2011年01月31日

兵庫オセラーズカップ


昨日は兵庫オセラーズカップに参加してきました。家を出たのが朝5時50分で、ある程度は時間に余裕を持っていたのですが、途中で新幹線が名古屋と新大阪の間で雪のために徐行運転して20分程度の遅れが発生していたために結構焦りました。まぁ何とか無事会場に辿り着くことが出来て良かったです。

2011-01-30 16.51.58.jpg

この神戸市立総合福祉センターは、私の生オセロデビュー会場です。2006年9月3日の神戸キング&クイーン選手権。今ではもうかなり昔の出来事のように思われますが、やはり感慨深いものがありましたねぇ。


・1回戦

110130I村.png
黒 田中(四段) 黒番
白 I村四段

初戦の相手は一度対戦してみたかった強豪I村四段。最近はへぼ定石にさらに磨きをかけている私ですが、この試合だけは私の持ち定石であるリーダーを選択しました。上図では互角の形勢ですが、ここで私が打った黒F8がかなりの悪手のようで、次に白A4と打たれてみると困ってしまいました。A2〜F7のラインが白で通ってしまうことが黒にとってはかなり痛いんですね。結局長考の末、A6とは取らずに黒B5白A2黒C2という手順を選んだのですが、普通に白D1と打たれてみると、さらに苦しくなっていることを思い知らされることに。。。。(泣;
結局あとは差が広がる一方でどうにもならず、16−48で敗戦。


・2回戦

110130H林.png

黒 田中(四段) 黒番
白 H林二段

H林さんとは以前一度だけ名古屋オープンで対戦していて、その時はたまたま勝てたのですが、かなり打ちにくかったような印象がありました。そんなわけでかなり悩みましたが、意を決して馬定石を選択。最近は馬定石を多用している割に実は全然詳しくない私は序盤11手目で超悪手を打ってしまい、以後ずっと苦しい形勢を耐えに耐えて迎えた上図。ここで打った黒A6で、せっかく2石差まで追いついてきた局面を再度悪化させてしまいました。ここは冷静に考えれば黒B5と打っておけば白はA5にもA6にも打てないのが分かるのですが。。。。(泣;
最後は苦しんで考えてもどうにもならず、22−42で敗戦。


・3回戦

110130K井.png
黒 田中(四段) 
白 K井初段   白番

K井くんは私が生オセロデビューした時の大会で最終戦で私に勝って、私の3級ゲットの夢を打ち砕いた人です。今回はこの会場でリベンジするべく気合を入れて対戦にのぞみました。みみ虎から互角の展開で進んだものの、中盤で得たわずかな優勢を私が守りきれず、上図では白の6石勝ち形勢のようです。しかしここで打たれた白H8で再度形勢逆転。あとはしっかり打ち切って35−29で勝つことが出来ました。上図では白H7と打つのが唯一の勝ち筋のようですね。私にも打てません・・・・・


・4回戦

110130S本.png
黒 田中(四段) 
白 S本初段   白番

定石名は知らないのですが、虎進行から5手目にみみ虎のもう1つ下(黒C6)に打つ進行を選んだのですが、序盤から圧倒的に不利になってしまい、迎えた上図。ここで7列に黒の種石を作らないと右下で連打を喰らってゲームオーバーなのですが、白F4と打たれてしまうと黒C8と打つための種石が無くなってしまうので絶望的な気持ちでS本さんの次の手を待っていました。ところが打たれたのは白A5。これでもまだかなり黒劣勢ではあるものの、首の皮一枚つながった私はなんとか粘って終盤で逆転することが出来ました。45−19で勝利。


