2010年01月12日

神奈川オープンより第1戦〜第5戦

今日は神奈川オープンから前回書いた第6戦以外を簡単に振り返ってみます。


・第1戦

100110S木.png
黒 田中(四段) 黒番
白 S木二段

大会前にS木二段に会った時に、”今日は負けないぞ!宣言”をしたのですが、それは神奈川オープンは参加者が多いので、多分当たらないだろうから負けない、という意味でした。しかしいきなり1回戦で当たってしまいました。宣言取り消しです。。。。(泣;
上図での第一感はA4でしたが、白に簡単にC7に打たれるのも面白くなく、黒C7と先着したのが悪手でした。打った後の盤面を見て、これは白A7と取られるとどうもならないなぁ、と思っていた通りA7に打たれてしまい、28手目を打たれた時点で詰まされてしまいました。17−47で敗戦。


・2回戦

100110N海.png
黒 田中(四段) 黒番
白 N海さん

M野くんがマックで昼ごはんを買っている時にN海さんに声を掛けられて3人で会場に向かったのですが、その3人が最下位テーブルを独占するという悲しい状況。上図は黒わずかに優勢ながら難しいところで、ここで私が打ったH3が悪手だったようです。ここはD2に打って次にG6を狙うのが良く、黒H3では右側に黒が手をつけにくい形になってしまいました。以後は次第に追い詰められて完全に負けたと思ったのですが、終盤に魔法がかかって33−31で勝利。


・第3戦

100110M谷.png
黒 M谷四段   黒番
白 田中(四段)

この日の会場にはT島四段やI田四段、M崎四段、M本四段、S谷四段、N島四段他、四段でもかなり強い人達がたくさんいたのですが、そんな人達を差し置いてM谷くんは試合前に私のことを最強四段と言っていました。そして迎えた上図。ここで黒F8と逆偶数狙いの手を打ってきたのですが、これが逆転の悪手だったようで34−30で勝つことが出来ました。ちなみにここでは打てる7ヶ所のうち+2が2ヶ所、−2が1ヶ所、−4が4ヶ所らしいです。
対局後、本当の最強四段であるI田さんが黒の勝ち筋をあっさりと答えていたのはさすがです。


・第4戦

100110I田.png
黒 I田四段
白 田中(四段) 白番

この試合は蛇進行から優勢になったものの決めきれず、上図ではすでに負けを読みきっていました。とりあえず負けるのは仕方ないとしても、まずは逆偶数だけは外させないといけないと思い、ここでは白E8と打ちました。恐らくその後はF7F8A2H1H2G7で偶数になるけど足りないだろう、というのがおおまかな読みです。
しかしI田さんはF7ではなくD8に打ってきました。黒はC6の石を返すと右上を白に連打されるので、そこを突いてF8と切り返したら、何と黒B8と打ってきました。白G7とストナーにした時はまだ引き分け形勢だったのですが、次のF7が黒の敗着となりました。結局最後まで逆偶数を維持するためにA2に打たなかったのが悪かったようです。37−27で勝利。


・第5戦

100110T中.png
黒 田中(四段)
白 T中二段  白番

ここで前回優勝者のT中二段との対戦。7手目はどこがいいか聞いた結果カングから私のBook切れで怪しい局面になりました。
しかし上図での白B5が良くなかったようで、黒A5と取ってから次第に優勢になっていきました。上図では黒はA5に打つ種石が無いので、白はB6から攻めたほうが良かったようです。49−15で勝利。
posted by たなか@とうかい at 22:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。