2011年08月01日

会員数


【コメント返し】

・松本(中部)さん

以前、1回だけ大須の名古屋オセロクラブ定例会に行ったことがあるのですが、その時は子供達がたくさんいて賑やかだったのが印象に残っています。人口から考えても中部は会員数とか増える土台はあると思うんですけどね。今は3枠でもそのうち増えていくと思いますよ。


・すぎちゃん

計算ありがとうございます。すぎちゃんと私の計算の違う点は補正の部分ですが、これは規定を引用すると

「全64枠から地区予選免除選手数を除いた残枠に対し、以下の3項目の合計枠数を各ブロックに割り当てます。なお、計算は小数点以下まで行い、合計枠数の小数点以下を切り上げて割り当てます。ただし、地区予選免除選手数および全ブロックに割り当てられた枠数の合計が64枠を超えた場合は、「小数点以下を含む枠数÷(割り当てられた枠数−1)」が小さいブロックから枠を減らすことで補正します。」

とありますので、計算式としては分子と分母が反対だと思われます。私の計算では

(計算した枠数)

北海道:2.88
東北:1.68
北関東:6.16
東関東:3.54
茨城:2.52
東京:11.82
神奈川:6.51
新潟:2.41
東海:5.43
中部:3.65
近畿北陸:9.22
兵庫:3.01
中四国:2.93
九州:1.58

これに上記の補正式を計算すると

(補正)

東北:1.68
九州:1.58
中四国:1.46
北海道:1.44
茨城:1.26

中部:1.22
新潟:1.21
東関東:1.18
東海:1.086
神奈川:1.085
東京:1.07
北関東:1.026
近畿北陸:1.025
兵庫:1.002

という結果となり、最初に計算した数の小数点以上を切り上げた数からマイナス1枠となるブロックが上の補正値が小さい中部〜兵庫の各ブロックとなります。

まぁ実際、こういう複雑な決め方をするから今回のようなトラブルも起こるわけでして、もっと誰にでも分かりやすいシステムにしてほしいような気もします(汗;



【本文】


今回の全日本前に枠数の計算に関することで連盟から公開された情報の中に連盟会員数もありましたが、aishiさんのコメント(6月2日付け本ブログ)によると会員数は566人らしいですね。私自身、連盟の会員番号が4桁なこともあって、もっとたくさん人数がいると思っていました。そこで気になったのがこの漫画です。



2011-08-01 21.44.51.jpg


(拡大すると)


2011-08-01 21.44.23.jpg


これは週漫ゴールドに連載されていた”勝負師たち”第17話からの引用ですが、この漫画の内容を見ると画像でS口九段が「正式な会員数は今1万人位」と言っているのは1994年と思われます。つまり今から17年前ということになるのです。

17年間で会員数が1万人から566人に減少していると考えると、これはかなりの勢いで減っていることになりますよね。私が会員になったのが2006年なのでその前のことは分からないのですが、会員が1万人もいたらさぞや各地で行われていた大会は盛況だったことでしょう。

文化が多様化してきている現在、会員数を増やすことは簡単ではありませんが、もうちょっと現状を打破するためにみんなでオセロ界を盛り上げていきたいものですね。
posted by たなか@とうかい at 22:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。