・5回戦

110130N岡.png
黒 田中(四段) 
白 N岡二段   白番

N岡くんは昨年の小学生王座ですが、その王座戦の最終戦で彼が勝って小学生王座をゲットした時の対戦相手が私でした。それだけに今度こそは勝ってお返しをしたいと気合を入れてのぞんだ試合ですが、やっぱりこの日はどうも馬定石を打つのが自分へのノルマみたいな気分になっていて、この試合でも馬定石を選択しました。終盤の入口では私が優勢だったものの、49手目で何気なく打った手が悪手で、51手目に長考してももう手遅れという悲しい状況で私は必死に勝つための手順を考えました。そして私が選んだのは、右下にX打ちをして白H8と取らせてから黒H1と取った状態が上図の盤面です。これは白がH2と取ると黒E1でF2の白石が返らなくなるために連打出来るという手順ですね。もちろんN岡くんがこんな手に引っ掛かってくれると思っているわけではなく、このことによって右辺の黒石を守って石数でなんとかならないかなぁというのが私の最後の希望でした。そして残り時間が僅かしかなかったN岡くんは白G1と打ってきたので、同じく残り時間にあまり余裕が無かった私はざっと数えた感じでは足りなさそうだと判断したもののどうにも選択肢が無く黒H2以下一本道で、終わってから石数を数えてみてビックリしました。32−32で引き分け勝ちだったのです。なんかスッキリしない勝ち方でしたが、まぁ半分くらいはリベンジが出来たかなぁと、また次に対戦する時のことを考えて密かに闘志を燃やすのでした。


・6回戦

110130S銀.png
黒 田中(四段) 
白 S銀初段   白番

S銀くんとは何度もいろんな大会で会っているのですが、公式戦での対戦は初めてのようで不思議な感じでした。この試合も馬定石から劣勢が続き、迎えた上図。恐らく白はB2に打ちたいけどこのまま打つと右下が黒連打になるのでホワイトラインが通らないようにと思って白A5と打ってきたのだと思いますが、これが白の敗着となりました。上図では白B7が唯一の勝ち筋で、こうなると下辺の2個空きを両方とも白が手止まりを打って黒はE1を強制させられることになってしまいます。まぁ私でも白B7と打てたかどうかは疑問ですけどね(汗;
35−29で勝利。



大会終了後は8人で飲み会へ。この飲み会のお店がやはり私の生オセロデビューの後に行ったお店でした。翌日が代休の私はハイテンションで、大酒飲みのO村さんにつられて大いに盛り上がりましたねぇ。皆さんから面白いお話をいっぱい聞くことが出来て勉強になりました。

そして、普段なら飲み会をしながらオセロで盛り上がるのですが、今回はそれとは別に将棋をする人達がいました。私が知っている限りでは多分、オセロ界で将棋が一番強いと思われるS銀二段に私は将棋で挑戦したのですが、何も出来ないうちに負けてしまいました。やっぱり強い人は違いますね。ところがしばらくしてから私が何気なくS根さんに将棋とかされますか?と聞いたところ、S根さんも将棋二段とのこと。S銀さんにとってはいきなりの強敵出現です。そこで早速2人の対戦が組まれました。

2011-01-30 19.28.14.jpg

上図な人同士の対戦はやはり見ていて美しいですね。オセロと違って将棋は一局にかかる時間が長くなってしまうため、試合は最後までいかないうちに途中中断になってしまいましたが、またそのうちに続きをするそうなので、その時にもまた私もギャラリーでいたいものです。

そして大阪に戻ってからは何と!オセロ界きっての美女2人に囲まれるというハーレム状態で丸ビル30階のショットバーに二次会に行ってきました。どんなにつらい日々があっても我慢していれば良いこともあるんだなぁと改めて思いました。

まぁそんな感じで当然静岡まで帰ることの出来ない時間でしたので、新阪急ホテルというところに泊まってから今日の昼過ぎに帰ってきました。終わってしまうとあっという間の3連休でしたが、これを励みにまた明日から仕事も頑張っていきたいと思います。

今回お世話になった皆さん、本当にありがとうございました。また大会でお会いしましょう!
posted by たなか@とうかい at 20:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

ドコモのスマートフォンを買ってみました


【コメント返し】

・aishiさん

今度は微妙な18分持ちオセロとかやってみたいですね(^O^)


【本文】

土曜日に会社を休めたのは正月休み以来。しかし明日は兵庫オセラーズカップに出るものの、今日は大会がどこを探してもありませんでした。そこで朝はのんびりしてからプリンターのインクでも買おうと近所の電器店に買い物に行ったのですが、そこの携帯電話コーナーでつい機種変更をしようと思い立ってしまいました。

