2011年11月30日

関西選手権より第7戦


【コメント返し】

・A_Shiganosukeさん

やはりみんな考えることは同じなんですね(汗;
ネタは新鮮なウチが一番です!

・sくら_wさん

大会お疲れさまでした。初参加であれだけ楽しんでいただけて嬉しい限りです。sくらさんを見ていて私も初めてオセロの大会に出た頃の初々しい気持ちを思い出しましたよ。大会に限らず、今後ともオセロと楽しくつきあって下さいね。

・シェリーさん

いえいえ、関西も流山も犬山も遠くないですよ(^o^)
会場までの距離よりも、大会参加を阻んでいるのは休日出勤ですからね(ToT)
年内あと参加出来そうなのは12月の水戸定例会くらいなので、シェリーさんも是非お出でくださいね〜♪


【本文】


かなり遅くなってしまいましたが、関西選手権の第7戦を振り返ってみます。


111009A野1.png
黒 田中(四段)  黒番
白 A野三段

最終戦の相手は関西を代表する才色兼備オセラーA野三段。この人には凡人にははかりきれない天才的な何かを感じますね。優勝は無くなったものの負け越しも無くなったので、とりあえず楽しいオセロをしようと、ここで最善手C5以外の手を打ってみようと考えてみました。そして打ったのは黒C8。この手はかなり悪いようで途中詰まれそうになりましたが、ここからお互いに訳の分からない手を打ち合って気が付けば不思議なことに優勢になっていました。


111009A野2.png
黒 田中(四段)  黒番
白 A野三段

ここで白にG8C7と2手稼がれるのを嫌って黒E2と打ったのですが、これはちょっと勿体無い手でした。こういう時はH7と引っ張って右辺の白の手を潰すのがいいようですね。


111009A野3.png
黒 田中(四段)  黒番
白 A野三段

そしてここでD3と打ったのも悪手でした。オセロの基本として白はすぐにD3には打ちたくない形なので、黒はC1辺りから攻めていけば良かったんですよね。こうして徐々に優勢を吐き出していきました。


111009A野4.png
黒 田中(四段)  黒番
白 A野三段

そして上図では黒が勝てるのは1ヵ所のみ。ゼブラの評価値を見て、そのうえで理由を考えれば黒A5という唯一の勝ち筋は納得出来るのですが、こんなのなかなか分からないですよね。私はここで黒C3と打ちましたが、これが敗着となってしまいました。


111009A野5.png
黒 田中(四段) 
白 A野三段   白番

対してA野さんはここで白の唯一の勝ち筋B2にしっかりと打ってきました。終盤に強い人が相手だと、こうなってしまうとかなり厳しいんですよね。。。。。


111009A野6.png
黒 田中(四段)  黒番
白 A野三段

もう黒としてはG2しか打つ手が無いのですが、その先をいくら数えてもどうにも足りません。勝つ可能性を求めて途中罠をしかけてみたりもしたのですが、結局ただ石損しただけでした。29−35で敗戦。
posted by たなか@とうかい at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。