2010年01月11日

神奈川オープン

【コメント返し】

・しょうがくさん

あの試合は横で見ていましたが、最後のすばやく石を返すしょうがくさんの姿はまさに勝負師のそれでしたね。私も見習いたいと思いました。

・pido_papaさん

今日もT川初段とは結構近い席が多かったのですが、動画を取ってもらう機会が無くて残念でしたね。

・newkさま

こちらこそたくさん対戦していただいてありがとうございました。
いつかまとめて恩返ししたいです〜♪


【本文】

今日は神奈川オープンに参加してきました。結果は4勝2敗でしたが、最終戦に勝てば入賞のチャンスというところで悲しい負け方をしてしまったので、ちょっと書いておきます。


・神奈川オープンより第6戦

100110M崎1.png
黒 M崎四段
白 田中(四段) 白番

上図は黒がD8と打ったところで私は長考に入りました。もちろん最初に考えたのは白H4です。しかし相手はM崎くん、簡単に勝たせてはくれません。いろいろな分岐を考えていくうちに、どうしてこんなに面倒なんだろうという気持ちが、きっと私に違う考えをひらめかせたのでしょうね。

上図でもしF7の石が黒かったら白B7って打てるのになぁ・・・・・・あれっ?

要するに黒に7列を通させてしまえばいいんですよねぇ。そうすれば白B7と打って、黒はA8に打つと左下連打されるので仕方なくA7に打ってくるだろうから白A8黒B8でB列が黒で通るので、次に白A2とすれば黒B2のウイング攻めが成立しない・・・・・よしっ!!

ここで私は意を決して白G7と打ち込みました。黒はH8と取るしかなく、次の白G8に対しても黒はH7としか取れません。これで7列は黒一色になり、あとはB7に打って任務完了!!のはずだったのですが・・・・・・

100110M崎2.png
黒 M崎四段
白 田中(四段) 白番

なんということでしょう!悲しいことに黒H8の時にE5にあった白石が黒になってしまったために、白B7が成立しなくなってしまいました。仕方なく白H4と打ったのですが、次の黒H5で引き分け形勢まで回復したところを次の白B7で一気に24石負け形勢にしてしまいました。このB7は右側に黒が打つ手が無いから有効なのであって、H5と打ってからのB7は打ってはいけない手だったようです。でもやはり最初の構想が脆くも崩れてしまった時点で敗戦は決まっていたのでしょう。





posted by たなか@とうかい at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。