2009年03月31日

立ちはだかる大きな壁〜メガハウスオープン第4戦

【コメント返し】

・バタバタ3さん

ありがとうございます。バタバタ3さんは今年は参加されなかったのですね。東京まで出るのは大変かと思いますが、一度大きな大会で当たりたいです〜♪


【本文】

メガハウスオープンは午前中3試合を終えて3勝0敗。Cグループの全勝はO池三段と私だけなので、午後一番の試合は当然このO池くんとの対局になります。O池くんには公式戦で勝ったことが無く、練習対局でも一度だけ名古屋オセロクラブ定例会で勝ったことがあるだけで、いつも軽くひねられてしまっているんですよね。それだけに普段なら全く勝てる気がしないのですが、しかし今回はそうも言っていられません。何といっても勝てば三段への昇段確率75%!王座戦参加確率も賞金ゲット確率も75%!!これは何としてでも勝ちたい試合です。

昼食休憩中、いろいろな人にO池くん対策を聞いて回ったのですが、当然そんなものがあるわけもなく、そこで思いついたのが1文字変換作戦(い→た)です。そう、目の前にいるのをO池くんと思ってはいけない・・・・目の前にいるのは・・・・O竹くんなんだっ!!!と思い込むという作戦です(汗;

伏石で勝った私は特に具体的な作戦を持っていたわけでもないので引き分け勝ち権利をもらい、O池くんは黒を選びました。

090329O池1.png
黒 O池三段 
白 田中(二段) 白番 

ここで前回B5に打ってボコボコにされた記憶がよみがえってきました。O池くんにはヨーグルトプリンは通用しない・・・・ならば!!
D6から快速船進行にして、少しでもBOOKでつなぐ作戦にしました。実力に明らかに開きがある相手と打つ場合は、BOOKで少しでも終盤に近いところまで進めたほうが勝てる確率が上がると踏んだのです。

090329O池2.png
黒 O池三段  黒番
白 田中(二段)

そして私が白番で快速船を打たなくなった問題の局面を迎えました。まぁE1に打たれたらそれはそれで仕方ないと思って選んだ進行でしたが、O池くんはC2のほうに打ってきてくれたので、とりあえず一安心しました。

090329O池3.png
黒 O池三段  黒番
白 田中(二段) 

そしてO池くんはここでH6と外してきました。白は当然のようにC1と打たせてもらい、BOOKは切れましたが勝てる可能性もある勝負になってきたんですよね。

090329O池4.png
黒 O池三段 
白 田中(二段) 白番 

しかしここでミスをしてしまいました。白E1です。黒B1に白G2と打とうとしたら・・・・打てません!これはやってしまったぁ〜と内心かなり焦っていたのですが、上図での最善はC7(+2)だけで、E1の他A6、D7、D8、E8でも±0という引き分け進行らしいです。
どうせラインを切っても先にG1と打たれるだけなので、とりあえずD8と斜めに打ちました。続く黒はH3と取るのが最善らしいのですが、実戦で打たれた黒G1は2石損、続く白D7は4石損(ここではH7と取るのが最善)と微妙な展開になりました。そして黒がC7と打って下図。

090329O池5.png
黒 O池三段 
白 田中(二段) 白番 

ここは最初からの予定通り白C8と打ったのですが(下図)、これが8石損の悪手だったようです。ここではまだ白H7と取るのが最善で、やはり右辺が鍵になっているようですね。

090329O池6.png
黒 O池三段  黒番
白 田中(二段)

ここでも黒の最善はH3なのですが、自分から入れない奇数空きを作るのはやはり抵抗があるのでしょう。ここで打たれたA4が黒の敗着となりました。(下図)

090329O池7.png
黒 O池三段 
白 田中(二段) 白番 

ここはもう逆偶数でも構わず白G2しかないところ。さすがに黒F8というラインの切り方は出来なかったのでしょう。O池くんは黒G8と打ってきました。白F8とつけて、微妙ながらも優勢を感じました。

090329O池8.png
黒 O池三段  黒番
白 田中(二段)

ここでの白の狙いは、左上の4個空きに3回打つことです。さすがにO池くん、それを敏感に感じ取ったのか、先にB2に打たれました。しかし白A1黒A2となってようやく勝ちを確信しました。

