2011年10月25日

関西選手権より第5戦


【コメント返し】

・Knitzさん

さすがKnitzさん、こういう進行は見逃さないですね。あの問題図でA7を打てるだけでもすごいと思うのですが、この進行は私には全く読めません(汗;

ちなみに神進行が分からないブログ読者の方に説明しますと、Knitzさんがコメントに書かれた図から白G2黒H1と進めると下図になります。

111009M崎参考図.png
(白番)

ここで白D8が強烈な一手で、黒はB2かG7しか打てなくなってしまいます。。。。。。
こんな手、実戦で打ってみたいものですね。


【本文】


111009S井1.png
黒 S井五段
白 田中(四段)  白番

4回戦の負けで優勝は完全に無くなってしまい、あとはオセロを楽しむモード突入となりました。5回戦の相手は女流名人S井五段。ここまでS井さんも私も1回戦大勝、2回戦2石負け、3回戦大勝、4回戦10石負け、と同じような感じでずっと近いテーブルにいたので、そのうち当たるような予感はありました。前回、犬山オープンで対戦した時は飛び出しの最善進行について私よりも詳しかったので、今回は何か変わった手を打ってみようと思っていたんですよね。
上図はよくあるバッファローの進行ですが、ここで私はD6ではなくE6に打ってみました。自分でも黒の応手が分からずに打っているので次の黒はどんな手がいいのか一緒に考えてみたのですが、さすがはS井さん、黒C6から白D6に黒F5と、鋭い手を打ってきました。しかし次の白D7に対して、素直にF3と打っておけば良かったところを黒C7と打ってきました。どうも自分が打ちたいところに打つことよりも相手が打ちたいところを邪魔するほうを優先させてしまうタイプのようですね。となると、それを利用するのが勝つための近道ではないかという結論に達しました。


111009S井2.png
黒 S井五段
白 田中(四段)  白番

漠然とですが、ここで白A5と打つとS井さんは黒A3と打ってくるのではないか?と思ったんですよね。実際にその通りに進んだので、あえて中辺横取りの白B3と打つことで少し手ごたえを感じました。


111009S井3.png
黒 S井五段
白 田中(四段)  白番

ここでは終盤に向けてストナーを含ませた感じの展開にしたくて、とりあえず白F2と打ったのが悪手でした。黒F7で白F3への種石を消され、白E2には当然のように黒A6と応じられました。


111009S井4.png
黒 S井五段
白 田中(四段)  白番

しかし、まだこれでも白が優勢だったようです。左下に黒から打てなくなってしまったので、ここで白G8と打つ手が有効になってきます。


111009S井5.png
黒 S井五段
白 田中(四段)  白番

しかし、上図で勝つことが出来るのは1ヵ所のみ。私には打てませんでした。。。。。


111009S井6.png
黒 S井五段    黒番
白 田中(四段)  

そしてここで黒が勝てるのも1ヵ所のみなのですが、これも私には打てませんねぇ。なんと黒A4が唯一の勝ち筋のようです。こんな手を打つと白がD1と打ってもC2の石が返らなくなってしまうし、一見ロクなことがないように思われるのですが、この黒A4は将来的に黒H8と入った時に白がF8に入るための種石を消すのが目的らしいですね。オセロは難しいです。。。。。。
ちなみに実戦ではS井さんは黒G1と打ってきて、これが敗着となりました。白F1黒D1と進んで下図。


111009S井7.png
黒 S井五段
白 田中(四段)  白番

ここで白が勝てるのも1ヵ所だけですが、これはしっかり打つことが出来ました。白H6です。これでもまだ2石勝ち局面と際どいのですが、次の黒H4が悪手であとは問題無く46−18で勝ち切ることが出来ました。
posted by たなか@とうかい at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

関西選手権より第4戦


【コメント返し】

・H1級さん

お待たせしてすみません(汗; H1級さんは6回戦でしたよね。終盤の最後であんなことがあってあんな結果になったこと、早く書きたいです〜♪もうしばらく待って下さいね。

・七回戦の人さん

序盤は変な手を打ちまくって下さったのに、最後の最後では的確な厳しい手を打ってくるあたり流石だなぁと思いました。内容的にネタが多い試合だったので楽しみにしていて下さい〜♪


