2014年08月26日

流山オープン

【コメント返し】

・Dなべさん

その定石、私に打って難しさを教えて下さい〜(^o^)/


【本文】

昨日は流山オープンに参加してきました。優勝をつかみかけたのですが、ある一瞬から魔法がかかってへぼオセラーに変身!!(ToT)!! 結局4勝2敗の8位。まるでS脇五段を優勝させるために私は存在していたような結果になってしまいました。。。。。

・1回戦

140824H山.png
黒:田中(四段)
白:H山三段   白番

1回戦の相手はまたもHっしー。最近本当によく当たります。今回も懲りずにコンポスにして、上図は黒の私がE2に打って勝ちを確信した局面。白がB1と取ってくれたら黒G8で面白くなるなぁ、と思っていましたが、多分F1に打ってくるだろうと漠然と考えていたらやはりF1に打ってきました。あとは黒H1から打って45−19で勝ちましたが、Hっしーにはまだまだ黒であと100連勝位して、本人の口から「オセロは黒が有利!」という言葉をまた言わせたいものです。


・2回戦

140824U野.png
黒:田中(四段)
白:U野初段   白番

2回戦の相手はU野初段。この時は知らなかったのですが麻布学園のブログでU野くんのことが書いてあったので、初段の割りにはかなり強いと感じたことも納得しました。
序盤は飛出しから私が19手目で2択を間違えて、以後ずっと白優勢で試合は進みました。上図は黒が左辺を上手く処理しようと黒A5白A6黒A3みたいな感じで進んだところですが、ここで白がA4ではなくB6のほうに打ったのが悪手でした。このB6とA4の違いは最終的にホワイトラインを切ることが出来るかどうかの違いなので、下辺も白F8から処理されると右下の3個空きに先着したくてもライン通しの連打につなげられてしまうためにこれがかなり大きかったです。そして次の黒G2に白H1と取ったことでキレイに逆転。最終的には36−28で勝つことが出来ました。


・3回戦

140824T永.png
黒:田中(四段)  黒番
白:T永八段

3回戦の組み合わせ発表でT永八段との対戦を知った時は嬉しくてつい叫んでしまいました。たまに大会で顔を見かけることはありましたが、なかなか対戦することが出来なかったのでいつか当たりたかったんですよね。これだけでこの日は流山に来て良かったと思いました。
序盤はノーカングから白の変化とも言うほどではないような手に私が正確に応じることが出来ず、あっという間に劣勢になっていきました。上図は白がH2と打ったところでこれも最善手なのですが、これを見て私にはこの先の方針が見えてきました。

1.種石を作って黒G1を実現させる。
2.黒H7と打ち、白H6を強制させて黒H4と打つ。
3.右上の2個空きをライン通しの連打狙いをちらつかせながら白に左上の壁を破らせるか、白にG2と打たせることによって黒G7と抜いて石を稼ぐ。

ところがこの考えには落ちがあって、実際の進行は黒B4白E7黒G1となったのですが、ここでT永さんが考えている時に私はまずいことに気が付きました。それはD3の種石を消されることです。実際には白C8と打たれたので黒はH7を実現させることが出来たのですが、ここから意外なことに互角の展開になり、私が55手目を打った時に、これは勝ちではないかと気が付いてビックリしました。こういうことがあるからオセロは面白いですね。34−30で勝利。


・4回戦

140824I倉.png
黒:I倉五段  黒番
白:田中(四段)

この試合は隣の席のN海四段の影響もあって、伏石で負けて分け勝ちを取られた私が珍しく白番を選びました。飛出しから形勢判断の難しい微妙な展開で迎えた上図。ここは漠然と黒G7白H8黒H7という展開を予想していましたが、実際に打たれたF1が黒の敗着となりました。あとは特に難しくなることも無く、52−12で勝利。


