦したいです〜(^o^)/
あのH4は私から見てもこの試合はいける!と思った位ですので、感覚的な部分で見ても悪そうですよね。


【本文】

・2回戦

150719K倉1.png
黒:田中四段
白:K倉五段   白番

1回戦、隣の席でK倉五段に敗れたI川四段に試合内容を聞いたところ、詳しく解説して下さってありがとうございました。上図では白F7に打ってきたそうです。この進行は私はあまり好きじゃないんですけどね。


150719K倉2.png
黒:田中四段   黒番
白:K倉五段  

そしてここでI川さんは黒B3と打ったらしいです。私だったら感覚的に黒F3とか打ってしまいそうですが。

150719K倉3.png
黒:田中四段   黒番
白:K倉五段  

そしてI川さんは黒C6と打って次に白はB5に打ってきたそうですが、ここでは黒G6と打つのが良いそうで、実戦ではG6と打ちました。


150719K倉4.png
黒:田中四段
白:K倉五段   白番

さらにI川さんに教えてもらった進行だと上図で白がH5だったのかどうなのか記憶があやふやなのですが、それで黒がH3と覚えていました。しかしK倉くんが打ったのは上図から白D8。黒H3と打つための種石が無くなってしまったではないですか。次に私が打った黒E8が敗着となり、あとはずるずると負けていくだけでした。

というわけで書く順番が大幅に違っていますが、2回戦の対戦相手はこのところ勢いの止まらないK倉五段。K倉五段戦は昨年までは勝ち越していたのですが、今年に入ってからすでに5連敗。おかげで全然勝てる気がしなくなってきました。しかし全日本選手権という舞台ではそんなことを言っているわけにもいかず、何とかして勝ちたいという思いがここまでのI川四段に教えてもらった進行の駆使となったわけです。しかしやはり付け焼刃で序盤を覚えてもダメですね。本当に強い人と打つ時は自分の得意定石へとなるべく誘導するのが一番でしょう。この日K倉五段は決勝まで勝ち続け、最後にS國九段に敗れたものの六段に昇段してその強さを見せつけてくれました。次に対戦する時は虎以外で勝負してみよう。。。。。

150719K倉5.png
黒:田中四段   黒番
白:K倉五段  

なんかもうどうやっても手が足りないんですよね。散々悩んだ挙句黒B8と打ったのですが、どう打っても似たようなものだったみたいです。

150719K倉7.png
黒:田中四段   黒番
白:K倉五段  

右下で連打されないために黒G7と打って白H8なら黒F8と打とう、なんて思ったら白H1と取られて、右辺から取られると結局右下連打されることに今更気づきました。17−47で完敗でした!
posted by たなか@とうかい at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。