【本文】

・関西選手権より第4戦

111009M崎1.png
黒 M崎五段
白 田中(四段) 白番

3回戦を終えて全勝は5人。2勝1敗で石差が+78もあったので、全勝のM崎五段と当たることになりました。私が四段になってから彼には1回も勝ってないんですよね。。。。。(泣;
試合はヨーグルトプリン定石から私の知らない展開になって迎えた上図。ここはC5に打つかD6に打つかちょっと悩みました。結局次に白D1と打つためにC列をC6の黒石につなげておきたくて白C5と打ちましたが、次の黒B3が好手で、この手を打たれてみるとC5よりD6に打つべきだったと思わされるのでした。


111009M崎2.png
黒 M崎五段
白 田中(四段) 白番

ここは次に黒B4とされた時に白A4と打てないようでは厳しいので、ちょっと悩みましたが白H4と打つことにしました。ゼブラ評価値は最善のこの一手が、実際にはこの試合を難しくしてしまったように思います。


111009M崎3.png
黒 M崎五段
白 田中(四段) 白番

種を消されて非常に打ちづらい感じでしたが、ここで白F1と打って何とかなるだろうと読んでいました。M崎くんは黒B6と最善手を放ってきましたが、私としてはG1と取られるほうが嫌でしたねぇ。次に白B1と取って左上が処理しやすい形になりました。


111009M崎4.png
黒 M崎五段
白 田中(四段) 白番

ここはD7の白石さえ無ければA4に打ちたいところですが、それが出来ないので右辺で手止まりを打って黒がD7を消す手を強制させたいところです。そこで私が思いついたのが白G6の中辺横取りでした。黒がH6と打ってきたら白H5黒H2に白C7と打った時に斜めが返らないので、これでバッチリだと思っていたんですよね。ところが黒H5と打たれてみると・・・・(下図)


111009M崎5.png
黒 M崎五段
白 田中(四段) 白番

なんと!ここで白H6と取ると確かに手止まりは打てますが、2列とG列が両方とも白一色になってしまって黒G2と打たれてしまうではないですか。仕方ないのでF7と打ちましたが、まだチャンスは残っていました。


111009M崎6.png
黒 M崎五段
白 田中(四段) 白番

ここでうっかりG7と打ってストナー気分でいると黒H6と取られて困るところですが、私はホワイトラインよりもブラックラインを通せないものだろうかと考えていました。そこで白H6黒H7白E8という進行を選んだのですが、白はE6よりもG7のほうが良かったみたいですね。言われてみればそうなのかもしれませんが、この時は全く選択肢にありませんでした。


111009M崎7.png
黒 M崎五段
白 田中(四段) 白番

ここで白が勝てるのは1ヵ所のみです(ちょっと問題にしてみます)。しかしブラックラインを通すという構想で打っていた私は白G8と打って、これが敗着となりました。当然の黒C8に白G2と打ったのですが・・・・・


111009M崎8.png
黒 M崎五段   黒番
白 田中(四段) 

ここで黒B8と打ってくれれば白G7で完勝なのですが、もちろんそんな手をM崎くんが打ってくれるはずもありません。A2と打ってラインを切るか、B7と打って左下を捨ててもH1から上辺を攻めるか、どちらかしかないのですが、M崎くんはB7のほうに打ってきました。こうなってしまうともうどうしても白は足りません。しかも白A8と取ったら黒にはA6なんていう絶好手があって完全にノックアウトされてしまいました。27−37で敗戦。世界は遠かったです。。。。。。
posted by たなか@とうかい at 09:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

関西選手権より第3戦

【コメント返し】

・ペンギンを操るにしみねさん

まぁ彼は終盤が恐ろしく強いので、中盤でリードさせてもらっても勝てるという確信が持てません(ToT)
ちなみにA7のところ、G7は最善ではないものの+2石でまだ白リードですね。

・すりっぱさん

なるほど、そういう考え方ですか。。。。。多分、持ち時間が無かったらノータイムでF7に打っていたと思うのですが、慎重に考えた結果が読み切れなくて悪手を打つという悲しい結果した(ToT)

・シェリーさん

昇段して自信をつけたいというのも分かりますが、昇段して自信を失った私としては何とも分からないところです(汗; でも、自信は実力とは別物ですから、あっても無くてもいいのかもしれませんね。
でも昇段はモチベーションにつながりますから、是非是非今後も目指して頑張ってくださいね(^o^)/