・5回戦

140824S脇.png
黒:S脇五段
白:田中(四段)  白番

4回戦を終わって全勝が2人だけになっての直接対決となった相手は久しぶりのS脇五段。序盤はI崎流から白がずっと優勢だったのですが、ここで私が打った白G7が悪夢の始まりでした。次の黒G8という手を見て、私はひどい手を打ってしまったという絶望感に包まれてしまいました。この黒G8は当然の一手に見えるのですが実は悪手で、そのことが分かっていればまだ立ち直るきっかけにも出来たのかもしれませんが、ここから急速に頭も精神も疲れてしまって、ここに書くのも恥ずかしいような悪手を連発してしまいました。(どのような手を打ったのかは恥ずかしいので書きません 汗;)終わってみれば7−57で敗戦。ちょっとした負けだったら最終戦のS脇さんの対戦相手はT永八段だったのでまだ優勝の可能性は大いにあったのですが、この大差負けで完全に優勝も無くなってしまいました。


・6回戦

140824H間.png
黒:田中(四段)  黒番
白:H間四段

6回戦の相手はH間四段。前の試合のこともあって、試合前から勝てないだろうと思っていました。コンポスから次第に劣勢になっていったのですが、上図で黒E2なんて打っているようでは重症ですね。良いところは1つも無く、19−45で敗戦。


後半があまりにひどかったので反省して、アフターオセロではある程度修正することが出来ました。来週の神奈川は出られないので、今回が王座戦前の最後の大会。良かった点、悪かった点、全てひっくるめて王座戦で活かしていきたいですね。昨日お世話になった皆さん、ありがとうございました。

posted by たなか@とうかい at 00:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

犬山オープンを振り返る

【コメント返し】

・拓冬蛍さん

いえいえ、拓さんの優勝もお子さん達の健闘も全然波乱なんかではありませんよ(^o^)
3人とも頑張っているのはみんなよく分かっていますからね。
今度は是非、O本九段を3人で叩きのめして下さいっ♪

・ひさきんぐさん

御指摘ありがとうございます。間違っているのは盤面ではなく、F8と書いたのが間違いです。正しくはF8でなくF2でした(汗;
この試合は本当に良い勉強になりました。


【本文】

昨日は浜松支部例会に参加してきました。結果は3連勝2連敗で順位はちょっと忘れてしまったのですが、久しぶりに大会に参加したT田四段になすすべもなく負けてしまったのが悲しかったです。
優勝したT木三段、おめでとうございます!おつよい。。。。。。

前回の記事に書いたようにシーサーブログに容量追加申請したらすぐに対応して下さったので、今日は浜松例会の前日に開催された犬山オープンを振り返っていきたいと思います。


【本文】

・犬山オープンより1回戦

140816S山.png
黒:田中(四段)  黒番
白:S山二段

S山二段は本当に久しぶりの大会参戦で、会場でお会いした時には当たりたいですねぇ、と言っていたらまさかの初戦での対戦でした。コンポスから序盤中盤は優勢だったものの、その優勢を維持出来ずに途中逆転もあったりして迎えた上図。ここで私は読み切れずに黒A6に打ったのですがこれが逆転の悪手で、対して次の白B3が2石損の分着になる手で、以下双方最善で引き分け。難しい終盤でした。
上図では黒A4と打ち、A5A6の2個空きに白が打ってこないことを見越して次の白B3又はC2でC4の石を白くさせてからA2〜G8ラインの石を全部抜くという構想が必要でした。


・2回戦

140816Y田.png
黒:Y田くん   黒番
白:田中(四段)

Y田くんとは初対戦。情報が無いのでちょっと段級位が分からないのですが、1回戦の負けたような気分の引き分けの後だったので、気分転換ということで久しぶりにヨーグルトプリンを打ってみました。上図ではすでに白優勢ですが、ここで打たれた黒F1で勝負は完全に決まってしまいました。46−18で勝利。


・3回戦

140816T木.png
黒:田中(四段)  黒番
白:T木三段

この試合はベルクタイガーから黒が左下で手損をしてしまって終始白優勢で迎えた上図。ここで黒F3と打って以後普通に負けたのですが、ここでは負けは負けなりに黒H2と抵抗するのが面白い筋で、白は次の黒H3も防げず結構難しい展開になるようです。25−39で敗戦。


