2011年06月02日

中四国は2枠?


【コメント返し】

・リンダマンさん

ありがとうございます!
まぁ、おめでたいかどうかは置いておくとして・・・・(汗;

一人焼肉も良さそうですね。食べることに集中出来そうです(^o^)


【本文】

全日本のブロック予選の季節になりましたね。結局、今年は東海ブロックから参加することになったわけですが、今年の東海ブロックの枠数は5。1枠の重みを痛感します。

そういえば、ということで思い出したのですが、昨年このブログで各ブロックに割り当てられる枠数を計算しました。果たしてその結果が正しかったのかどうか、再度検証してみたいと思います。

まずはダイレクトに計算結果と実際に発表された枠数を比較してみます。左が実際に発表された枠数、右の括弧内が昨年私が計算した枠数です。

北海道:2(2)
東北 :2(2)
北関東:6(6)
東関東:5(5)
茨城 :2(2)
東京 :12(12)
神奈川:5(5)
新潟 :2(2)
東海 :5(5)
中部 :4(3)
近畿北陸:8(9)
兵庫 :4(4)
中四国:2(3)
九州 :1(1)

計算と違っていたのは中部・近畿北陸・中四国の3ブロックです。しかし、この時の計算ではシードは3枠でやったので、4枠で計算すると実際には返上枠の最優先ブロックである近畿北陸が1枠減ることになり、計算結果としては正しくなります。そうなると、あとは中部ブロックが計算より1枠増え、中四国ブロックが計算より1枠減ったことになります。これはどうしてでしょうか?


そもそも枠数の計算は以下の3つの要素から計算されることになっています。

1.前年度の成績上位者により決まった枠数
2.会員数による割り当ての枠数
3.前年度のブロック予選参加者数から決まった枠数

1と3については計算ですぐに求められるものなので、問題は2の”会員数”ですね。単純に考えれば中部ブロックは会員が増え、中四国ブロックは会員が減ったということになっているはずです。

ここで念のため、昨年の計算結果を再度振り返ってみたいと思います。

まず、会員数以外の要素(1と3)で決まった分の枠数の計算結果です。

北海道:2.08
東北 :0.80
北関東:4.17
東関東:4.00
茨城 :1.04
東京 :8.41
神奈川:3.98
新潟 :1.31
東海 :3.39
中部 :2.33
近畿北陸:6.41
兵庫 :3.25
中四国:2.48
九州 :0.31

そして会員数を前年度と同じとして計算した場合の小数点以下2桁までを含んだ計算結果です。

北海道:2.82
東北 :1.67
北関東:6.07
東関東:5.05
茨城 :2.11
東京 :12.03
神奈川:5.52
新潟 :1.69
東海 :5.27
中部 :3.59
近畿北陸:9.16
兵庫 :4.34
中四国:3.71
九州 :0.94

そして連盟HPにある規定では(以下引用)

なお、計算は小数点以下まで行い、合計枠数の小数点以下を切り上げて割り当てます。ただし、地区予選免除選手数および全ブロックに割り当てられた枠数の合計が64枠を超えた場合は、「小数点以下を含む枠数÷(割り当てられた枠数−1)」が小さいブロックから枠を減らすことで補正します。

(引用ここまで)

となっていますのでこの
「小数点以下を含む枠数÷(割り当てられた枠数−1)」
を計算すると

北海道:1.41
東北 :1.67
北関東:1.01
東関東:1.01
茨城 :1.06
東京 :1.00
神奈川:1.10
新潟 :1.69
東海 :1.054
中部 :1.20
近畿北陸:1.02
兵庫 :1.08
中四国:1.23
九州 :∞

となります。私はこの結果をみてとても疑問に思いました。何故なら、中四国はただでさえ会員数を除いた計算でも2.48となっているのに、実際に2枠しか与えられなかったということは少なくても会員数が前年度の半分以下(会員数による枠が前年度は1.23だったので、これが今年度は0.51以下でないと3枠が確定になってしまう)になっていることになります。しかももし7割程度の人が会員をやめていたとしても、それでも多分、上記の計算結果から考えると3枠は確保出来るはずなのではないでしょうか。


ま、まさか昨年のブロック予選が広島と高知の2ヶ所で行われていた分、ブロック予選参加者数の計算で片方がカウントするのを忘れられてたりして・・・・・・?(汗;
他に計算された方がいらっしゃたら説明していただけると嬉しいです。
posted by たなか@とうかい at 22:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。