2012年03月28日

浜松支部例会より3回戦・5回戦


【コメント返し】

・シェリーさん

改めてこちらこそありがとうございました。
シェリーさんは二段である時点ですでに実績も充分だと思いますよ。
レートはともかく、対戦した感じから受ける印象はかなりの強さですからね。

次は是非ともA級で一緒に打ちましょう!


【本文】


・浜松支部例会より3回戦


120325E崎1.png
黒 田中(四段) 黒番 
白 Lイd六段

昨日のブログに書いたような経緯で白番を取ることが出来なかったのですが、やはり何か新鮮な気持ちで打ちたいという願望があったようで、Lイdさんにはまだ打ったことが無かったバッファロー定石を打つことにしました。それに対してLイdさんは微妙な次善手を連発してきて、すぐに私の分からない展開になってしまいました。


120325E崎2.png
黒 田中(四段) 黒番 
白 Lイd六段


ここで打った黒G6が悪手らしく、ここでは黒G5と打つのが良いみたいですね。この黒G6は次に黒G5を狙った手ですが、白F8と種石を消されてしまうと黒はF7のほうに打つしかないので苦しくなってきました。


120325E崎3.png
黒 田中(四段) 黒番 
白 Lイd六段

そして思いっきり勘違いをしたのがこの局面。ここではもう黒G7しか手がないところですが、ホワイトラインを切られた時に黒H7に打つと白にH5と切り返されるのが嫌だったのと、どうせ白は次にG3と打ってくるという考えが変な感じで連動してしまい、先に黒H4白H5と埋めておけばその後で白がG3と打った時に黒G7と打って4個空きで3回打てるという意味不明な読みをしてしまいました。


120325E崎4.png
黒 田中(四段) 
白 Lイd六段  白番

ここでLイdさんはG3ではなくG8に打ってきました。あれっ?4個空きが4個空きじゃなくなってしまいましたよ!こんな感じで序盤で詰まされてしまいました。この先はもう全く見せ場がありませんでしたねぇ。。。。。



・5回戦

120325S沼.png
黒 田中(四段) 黒番 
白 S沼三段

5回戦の相手はやはり中部のS沼三段。飛び出しから野いちごの暗記が怪しいほうの進行になったのですが、上図では黒がやや優勢のようです。当然ここでは黒B2や黒B3のような手を考えてみたのですが、ここで何故か以前どこかのブログで見たような光景が私の眼前に広がってきたんですよね。。。。。


餌.png




こ、これはっ!!!!


(σTOT)σわんわん
いただきます〜〜〜!!!!


というわけで予定を急遽変更し、黒A4と打ちました。


120325S沼2.png
黒 田中(四段) 黒番 
白 S沼三段

もうお分かりですね。ここは勿論、黒A5です。(σTOT)σわんわん


120325S沼3.png
黒 田中(四段) 黒番 
白 S沼三段

そして、ここでどっちの餌を食べるかで悩んだのですが、黒B3と打つと一時的に白はB6へ打つための種石が無くなるので、ついB3のほうに打ってしまったのが分着となってしまいました。


120325S沼4.png
黒 田中(四段) 黒番 
白 S沼三段

当初の予定ではここで黒B7と打って、白A8に黒A7で白はB6に入れない〜と漠然と考えていたのですが、実際にこの盤面まで進んでみると黒B7には白B6で全くどうにもならないことが分かりました。とにかくここは白にB1と打たれた時に斜め方向の石が返らないようにG6の白石を消すためにも黒B6と打ちました。


120325S沼5.png
黒 田中(四段) 
白 S沼三段   白番

もうこうなってしまっては黒からは何も出来ない状態です。S沼さんは白B1、白A7と完璧な手順で打ち進め、結局32−32の引き分けで終わりました。この試合は結果的には勝てませんでしたが、餌オセロを堪能することが出来たので悔い無しです。

posted by たなか@とうかい at 00:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。