・4回戦

140816Y中.png
黒:Y中3級
白:田中(四段)  白番

上図は黒がF2に打ったところですが、白C3以下、問題なく勝つことが出来ました。しかしこのF2、へぼ定石のようでいて序盤しっかり打たれると案外落としどころが難しいようにも感じました。中盤の入り口辺りで詰んでしまいましたが、またこういう序盤も打って欲しいですね。48−16で勝利。


・5回戦


140816T.png
黒:Tさん
白:田中(四段)  白番

Tさんは今回が大会初参加らしいですが、ネットではかなりの強豪のようでこの日もここまで良い成績で来ていました。序盤はバッファローから12手目で私が最善ではなく以前使っていたマイナス定石を採用し、途中私がストナーを仕掛けることの出来る局面もあったのですが、ストナーで取れる隅の先の辺が私の悪形のウイングになっていたのでストナーを採用しなかったために形勢逆転。しかし今度は黒が仕掛けたストナーをすぐにゲットしなかったために再度白が優勢になりました。上図は黒がA7と打ったところで、これはA7ではなくA6に打てばストナー成立なのですが白にA8A7を連打されるのを嫌ってA7に打ったものです。しかしここでは白D1が決め手になり、黒はA6への種石を作ることが出来ず、G2とブラックラインを通しても白F1と簡単に切られてしまい、どうすることも出来ずに悩んでいるうちに針落ちしてしまいました。私はまだ7分以上時間が残っていたので、勝手打ちさせていただいて54−10で勝利。しかし石差以上に面白い試合でした。


・6回戦

140816N森.png
黒:田中(四段)
白:N森三段   白番

N森三段ともかなり久しぶりの対戦で、6回戦の3番テーブルで当たることが出来たのは本当に嬉しかったです。序盤は龍から7手目にコンポスに戻し、ちょっと反省しつつもそこからは慎重に打ち進めていきました。上図で打たれた白D8はなんとなく当たり前のような手のようでいて実は悪手だったようで、黒E3と打たれると次の手が難しいんですよね。この後、不思議な魔法がかかって46−18で勝つことが出来ました。


・7回戦

140816K納.png
黒:K納五段
白:田中(四段)  白番

ここまで4勝1敗1分で決勝には進めませんでしたが、2番テーブルでK納五段と当たることが出来ました。この試合の敗着は伏石で黒を取られたことでしょうか。飛び出しから上図で白D7と打ったのが良くなかったようです。あとは良いところ無く12−52で敗戦。参りました・・・・・・

最終戦はダメダメでしたが、この日は全般的に中盤でしっかり考えて打つことが出来たように思います。この調子で頑張ります。

posted by たなか@とうかい at 00:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

犬山オープン

【コメント返し】

・藤田さん

こちらこそ明日はよろしくお願いします。ちなみにたくさん食べたといっても人並みですよ。メインのおかずにサラダとスープと、あとはカレーバーのカレーを4,5杯程度食べただけですので(汗;


【本文】

今日は犬山オープンに参加してきました。そういえば前回参加した5月の連休の時も前日は兵庫の大会に参加していて、その時はホテルは大阪だったのですが、今回は名古屋に泊まって翌日は準備万端。前回は朝食のモーニングでパンが食べ放題なのをいいことに苦しくなるまでたくさん食べてしまったのですが、今回はやや控えめにしておきましたよ(汗; 名古屋から犬山に向かう電車でT木三段を見つけ、今日は優勝は難しいなぁと改めて思ったのでした。

今日の結果は

1回戦:S山二段  分け  
2回戦:Y田くん  勝ち
3回戦:T木三段  負け
4回戦:Y中3級  勝ち
5回戦:Tさん   勝ち
6回戦:N森三段  勝ち
7回戦:K納五段  負け

という感じで4勝2敗1分けでした。いつものように全試合の盤面を掲載して試合を振替っていきたいのですが、このブログの容量がいっぱいになってしまって、容量追加申請をしないとファイルのアップロードが出来ない状態なので、内容については後日書けるようだったら書いていきたいと思っています。特に5回戦が面白かったですね。

今日は参加者38名(だったと思います)と大盛況の中、T川三段が快進撃を見せて決勝では惜しくも敗れたものの準優勝していました。あそこまでいったら優勝してほしかったです。。。。。。。

