2012年05月25日

Qリーグより第5戦


・Qリーグより第5戦

120520K藤1.png
黒 田中(四段)
白 Rンダマンさん  白番

この大会の数日前に、Rンダマンさんが九州の大会に参加するということを某最強系三段から聞いたのですが、前回も私が九州の大会に参加した時にRンダマンさんも参加されていたので、

実はRンダマンさんは本当は九州に住んでいるのではないか?

と思ったりしてしまいました(汗; これ、Rンダマンさんだから良かったのですが、女の子だったら絶対にみんなからいろいろ怪しまれますよね。。。。。ちなみにRンダマンさんとの公式戦での対局は今回が3回目で、過去2回は福岡支部定例会と館林オープンで当たっています。結果は福岡で私が勝って、館林ではRンダマンさんの勝ち。そうかっ!福岡は遠いようでいて、でもRンダマンさんの住んでいるところを考えると実は私にとってはホームゲームなんですねっ!

試合のほうは私が黒番で、第4戦では序盤でみみ虎を打って苦戦した教訓から、この試合では7手目まで普通に打ちました。やっぱり最善オセロは最強ですよね。とか言って8手目でコンポスにしてくれたら最近ネットでよく打っている進行を使うつもりだったのですが、残念ながら(?)白G5と打ってきたので、なんとなくここかな?という着手を続けていったのですがRンダマンさんの打ち方はちょっと変わっていましたねぇ。

120520K藤2.png
黒 田中(四段)  
白 Rンダマンさん  白番

Rンダマンさんは序盤からまるでストナーを誘っているかのごとく白H2なんていう手を打ってきたりしていたのですが、上図での白C7はなかなかの好手で、黒の私はちょっと悩みました。第一感は黒G7とストナーにする手だったのですが、白C5でラインを切られるとH6への種石を消されるので、再度種を作るために黒H3と打つ手が良さそうに見えなかったので却下してしまいました。実際に私が打ったのは黒G6で、これでストナーが無くなってしまったために難しくなってしまいました。

120520K藤3.png
黒 田中(四段)
白 Rンダマンさん  白番

ここでは当然、白F8と打たれると思っていたので、次にE8に打つかC8に打つか下辺放置かをいろいろと考えていました。ところがRンダマンさんが打ってきたのは白A4。黒C5と打たせてもらっては、もうこの試合は負けるわけにはいきません。

120520K藤5.png
黒 田中(四段)  黒番
白 Rンダマンさん  

ここは黒B3と打ちたいところですが、次の黒A3に対して白A5と切り返されないように、上図から黒A5と打ちました。白A6なら黒B3のつもりでしたが、白は左辺を放置してE2と打ってきたので黒A3で良い形になってきました。

120520K藤6.png
黒 田中(四段)  黒番
白 Rンダマンさん  

ここはちょっと考えて黒G7のほうにしました。黒B8と打つのが一番効果的だったんですけどね(汗;

120520K藤7.png
黒 田中(四段)  黒番
白 Rンダマンさん  

ここは物量作戦で黒E1と打ちました。白がF1なら黒A8と左下の5個空きに先着出来るので白C8と打ってきましたが、次の黒F1でさらに1列抜いて、いずれH列も抜けるのが大きいです。

120520K藤8.png
黒 田中(四段)  黒番
白 Rンダマンさん  

ここで黒B1として最終手までの進行が一本道になりました。40−24で勝利。
posted by たなか@とうかい at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。