【本文】


・関西選手権より第3戦

111009T條1.png
黒 田中(四段) 黒番
白 T條四段

2回戦で負けてしまいましたが、2試合での石差が+48と多かったのでまだ優勝をあきらめずに頑張ろうと気合は抜けませんでした。3回戦の相手はT條四段。3年前の名人戦で一度対戦していたのですが、当時の私は最善オセロしかしていなかったので、今回は全然別人のつもりで打つことになりました。
ところが試合が始まってみると飛び出しから野いちごのよくある進行で、迎えた上図。前の試合でO本七段に負けた憂さを晴らしたかったのもあるのですが、昨年O本くんに初めて勝った時に使った引っ掛け進行をここで使うことにしました。黒D7です。これ、以前も書きましたが白はついD8に打ちたくなってしまうんですよね。T條さんもやはりD8と打って下さったので、黒G3と打って下図。


111009T條2.png
黒 田中(四段) 
白 T條四段   白番

この進行のポイントは、ここで白がF3に打ちにくい(打つと黒F8でG8がさらに黒の余裕手になる)ということです。従って、こうなってしまったら白はあきらめてB8と取って次にF3を狙うのがせめてもの抵抗になるのですが、T條さんは白H2と取ってきました。(下図)


111009T條3.png
黒 田中(四段) 黒番
白 T條四段

こうなるともう白B8とは打ってこないでしょうから、ここでの黒C2が絶好手になります。白は一番打ちたいはずのF3を打てず、余程のことが無ければ負けることは無いだろうと思っていました。


111009T條4.png
黒 田中(四段) 黒番
白 T條四段

ところがそこはまだ実力が伴っていない田中四段、上図で黒B2と打ったのはちょっと勿体無い手です。ここから白が上手く打てば黒6石勝ちで収まるのですが、実戦では白B8と打ってきたのでそのまま優勢を保つことが出来ました。


111009T條5.png
黒 田中(四段) 黒番
白 T條四段

上図は白がG7と打ってきたところです。これは放置すると白A1から白C1、白H1とされて確定石が多いので黒は難しくなってしまうところですが、H1に黒が先に入ることが出来れば問題無いと読んで黒G8と打ちました。次の白A1に対して黒H6が厳しい手なんですよね。


111009T條6.png
黒 田中(四段) 
白 T條四段   白番

もうこうなってしまうと白はC1と取っても黒に先にH1と入られてしまいます。最後は4連打して47−17で勝利。
posted by たなか@とうかい at 22:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

関西選手権より第2戦

昨夜は私が所属する室内楽団の合宿に泊まりで参加してきました。音楽仲間と深夜まで酒を酌み交わしながらいろいろな話をして、気分もリフレッシュしてきました。飲んだ後に家に帰らなくていいというのはありがたいものです(笑)
家を出る直前に謎のピアノリサイタル(?)を開催していたら、時間ギリギリになってしまって慌てていたためか携帯電話の充電器を家に忘れてきてしまいました。それでスマートフォンも夜は使うこともなく、ネットから解放された生活が出来たのもかえって良かったと思います。最近はツイッター等の情報がたくさんあり過ぎて、便利ではあるのですがそれに振り回されてしまっている部分が多くなってしまっています。私にはリアルタイムの情報源よりもこうやってブログを書いているほうがあっているのかもしれませんね。

【コメント返し】

・にしみねさん

確かに余裕手が2つ出来たのはラッキーでしたが、黒もB6とB5の連打を狙うという目的を持って打った手なので、こればかりは仕方ないと思います。それより木曜日はインしていたんですけどいらっしゃらなかったですよね?(汗; また対戦よろしくお願いします。


【本文】

・関西選手権より第2戦

111009O本1.png
黒 O本七段   黒番
白 田中(四段) 

2回戦の相手はO本七段。先月の京都例会は彼を倒すために参加したのに(もちろんそれだけが目的ではなかったのですが)彼が参加していなかったという残念な結果だったので、今回ここで対戦出来たのは大変ありがたいことでした。世界が近いことを実感するためにも、ここは是非とも勝ちたいところです。
彼と対戦する時には大抵私が分け勝ち権利を捨ててでも黒を取るので、色を選択出来ない今大会で白番になってしまって本当に困りました。しかし蛇定石から上図で彼が黒F5と打ってきた時に、”この試合は勝てるかもしれない!”と思いました。この黒F5は同じ東海ブロックの某初段がよく使う手で、私も慣れているからです。


111009O本2.png
黒 O本七段   黒番
白 田中(四段) 

しかしその割には対策が不十分の私でありました。上図は白がE6に打ったところですが、これがあまり良くないみたいなんですね。ここで私は黒がC1に打ちたくなるように誘導しましたが、O本くんは引っ掛かってくれず素直にF2に打ってきました。