今日お世話になった皆さん、ありがとうございました。また明日、浜松例会で会いましょう〜(^o^)/

posted by たなか@とうかい at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

兵庫オセロの勉強会2014夏


今日は甲子園に行って1回戦、昨日書いたように先攻になった智弁学園を応援したのですが、6回表に3−4と追い上げたところで大会のほうに行かなければならない時間になったので球場を後にしました。最終的には智弁学園は4−10で負けてしまいましたが、私は先攻である黒を取り続けたいと思います。

・1回戦

140815K井.png
黒:K井初段
白:田中(四段)  白番

初戦の相手はK井くん。バッファローから私の苦手な進行で序盤は劣勢だったものの、途中から巻き返して迎えた上図。私はここで白B7とラインを通したのですが、この手を打ってから重大なミスに気が付きました。そう、ここは先に白H4黒H7の交換を入れてからB7と打つべきだったのです。先に白B7と打ってしまったので、黒にH4と先着されると白H1黒G2とされてまずいことになります。実戦では白B7に対して黒B3と打ってきたので、急いで白H4を打って事なきを得ることが出来ました。45−19で勝利。


・2回戦

140815U.png
黒:田中(四段)  黒番
白:U二段

2回戦は2年前のQリーグ以来の対戦となるU二段。この試合は真面目にコンポスの勉強をするつもりで打っていったのですが、上図で黒B6と打ったのが悪手で、白H3であとはじわじわと詰まされてしまいました。ここでは黒H7と取るべきで、そのことによって白はB6にもC8にも打てなくなってしまうのが大きいようです。最後は粘ってみましたが、さすがに逆転までは及ばず29−35で敗戦。


・3回戦

140815O田.png
黒:田中(四段)  黒番
白:O田初段

O田初段とは初めての対戦だったのですが、2回戦でO田くんがO本九段相手に善戦していたのを見て、これはかなり手強いと判断。bookで深く進むことを回避するためにリーダーを選択しました。上図で黒が勝てるのは1ヵ所のみ。ここで間違えずにH2と打って勝利は決まったのですが、この盤面を見ながら勝った理由の中に占める運の要素の割合の大きさを強く感じました。今後が楽しみなオセラーです。45−19で勝利。


・4回戦

140815M崎.png
黒:田中(四段)  黒番
白:M崎七段

私が四段になってからM崎七段には1回も勝っていないので、もう5年以上も勝てていないことになります。この試合もコンポスからM崎くんの不思議とも思わされるような手の連続で迎えた上図。ここで私は黒F8と打てば白は恐らくD1と打ってくるので、次に黒E1と打てばさすがに白はF1とは取りづらいだろうと判断しました。ところが実際この進行で白F1と取られてしまうと、黒にはもうなすすべが無いんですよね。石数は25−39でしたが、それ以上にいろいろな意味で完敗でした。


・5回戦

140815Y田.png
黒:田中(四段)
白:Y田二段   白番

今日のY田さんはオセロ以外のことで調子がかなり悪かったらしく、それでもここまで3勝1敗とオセロの方は調子が良いみたいでした。しかしこの試合では何か勘違いされたらしく、ここで白E8と打ったのが悪手でした。黒F8と取られるとE7の石が黒のままなので次の黒C8に対して黒がC7と打てないのが痛いところです。52−12で勝利。


・6回戦

140815O本.png
黒:田中(四段)  黒番
白:O本九段

5回戦を終えて1敗の2人が全勝のO本九段との対戦を終えていたために、2敗のトップだった私がO本九段と当たることが出来ました。気合いの入るところです。
コンポスから途中優勢だったのですが、上図で打った黒H4が結果としては敗着になってしまいました。ここでは黒G3と打って白がA5に打てないようにするのが良いみたいですね。最後は時間が無くてグダグダになってしまいましたが、自分としては力を出し切ったので仕方ないと思います。22−42で敗戦。

やはりO本九段は強いですねぇ。あと拓冬蛍さん達の健闘も光っていました。今回は当たることが出来ませんでしたが、いつか対戦出来る日を楽しみにしています。拓さん、優勝おめでとうございます(^o^)/

