2011年01月18日

流山オープン


一昨日は雪の降る中、流山オープンに参加してきました。結果は3勝2敗の7位(25人参加)。最近はブログも手抜きばかりですが、今日もかなり簡単に振り返っていきたいと思います。


・1回戦

110116K林.png
黒 田中(四段) 黒番
白 K林二段

馬定石から中盤までずっと劣勢だったのですが、40手目に白に悪手が出て優勢になり迎えた上図。この盤面を眺めた時に、何から何まで自分にとって都合の良い石の配置になっていることに気がつきました。まず黒E7と打ってホワイトラインを切断します。白がF7と打ってきたら、ブラックラインが切れるので黒H2と打ち、白H1に黒A1であっさり決まってしまいました。42−22で勝利。


・2回戦

110116K野.png
黒 田中(四段) 黒番
白 K野三段

バッファロー定石から序盤でもう私が知らない進行になったのですが、結構それでも最善に近い手を続けて打てていたようです。しかし終盤になってミスが出て、上図は引き分け形勢。分け勝ちの権利を持っていた私は、ここで敗着となる黒A2を打ってしまいました。あと5分あったらカウンティング出来たような気もしますが、そういう感じだったので誰かに「敗着は15分持ちだったこと」と言われてしまいました(汗; 31−33で敗戦。


・3回戦

110116Y川.png
黒 Y川2級
白 田中(四段) 白番

この日の私は白で縦取りをすることが課題でした。しかし、初対戦のY川さんのここまでの対戦成績を見ると、1回戦のKしあん三段戦はちょっとした事件(盤上の石が崩された)があったので私も最後観戦していたのですが、かなりの好勝負でした。そして2回戦はK林さんにかなりの石差で勝っています。これでつい守りに入ってしまった私は、2手目をF6に打ってしまいました。しかも封印するつもりだったヨーグルトプリン定石まで持ち出す始末で、自分の精神的弱さを痛感しました。試合のほうは52−12で勝利。


・4回戦

110116O田.png
黒 田中(四段) 
白 O田四段  白番

この試合もバッファロー定石を選んだら19手目までK野三段戦と同じ進行でした。右辺のウイング攻めに対して素直にH8と取り、それでも右上が偶数空きなので何とかなるだろうと思っていました。実際、試合では何とかなったのですが、あとで解析したら上図では白G3と打つと白のほうが優勢なのを知って愕然としました。オセロはやっぱり奥が深いですね。41−23で勝利。


・5回戦

110116S藤.png
黒 田中(四段) 黒番
白 S藤三段

S藤三段には昨年の王座戦でバッファロー定石を打って負けているので、今回は敢えてそれを選ばずに飛び出しにしてみました。裏大量から中盤なかなか面白い試合だったのですが、上図で打った黒B4が悪手で、白E2で一気に悪くしてしまいました。その直前まで、C4の白石を消すと白E2でD3の黒石が返らなくなるから気をつけなければと思っていたのに。。。。。。結局この先も逆転のチャンスは訪れず、24−40で敗戦。
posted by たなか@とうかい at 22:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。