そうはいってもスマートフォンというものが何なのかも良く分かっていない状態でしたので、とりあえず今日はカタログだけでももらっていこうかなぁ、と思ったのですが、お店のキレイなお姉さんがかなり詳しく説明して下さったので、やっぱり今日もう買ってしまおうと決意。最初は東芝製の普通っぽい携帯(機種名は忘れました)に決まりかけていたのですが、ふとここのオセロジャパン掲示板に出ていた”アンドロイド”という言葉が頭をよぎり、そのことについて質問したところ、やはりかなり詳しく教えて下さいました。

そしてメリットとデメリットをトータルで考え抜いたのですが、spモードでは携帯サイトは見られないという最大のデメリットもiモード契約を継続することで以前使っていた携帯にFOMAカードを差し込むことで見られるようになるという話を聞いて決心しました。私が購入したのはGALAXYS SC-02Bという機種です。早速droidzebraをダウンロードしてみましたが、結構快適に使えますね。私はPCではいつもゼブラ8手読みを使っているのですが、このdroidzebraの8手読みはPCより若干反応が遅い程度で、あまり気になるほどではありません。一応、最大で20手読みまでついているので、これはかなり使えそうです。

まぁそんなわけで今までかなりお世話になってきた研究コブラももう必要で無くなってしまいましたが、iモード契約はまだ解除していないので対戦コブラとか終盤コブラはまだいくらでもやれそうです。もっともiモード契約を解除しなかったのは、モバゲー小説を読めなくなると困るからなんですけどね(汗;

まぁそんなわけで明日の神戸へ行く新幹線、いつもなら睡眠を取るのですが、きっと明日は携帯をいじるのに夢中で寝られないんでしょうね。兵庫オセラーズカップに参加される皆さん、どうぞよろしくお願いします。
posted by たなか@とうかい at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

流山オープン


一昨日は雪の降る中、流山オープンに参加してきました。結果は3勝2敗の7位(25人参加)。最近はブログも手抜きばかりですが、今日もかなり簡単に振り返っていきたいと思います。


・1回戦

110116K林.png
黒 田中(四段) 黒番
白 K林二段

馬定石から中盤までずっと劣勢だったのですが、40手目に白に悪手が出て優勢になり迎えた上図。この盤面を眺めた時に、何から何まで自分にとって都合の良い石の配置になっていることに気がつきました。まず黒E7と打ってホワイトラインを切断します。白がF7と打ってきたら、ブラックラインが切れるので黒H2と打ち、白H1に黒A1であっさり決まってしまいました。42−22で勝利。


・2回戦

110116K野.png
黒 田中(四段) 黒番
白 K野三段

バッファロー定石から序盤でもう私が知らない進行になったのですが、結構それでも最善に近い手を続けて打てていたようです。しかし終盤になってミスが出て、上図は引き分け形勢。分け勝ちの権利を持っていた私は、ここで敗着となる黒A2を打ってしまいました。あと5分あったらカウンティング出来たような気もしますが、そういう感じだったので誰かに「敗着は15分持ちだったこと」と言われてしまいました(汗; 31−33で敗戦。


・3回戦

110116Y川.png
黒 Y川2級
白 田中(四段) 白番

この日の私は白で縦取りをすることが課題でした。しかし、初対戦のY川さんのここまでの対戦成績を見ると、1回戦のKしあん三段戦はちょっとした事件(盤上の石が崩された)があったので私も最後観戦していたのですが、かなりの好勝負でした。そして2回戦はK林さんにかなりの石差で勝っています。これでつい守りに入ってしまった私は、2手目をF6に打ってしまいました。しかも封印するつもりだったヨーグルトプリン定石まで持ち出す始末で、自分の精神的弱さを痛感しました。試合のほうは52−12で勝利。


・4回戦

110116O田.png
黒 田中(四段) 
白 O田四段  白番

この試合もバッファロー定石を選んだら19手目までK野三段戦と同じ進行でした。右辺のウイング攻めに対して素直にH8と取り、それでも右上が偶数空きなので何とかなるだろうと思っていました。実際、試合では何とかなったのですが、あとで解析したら上図では白G3と打つと白のほうが優勢なのを知って愕然としました。オセロはやっぱり奥が深いですね。41−23で勝利。