111009O本3.png
黒 O本七段   
白 田中(四段) 白番

ここは悩ましい局面ですが、結局消去法でいくと白はG3と打つしかないんですよね。あとは黒C5と打たせてから白B3と打つのが必須手順です。


111009O本4.png
黒 O本七段   
白 田中(四段) 白番

そして上図は黒がH4に打ってきたところです。ここは第一感では白B6でしたが、黒にG4、H3と手を稼がれるのが嫌だったのと、上図で白H6と打てば次の黒H5白H3黒G4という読みやすい進行が予想されること、さらにその次にB6と打てば、黒がB5に打ってきた場合に白はA6としてE2の黒石を抜くことで次に白H7と取ってウイングにしても黒G2と攻められない形になること、以上の理由から私は白H6と打ちました。


111009O本5.png
黒 O本七段   黒番
白 田中(四段) 

そしてその後は予想通りに進んだのですが、白B6と打った段階で黒にはA5という手があることに気が付きました(泣; まぁ相手はO本くんですから、当然のようにA5に打ってきました。。。。。


111009O本6.png
黒 O本七段   
白 田中(四段) 白番

しかしこの試合、まだ白が有利だったようです。上図は黒がA6と打った局面ですが、ここでかなり悩みました。しかし残り時間の大半を使っても読み切れなかった私は、左上が4個空きだったこと、白からD8に打てないこと、この2つの理由で白A7と打ってしまいました。そしてこれが敗着になってしまったようです。


111009O本7.png
黒 O本七段   
白 田中(四段) 白番

残り時間がほとんど残っていなかったO本くんは、すぐに黒D8と打ってきました。ここで右下に打つ手をいろいろと読んでみたのですが、私の読みの範囲では勝てる進行がありませんでした。そこで白B8と取れば黒は左上に打つしかないので、恐らく黒はA2と打ってくるという前提で大雑把に数えて32石位で微妙という結論に達し、他に選択肢も無いので私は白B8と打ちました。するとO本くんはA2ではなく黒B2と打ってきたではないですか!


111009O本8.png
黒 O本七段   
白 田中(四段) 白番

しかしどちらにしても黒の2石勝ちは揺るがなかったようです。あとは双方最善進行で31−33の敗戦。悔いの残る一戦になってしまいましたが、また次に彼を倒すという新たな活力として自分を盛り上げて行こうと思いました。まずは世界戦、頑張って下さいね〜♪
posted by たなか@とうかい at 20:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

関西選手権より第1戦

【コメント返し】

・にしみねさん

いえいえ、優勝とかしてたら覚悟を決めてミナミ辺りで徹夜でオールしてましたよ(笑)
まぁ結果としてはお互いに平凡に終わってしまいましたが、私としてはこれだけの規模の大会で本気で優勝を狙ってやる!と思って参加出来たこと、そして4回戦で負けるまではまだ夢を見ることが出来たこと、いろいろと自分なりに進歩を感じた大会でした。
オセロの強さでは上には上がいますけれども、せめて気持ちの面では負けないように切磋琢磨していきましょう!

・シェリーさん

お疲れさまでした。まぁまだ二段になったばかりなので、まずはじっくりと二段としての実力を蓄えていくことをおススメしますよ。あまり早く昇段すると私みたいにいろいろと困ることになるかもしれませんので(汗;
やっぱりオセロって負けて覚えるものですよね。私はもう嫌になるほど今まで負け続けてきましたが、いつかこの負けが必要な敗戦だったと言えるような結果を出せるように頑張りたいと思います。またどこかの大会であいましょう〜♪


【本文】

今月はいろいろと週末に音楽関連の行事が目白押しで、オセロの大会参戦は先日の関西選手権だけになりそうです。そこで遅れ気味になるとは思いますが、時間をかけてでも7試合全部を振り返っていきます。今日はまず第1戦を。


・第1戦

111009K津1.png
黒 K津初段
白 田中(四段)  白番

第1戦の相手はいきなりK津初段。先月の私の大会成績は京都例会5勝1敗、グランドオセロ静岡6勝0敗で共に優勝だったのですが、唯一の敗戦が京都でのK津初段戦だったので、いきなりやってきたリベンジのチャンスに一人興奮していました。試合のほうは飛び出しヨーグルトプリンから迎えた上図で、私が打った白F4があまり良くなかったようです。この前の白F2という手もそうですが、ここは強引にB5の空きを狙うような打ち方をするべきでした。


