2010年11月24日

年忘れオセロ大会より5回戦


101121O森1.png
黒 O森五段      
白 田中(四段) 白番

最終戦を残して全勝はO森五段と私の2人だけ。この試合で勝ったほうが優勝ということになりました。私が四段になってからO森くんにはずっと負け続けていたので、ここで今まで負けた分を取り返すつもりで気合を入れていきました。
試合のほうはいつもと同じ蛇進行。私が長いこと使っていた古いBookのゼブラではここでB3が最善だったのですが、実はB5のほうが良いということは最近知ったんですよね(汗;。ネットオセロではB5も打つことを心掛けているのですが、この決勝の舞台では経験の多いB3のほうが自信を持って打てると判断しました。

101121O森2.png
黒 O森五段      
白 田中(四段) 白番

普段の私だとここでは好んでG3と打ってきたのですが、ここは普通に一から読み直して一番良さそうに思ったところに打とうと考え、結果としてC6に打ちました。このC6は次善手らしいですが、とにかくいつもと違う展開にすることでここから一手一手を慎重に考えて打つようになったので、そう考えるとC6の効果は抜群だったのではないでしょうか。

101121O森3.png
黒 O森五段      
白 田中(四段) 白番

上図は黒がF1と打ったところ。最善手は白G3らしいですが、こんなX打ちを消してしまうような手は全く考えるに及びませんでした。私が打ったのは白H5。この手以降、C8〜H3ラインとD8〜H4ラインでの駆け引きが面白くなってきます。黒はD7と打ってきて下図。

101121O森4.png
黒 O森五段      
白 田中(四段) 白番

ここで普段の私だったらあっさり白C8と打ってしまうところですが、黒にE8と抜かれてしまうとかなり打ちづらく感じたので、それならばと白E8に着手しました。

101121O森5.png
黒 O森五段  黒番     
白 田中(四段)

ここでO森くんは黒F7と打ってきました。試合後の検討で、私はここで黒B5と打たれるのが嫌だったという話をしたのですが、ゼブラの評価値ではF7のほうが良いらしいです。黒B5には白G8が好手になるようなんですね。また見当違いのことを言ってしまいましてすみません・・・・・(汗;


101121O森6.png
黒 O森五段      
白 田中(四段) 白番

ここは左辺が黒から手をつけにくい形なので、白G7と勝負に出ました。以降H4G8H8H7と一本道で下図。

101121O森7.png
黒 O森五段  黒番    
白 田中(四段) 

ここでO森くんは最初に黒B7を考えていたようですが、B7B6A6B1B5A5という進行の後にA2と打たれていたら私には正確に対処出来る自信が全くありません。実戦ではここで打たれた黒B6を見て、まず負けは無いだろうと思いました。

101121O森8.png
黒 O森五段      
白 田中(四段) 白番

白G7と打った時からすでに将来的に白B1と打って黒C1白G1とする手順は見えていたので、ここでB1を実行しました。計算外だったのは白G1とした時に斜めが返らず、右上がハイパー偶数になってしまったことです。

101121O森9.png
黒 O森五段      
白 田中(四段) 白番

しかしここでの白A7が好手で、これで普通に偶数形に戻してきっちり41−23で勝つことが出来ました。O森くんには過去に何回か勝ったこともあるのですが、内容的にもしっかり勝負になった試合はこれが初めてなので嬉しかったです。
posted by たなか@とうかい at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。