大会後はO本九段、N森六段、Y田二段とアフターでたくさん食べられるところに行ってきました。御馳走までしていただいて、皆さんありがとうございました。

posted by たなか@とうかい at 00:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

甲子園

【コメント返し】

・Dなべさん

やはり地元で大会があるのですから、そっちに行くのが自然な流れだと思いますよ。くろすぺはDなべさんが優勝しちゃって下さい〜(^o^)/


【本文】


DCIM0022.JPG


せっかく何年か振りにもらえた夏休みを少しでも満喫するために今日は大阪まで来て梅田にある大阪弥生会館というところに泊まっています。(写真は部屋から見える夜景)
明日は兵庫の大会に出るのですが、開始が12時半からということで、その前に甲子園まで行って明徳義塾(高知)−智弁学園(奈良)の試合を観て行くことにしました。甲子園球場の前までは以前行ったことがあるのですが、中に入って試合を観戦するのは今回が初めて。楽しみです〜(^o^)/
どんなに劣勢でもあきらめずに最後まで全力を出し切る姿を高校球児から学びたいと思います。

ちなみに私が住んでいる静岡県の代表となった静岡高校も、私が学生時代を過ごした西東京の代表となった日大鶴ヶ丘もすでに敗退してしまっています。今回は奈良と高知という私には全く脈絡の無い県の代表同士の試合ですが、私は黒オセラーなので、それだけの理由で先攻になったチームのほうを応援しますよ。どちらが先攻なのか試合が始まってみないと分からないのが難点ですが、ここまでの1回戦15試合のうち先攻チームは5勝10敗と惨憺たる成績なので、せめて先攻のチームには9回で同点だった場合の引き分け勝ちの権利をあげて欲しいなぁ。。。。。

posted by たなか@とうかい at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

夏休み

【コメント返し】

・ ●○I手 二段○●さん

そうですよね。黒としては7列を一色にするようなD8という手は最初から考える選択肢から外してしまいがちですが、凡人の考えの及ばないところに好手があったりすることはオセロにおいては日常茶飯事なのでしょうね。
また面白い盤面が試合で出てきたら取り上げてみたいと思います(^o^)


【本文】

会社のカレンダーでは明日から日曜日まで5連休になっているのですが、昨年も一昨年もこの時期は忙しくて夏休みは土日の2連休だけでした。忙しいと土曜日はずっと出勤になるので2連休だけでもありがたく思うようになってしまうのは一種の社畜現象なのかもしれませんが、今年は何故か全部休んでいいというお達しが今日ありました。会社としても今のような状態でずっと働かせすぎてはまずいと思ったのでしょうか。まぁ同時に年内の土曜日全部出勤と水曜日のノー残業デーも残業してもらうということを言い渡されましたが(汗;

そんなわけで明日と明後日は大会が無いので、金曜日は兵庫オセロの勉強会2014夏、土曜日は犬山オープン、日曜日は浜松支部例会に参加します。前半の天気が良かったら富士山に登りたかったんですけどね。

それではみなさん、どこかの大会でお会いしましょう〜(^o^)/
posted by たなか@とうかい at 23:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

神奈川カップ


【コメント返し】

・asaitorasanさん

ということは私も5年後には入賞して五段になれるでしょうか?(^o^)?
希望だけは持っていたいものです。

・ごまささん

しまったとごまささんが思われた場面でもボヤキがなかったので私には伝わってきませんでしたが、それが良かったみたいですね(^o^)
圏央道が厚木から関越道方面につながったので今度川越の大会とか行きたいと思っているのですが、その時は思う存分ボヤキを聞かせてください〜♪

・tいしさん

全日本では対戦ありがとうございました。負けている人のほうが結構手順がよく見えていることもあるんですよね。今度対戦する時は序盤からしっかり打てるようになりたいです♪


【本文】

昨日は神奈川カップに参加してきました。この日の目標は午前中2試合の内、どちらかで勝って1勝をあげることでした。しかし結果は・・・・・

1回戦:S谷六段  負け
2回戦:H山三段  負け
3回戦:N尾六段  負け
4回戦:M谷四段  勝ち
5回戦:I田二段  勝ち
6回戦:T見六段  勝ち
7回戦:H間四段  勝ち

