2012年05月23日

Qリーグより第3戦


・Qリーグより第3戦

120520K木1.png
黒 田中(四段)
白 K木初段   白番

3回戦の相手は九州のK出さんことK木初段。何がK出さんかというと、この日は大会に15分位遅れてやって来られたのですが、聞いた話によると遅れてくるのはいつものことらしいです(汗;
ちなみに性格はK出さんとは大違いで、雰囲気としては東海ブロックのN木三段のようなオーラが出ていました。対戦前に何人かの方からK木さんはかなり強いという情報をいただいていたので、気合いを入れて且つ慎重に打てたのが良かったですね。
試合のほうは飛び出しを打つ人にとってはおなじみの上図の局面で、何故か分からないのですが白D7に打たれるような気がしたんですよね。そうしたら本当にD7に打たれたのでびっくりしました。そういえば関西選手権でN間国宝さんと対戦した時に上図の局面でC7に打たれるような気がしたら本当にC7に打たれたことがあったのを思い出したのですが、今度は上図の局面を眺めながら競馬の予想でもしてみましょうかねぇ。。。。。

120520K木2.png
黒 田中(四段)
白 K木初段   白番

対して私は黒C8と打って上図の局面になったのですが、当然ここでは白E8と打たれるだろうと思ってその先の展開を考えていました。でもこれ考えても無理です。最善進行は黒F7の中辺横取りから、次の白F8に黒G4と再度の中辺横取り!私の辞書にはない打ち方です。。。。。。
ところで実戦ではK木さんはE7ではなく白B6と打ってきたので一気に優勢になりました。飛び出しはやっぱり怖いですねぇ。

120520K木3.png
黒 田中(四段) 黒番
白 K木初段  

上図では最初に黒C5を考えたのですが、白にG4と打たれた場合について考えた結果、C5はやめてH3と取ることにしました。一見するとG4H4と白に連打される悪形のような雰囲気もあるのですが、白G4には次に黒D2が好手がありました。(下図)

120520K木4.png
黒 田中(四段)
白 K木初段   白番

さすがにここで白H4と打つわけにもいかず、白E2に黒H4と入れていい感じになってきました。

120520K木5.png
黒 田中(四段) 黒番
白 K木初段   

ここでは黒E1と打てばいいのに、D列が白で通っているので白G1と打たれた場合の種石を作るために黒C7と打ったのはちょっと勿体無い一手でした。白G1と打たれても黒B3の石が種石になっているので、とりあえず先に黒E1と打って次にB3の石を消されてから黒C7と打つべきでした。

120520K木6.png
黒 田中(四段) 黒番
白 K木初段   

それでも黒の優勢は動かず、上図は白がH2と打ってきたところです。私の第一感は白B2で、カウンティングしようかと思ったのですが、K木さんが左上の連打をかなり気にされてるようだったので、まぁいいやぁと黒G2に打ったのが2石損。やっぱりこういう所で損をしないような打ち方を心掛けなければいけませんね。45−19で勝利。
posted by たなか@とうかい at 22:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。