111009K津2.png
黒 K津初段    黒番
白 田中(四段) 

ここでK津さんは黒B6と打ってきました。B6と打ってもC5の白石が返らないので一見すると手筋っぽいのですが、実はこれが悪手でした。白には次にD7という好手があり、次にB5の空きを狙いつつA2とA7まで白の余裕手になっているので、今度こそ負けはないだろうと思う気持ちと、でも前回のように粘って逆転されたらどうしようという気持ちが混在していました。


111009K津3.png
黒 K津初段    黒番
白 田中(四段)  

当然ここでは黒C1と打ってくるものだと思っていたら、なんと黒はB2に打ってきました。こうなると白A1B1の連打をうまく絡めながら大量に石を稼ぐイメージが浮かび上がってきました。


111009K津4.png
黒 K津初段
白 田中(四段)  白番

ここは白A1と取るのが最善手らしいのですが、私は白B8と取りました。この手によってC7とC8の石が白くなったので将来的に白がA1B1と連打した時にC列が白一色になるので黒はC1にも打てなくなる・・・・・あれっ?D2の石が白いので黒はC1にいつでも打てるんですね(汗;
でもここまでくると黒も種石をほとんど消されてしまい、最終的には57−7で勝利。
posted by たなか@とうかい at 21:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

関西選手権

【コメント返し】

・オセロ最高さん

ありがとうございます。でもオセロ最高さんのほうが最近いろいろな大会で優勝しまくっていて素晴らしい成績ですよ〜(^o^)/
グランドオセロ盤、大会の景品でもらっても使う機会がなかなか無いので、是非今度対戦よろしくお願いします。

・ふじけんさん

確かに初戦で当たったのは私にとって幸運でしたね。序盤であれだけ優勢だったのが終盤の追い込みの激しさに勝っても負けたようなダメージを受けましたが、そのおかげで2回戦以降の試合をきっちり勝つことが出来たのだと思っています。ありがとうございました。

・シェリー新二段さん

ありがとうございます。こっちではかなり遅くなりましたが二段昇段おめでとうございます。昨日もお疲れさまでした!
レベルの高い大会というのは、確かに自分が強くなって全体のレベルを上げていくのが一番なのかもしれませんね。私がいる段階でレベルがかなり下がってしまうと言われないようにしたいものです(汗;
まぁ特に大会を選ばず、いろいろな大会でたくさん対戦しましょう〜(^o^)/


【本文】

昨日は関西選手権に参加してきました。この大会、私がオセロの大会に出始めたのが2006年の秋頃からなのですが、翌2007年と2008年に参加予約をしたのにもかかわらず仕事の都合で参加キャンセルしたという経緯もあって、自分にはなかなか縁が無い大会だと思っていました。それでも今回は参加することが出来て、それだけで嬉しかったです。

結果のほうは3勝3敗1分けと、これだけ見るとイマイチですが、ずっと上位のほうのテーブルで打つことが出来たのである程度は満足しています。悔やまれるのは2回戦の負け方ですが、まぁこれについてはまた後日書くことにさせていただきます。それでも世界は遠いなぁと思ったのは2回戦の負けよりも4回戦の負けのほうだったのですが。。。。。

それにしても、これだけ大勢の人が参加しているのに7試合とも全部過去に対戦したことがある人ばかりだったんですよね。それでもかなり久しぶりの対戦の方もいらっしゃったし、対戦は出来なかったけどお会いするのがもう何年ぶりだろう、という方もいらっしゃったりして、オセロ以外のことでも楽しい一日でした。

アフターもこの日大活躍だったA野さん達と食事に行き、バイキングだったのでオセロもせずに楽しくおしゃべりして過ごしました。駅に行く途中でお別れしたあの人にも是非来て欲しかったんですけど、また次の機会には御一緒したいですね♪

その後、最終の新幹線で帰宅しました。新大阪の駅でわざわざ乗っていた電車を降りて新幹線の改札まで見送って下さったN峰さん、付き合っていただいてありがとうございました(^o^)木曜日は空いていたら対戦しましょう〜♪

そんなわけで、また来年も関西選手権に行きたいなぁ〜と思いました。是非是非、なんとか存続させてもらいたいものですね。近畿ブロックのみなさん、よろしくお願いします。

昨日お世話になった皆様、本当にありがとうございました。
posted by たなか@とうかい at 19:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。