という感じで全日本に続いて前半で希望が持てなくなるような展開になってしまいました。それにしても今回はレベルの高い大会でしたねぇ。3回戦が終わって全敗が私の他にM谷四段、Y崎四段、T山二段というメンバーだったので、これは5回戦終了時に5連敗もあると覚悟していました。4回戦で無事に勝てたのですが、ずっと優勢だと思っていたこの試合、途中で一瞬逆転されていたのについ先ほど解析して気が付いてビックリしました(汗;

140803M谷.png
黒:M谷四段
白:田中(四段)  白番

ここでは普通に偶数空きである白B2と打っていれば何も問題はありませんでした。しかし私が打ったのは白H1。当然の黒G1に白B2と打って下図。


140803M谷2.png
黒:M谷四段   黒番
白:田中(四段)

実戦ではここで黒B7と打ってきたので勝つことが出来ましたが、黒D8と打たれると白は負けてしまうんですよね。7列が一色なので白H7で悪くないように思えるのですが、次に黒B7と打たれると白に残された道はH8に打ち込んで左上を連打されるか、7列からG7の石だけ白くして黒にH8に入れられるか、どちらかしかないのです。オセロはやっぱり難しいですねぇ。。。。。。

posted by たなか@とうかい at 00:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

全日本選手権より第6戦


・全日本選手権より第6戦


140713G藤1.png
黒:田中(四段)  黒番
白:G藤四段

2勝3敗で迎えた最終戦の相手はG藤四段。G藤四段も私と同じく名人戦で5勝して王座戦の参加資格は得ているので、勝てば来年のブロック枠を3分の1枠得ることが出来るとはいっても普通の大会の気分で対戦することになりました。序盤はノーカングからのり定石になり、上図は白H5と私の知らない進行になったところ。ここで私は黒C7と黒A6を考えましたが、C7に対して白B4と打たれた場合に次の有効な手を思い浮かべることが出来なかったために、C7を却下してA6に打ちました。Book進行だと黒B4の中辺横取りらしいですが、こんなのは実際に数手先まで並べてみないと分からないです。。。。。


140713G藤2.png
黒:田中(四段)  黒番
白:G藤四段

ここで第一感だった黒D2は白C1と打たれて次に上辺に打ちにくいなぁと思って黒E1に打ってしまったわけですが、よく考えてみたら黒D2白C1だとF列が白で通るので黒F7でいいんですよね。実戦の黒E1に対して白D2を覚悟していたのですが、実際には白F1と打ってきたので黒D2と打たせてもらって優勢に感じていました。


140713G藤3.png
黒:田中(四段) 
白:G藤四段   白番

そしてこの場面。漠然と白はB3に打ってくるのではないかと思っていたのですが、打たれたのは白A3。こんなA3を打ったら黒にA4と打たれるのは目に見えているので、恐らくG藤四段はそれに対して白A7と取ることを決めた上で白A3と打ってきたのだと思いました。そして6列が白で通るので黒G6を誘い出して白F7で手を渡すという感じでしょうか。しかしこの時、私の頭の中ではすでに終局までの進行が見えていました。


140713G藤4.png
黒:田中(四段)  黒番
白:G藤四段

白A3の後、黒A4白A7となって迎えたのが上図ですが、ここで私はまず右上の4個空きに3回打つ手順を選択しました。黒G1です。この手順で大事なのは2列を黒で通すことです。次の白C1に対して黒G2と打ち、白H1に対して黒はH2のほうを取ります。当然白はD1と取ってくるので、下図のようになります。


140713G藤5.png
黒:田中(四段)  黒番
白:G藤四段

ここは左上は6個空きですが、黒C2以下、黒はA2にさえ入れれば(もちろんA1でもいいのですが)白に手止まりを打たれても次の黒A8で白にH7を強制することが出来ます。あとは石数が足りるかな?という心配がありましたが、全然問題もなく39−25で勝つことが出来ました。


posted by たなか@とうかい at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。