2010年06月26日

中部ブロック予選を振り返るC


【コメント返し】

・級位者です。さん

白H2黒H7の場合は白H6黒H7と違ってH6が白の余裕手になるために、白は手損をしていないことになります。
ちなみに私がこうやって解説することが出来るのは、やはり自分の対局の棋譜を全て取り、それを自分だけの解釈だけでなく試合後や帰宅後に解析したりしているからだと思います。実際に対局後にあの手がどうだったとかこの手で助かったとか言ったりしたのを帰宅後に調べてみたら全然間違ったことを言っていたということもよくあるんですよね(汗;
特に序盤の最善手なんてのは理屈よりも感覚と経験に頼った部分が多いのかもしれません。ただ、悪い手を打つにしても自分なりにその手を打つ意味を持っているのであれば、それでいいのではないでしょうか。
級位者です。さん程の探求心があれば初段位はいずれ取れると思いますよ。


【本文】

・中部ブロック予選3回戦

100620S沼1.png
黒 田中(四段) 
白 S沼二段   白番

さすがにSん五段、Tまと五段、J爆王六段と対戦が続いて頭の疲労が激しくなってきました。この試合はとりあえず序盤は考えずに野いちごのBook進行を選択。上図は黒がA3と打ったところですが、本来の最善進行である黒C8はその後の進行が私はあまり好きではないんですよね。ここでS沼さんが悩んだ末に打った白C2が悪手でした。


100620S沼2.png
黒 田中(四段) 黒番
白 S沼二段

ここは私が悩んだ場面。結果的には黒C8と打ったのですが、次に白G4と打たれるのが嫌でした。G4と打たれたら黒F2に打てば問題無いのですが、私の頭の中では黒H4と打って白F2を強制させてから黒H6と取るとG列と7列が黒一色になって白G7が厳しい、という進行ばかりが駆け巡っていました。実戦では黒C8に対して白E8と打ってくれたので、次の黒G4で一気に楽になりました。さらに白H4黒C7と進んで下図。


100620S沼3.png
黒 田中(四段)
白 S沼二段   白番

ここまで来たらもう負けられないと思いました。上図では白F2と打つとF8G8連打、白C6と打つとH6H7連打という、白にとっては非常に厳しい状況です。


100620S沼4.png
黒 田中(四段) 黒番
白 S沼二段

ここで黒C1と打ったのですが、B7と打つほうが簡明だったようです。右下からH1と右辺を取ってもG1に黒から入れないのでそこで止まってしまうから、でしょうね。しかし白もライン通しでB2と応じてきたので、黒G1と取って確実な勝ちになりました。


100620S沼5.png
黒 田中(四段)
白 S沼二段   白番

恐らく劣勢のオセロで疲れたのでしょうね。ここで白H7と打ってきたので驚きました。結局60−4で勝利。









posted by たなか@とうかい at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。