・5回戦

110116S藤.png
黒 田中(四段) 黒番
白 S藤三段

S藤三段には昨年の王座戦でバッファロー定石を打って負けているので、今回は敢えてそれを選ばずに飛び出しにしてみました。裏大量から中盤なかなか面白い試合だったのですが、上図で打った黒B4が悪手で、白E2で一気に悪くしてしまいました。その直前まで、C4の白石を消すと白E2でD3の黒石が返らなくなるから気をつけなければと思っていたのに。。。。。。結局この先も逆転のチャンスは訪れず、24−40で敗戦。
posted by たなか@とうかい at 22:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

品川ニューイヤーズカップを振り返って


今日は品川ニューイヤーズカップを簡単に振り返っていきたいと思います。


・1回戦

110103O竹.png
黒 押●三段
白 田中(四段) 白番

今年最初の大会の1回戦。毎年のことですが、1年の最初に誰と対戦が組まれるかというのは、ある意味で一年を占うおみくじのような気分でドキドキして発表を待つのが恒例になっています。思えば一昨年の1回戦は中島八段と初戦で当たることが出来、その試合は負けてしまいましたが、その年のメガハウスオープンで優勝して四段昇段を決めたわけですから、やはり縁起が良かったのだと思っています。昨年の初戦はKまち二段(当時)との対戦で、これも昨年は3回優勝することが出来たのですから縁起が良かったと言えるでしょう。

ちなみにこの日、一番最初に会ってしまったオセラーはDかなべさんでした。Dかなべさんは大会に出ないにもかかわらずDかなべ賞の白い恋人を持ってやってくる律儀さで、そんな真摯な態度のDかなべさんに最初に会ってしまったことをまるで災難に見舞われたかのに思ってしまった自分自身を反省しつつも、せめて1回戦の相手は今年の運気が上昇する予感を与えて下さるような人がいいなぁ、とワクワクしながら対戦の組み合わせ表に自分の名前を探しました。その結果・・・・・・



(中略)


試合のほうはとりあえず白で縦取りをした結果すぐに私の分からない展開になり、8手目にすでに白の私は悪手を打っていたらしいです。しかしまぁ、どうせ知らない進行なので序盤を考える楽しみがあって良かったですね。上図は黒がB6と打ったところで、私はここで白B7と打ちました。これでブラックラインを通して勝ちだろうと簡単に考えていたんですよね。実際にそのような展開になって勝つことが出来たのですが、実はこのB7という手は引き分けから10石負けに転じる悪手だったようです。実際、D7C7の交換を入れてからG7と打たれるとブラックラインを守りながら下辺をやすっていくということが出来ないんですよね。実戦ではすぐにG7に打ってもらえたので助かりました。DNさんの御加護があったのでしょうか。33−31で勝利。



・2回戦

110103M上.png
黒 田中(四段) 黒番
白 村上九段

今年の初戦を白星で飾り、2回戦の相手は村上九段。今年の初黒星の相手が村上九段なら、これは幸先の良い一年と言えるでしょう。でもやはり出来ることなら勝ちたいのがオセラーの心境というもの。最近は滅多に打たなくなった牛定石から序盤は村上さんのBookで苦しい状態が続きました。しかし中盤で逆転し、上図は黒2石勝ちの形勢です。しかし私にはその唯一の勝ち筋である黒H5は打てませんでした。白D1と打たれた時にE2の石が返らない形にすることが出来なかったからです。この後、再度引き分け勝ち進行になるので敗着はもっと先の局面になるのですが、この試合を勝てるだけの実力を今年は身につけたいものです。27−37で敗戦。


・3回戦

110103N山.png
黒 N山二段
白 田中(四段) 白番

この日は普段と違う定石を打つと宣言していたので、少なくても白番の時は全部縦取りする予定でした。しかしこの試合ではN山さんの迫力に押されてつい勢いで斜め取りしてしまったばかりか、上図でB5に打ってしまいました。ああ、なんということでしょう。45−19で勝利。


・4回戦
110103T澤.png
黒 田中(四段) 黒番
白 T澤五段

T澤さんとは彼女がまだ1級の時に一度だけ対戦しているのですが、その時には奇跡的に勝つことが出来たので、あとはずっと当たらずに勝率100%をキープしたい気持ちがありました。黒番で打つ私はいつも飛び出しを使っていたので、この日は2回戦同様に牛定石を選択。上図は白がB1と打ったところです。私は白G2と打たれることしか考えていなかったのですが、改めてこの盤面を見ると黒E1と打った場合にC3の石が黒くなるために白B2が成立しないことに気付いて、この試合も奇跡的に勝てるかもしれないと思いました。この後に危険なトラップもありましたが、上手く交わして42−22で勝利。



・5回戦

110103N尾.png
黒 田中(四段) 黒番
白 長尾六段

4回戦を終えて3勝1敗とまずまずの成績。ちょうどこの時に一緒にいた川端三段も3勝1敗で、もしかしたら当たるかもしれないですねぇ、という話をしていました。川端さんのCDを何度も繰り返し聴いていた私は、この時に彼の歌にあった歌詞を思いだしていました。1差で追いかけるオセラー。逆転優勝は男のロマン!!

しかしそんな私も箱根駅伝で東洋大逆転優勝ならずの報にかなり落ち込んでしまいました。上図で黒G6なんていう大悪手を打ってしまい、しかも斜めの石の返し忘れを指摘される始末。こんなんでは勝てるわけないと思いながら打ち続けましたが、結局どうにもならず24−40で敗戦。



・6回戦

110103G藤.png
黒 田中(四段) 黒番
白 G藤二段

ちょうどこの試合前にG藤さんと話をしていました。「3勝2敗ですか?だったら次は当たるかもしれないですねぇ。」
見事に予想的中で対戦が組まれたので、普段はあまり当たりたくない相手なのですが嬉しかったです。
序盤はみみ虎でしたが、G藤さんはかなり研究されているらしくて、かなりの間最善でついてきました。しかし何だか分からないうちに優勢になり、迎えた上図は白がB1と打ってきたところです。これに対して黒A2が最善手らしいのですが、私がA1と取った時点で引き分け進行になっていたらしいです。あとは双方最善で、ギリギリの引き分け勝ちでした。この日も会場が静かでぼやきが抑えられていたのが勝因でしょうか。



・7回戦

110103T見.png
黒 田中(四段) 黒番
白 龍見六段

この試合もみみ虎でした。前回みみ虎で負けた進行を嫌って私から先に変化したのですが、これが良かったようで上図では黒優勢になっています。しかし、ここで打った黒C8が悪かったようです。ここは素直に黒F2と入るのが良いらしいですが、これでもまだ勝ち切るのは難しいようです。この試合で負けたので結果的には龍見さん賞のチョコレートをいただいたのですが、それよりもこの試合は勝ちたかったですね。終盤はもうボロボロで、21−43で敗戦。


でもまぁ、本当に楽しい大会でした。私がオセラーでいる限り、毎年出続けていたいですね。来年のお正月もみんなで楽しくオセロしましょう!
posted by たなか@とうかい at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

品川ニューイヤーズカップ


あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします(^O^)

今日は(もう昨日ですが)品川ニューイヤーズカップに参加してきました。結果はもうアップされていますが、4勝3敗で25位(62人参加)でした。内容については後ほど振り返ることにします。

さて、今日は景品がたくさんあったのですが、私が狙っていたのはグランドオセロ盤(88オセロや普通のオセロも出来る優れもの)でした。10の倍数の順位だと優先的に景品を先に選ぶことが出来るのですが、6回戦を終えた時点で18位だった私は、最終戦で負けて20位も30位も難しい位置になってしまい、もうグランドオセロ盤ゲットは絶望的と思われていたのです。そして女子トップ→小学生トップ→10位20位30位・・・60位→4位5位6位・・・・・と順々に皆さん景品を持っていくのですが、2つあったグランドオセロ盤のうちの1つが何とか残り、25位の私でもゲットすることが出来ました。皆さん、残して下さって本当にありがとうございました。特に直前のA生くんやN海くんは私がグランドオセロ盤が欲しいというのを散々聞かされていたので、本当は欲しかったのに選べなかったのかもしれませんね。もしそうだったらごめんなさい(汗;

そして大会終了後は晩御飯を食べた後、何故かなわとびでの二重跳び大会が開催されました。私は最初のうちは全然飛べず悲しかったのですが、最後のほうでは勘を取り戻すことが出来て何とか15回跳べました。今度はもっといけると思いますので、またやりましょう!

まぁそんなわけで今年最初に会ったオセラーがDNさんというオチもありましたが、楽しい一日でした。今年もみなさん、オセロ界を盛り上げていきましょう〜♪
posted by たなか@とうかい at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。