090329O池9.png
黒 O池三段 
白 田中(二段) 白番 

ここではA3から打つかA6から打つか考えたのですが、どちらから打っても大丈夫なことを確認して、A3のほうから打ったのですがこれが2石損。しかしあとは白番の鉄則を守りながら打ち、36−28で勝つことが出来ました。
posted by たなか@とうかい at 21:51| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

メガハウスオープンより第1戦〜第3戦

【コメント返し】

・san_no_sanさん

ありがとうございます。いつも鍛えていただいていた集大成が出せたようで嬉しいです。まぁ名人戦のようにみんなに注目されて打ちたかった気持ちもありますけどね。

・リンダマンさん

ありがとうございます。優勝も昇段も何もかもまだ信じられません。
東海に遠征していただけるのは嬉しいのですが、今度の静岡県選手権は私は所用があって参加できないのと、5月の中日青空オセロはカナスペとのからみで悩んでいるところです。どうしようかなぁ。。。。

・BECさん

ありがとうございます。今回は気合を入れて書きますよ。特に4回戦以降は1日1試合ペースでじっくり書かせていただきます。いろいろとコメントで突っ込みを入れていただけたら幸いです。

・でっぱさん

ありがとうございます。こうして歓迎の言葉をいただけるだけで幸せがさらに大きくなっていきます。

・えびさん

ありがとうございます。えびさんの応援、メチャメチャ効きましたねぇ。お礼に今度、暴走牛を打ちますね。公式戦ではなくて遊びの対局でですが♪

・戸田さん

ありがとうございます。まぁ賞金3万円の大会なんてなかなか無いので大盤振る舞いは出来ませんが、またジャンボヒレカツ定食(でしたっけ?)を御馳走したいものです。

・さくらさん

ありがとうございます。単勝大穴を見事に当てましたね。さすが勝負師です。王座戦も私が優勝するように予想して下さいね〜。


【本文】

今日はメガハウスオープン6試合の内、午前中に行われた3試合について振り返ってみたいと思います。


・メガハウスオープン第1戦


  A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++
3+++●●●++
4+++●●○○○
5+○○●●●○●
6++○○○○●+
7+++○●+++
8++++++++

黒 田中(二段) 黒番
白 S之園三段

S之園さんとは先月の品川シーサイドオープンで対局しているのですが、その時は中盤有利で進めながら決定打を見つけられず、最後はギリギリまで時間を使って最善ではない2石勝ち進行をやっとで見つけるという際どい試合でした。上図まではその時と同じ進行で、前回ここでH6と打ったところを今日はH3と取ってみました。しかし白H6とつけられてみると黒G3と打てず(打つと4列が黒で通るので白C4が好手になってしまう)、仕方なくH7と取ったのですが、ここからは形勢が微妙になってきました。
ちなみに上図では黒F7が良いようです。確かにH3とH6の欠点を両方防いでいるのが分かります。



  A B C D E F G H
1++++●+++
2+++○●●++
3++○○●●+●
4++●○●○●●
5+○○●○○○●
6++○○●○●●
7+++○○○+●
8++++○○++

黒 田中(二段) 黒番
白 S之園三段

そして、ここで打った黒C8で形勢逆転、白優勢になったようです。ここでは黒D8白C8に黒G3とするのが良いらしいのですが、G列を真っ黒にして白がG2に打てる形を承知でG3に打つだなんて私には出来ませんでした。


  A B C D E F G H
1++●○●+++
2+++○●●++
3●+○○●●+●
4+●○○●○●●
5+○●○○○○●
6+●○●●○●●
7++○○●●+●
8++●●●●●+

黒 田中(二段)
白 S之園三段 白番

上図は黒がA3と打ってD6に種石を作ったところ。私は白A4と打たれたらどう対処しようかと考えていたのですが、ここで打たれたのは白B7。これが白の敗着となりました。黒G3と取ると白は左下の連打は避けられず、右辺のウイング攻めも2列がD2の白石のせいでX打ちが成立せず、攻めきれなくなってしまうのですよね。
ここから先は安全に打ち進め、46−18で初戦を取ることが出来ました。


・第2戦


  A B C D E F G H
1++++++++
2++++●+++
3+●○○●○++
4○○○○●●++
5+○○●●+++
6++++●+++
7++++++++
8++++++++

黒 G藤二段
白 田中(二段) 白番

G藤二段は今のオセロ界では有名になりつつある人で、私もその見事なまでのボヤキ振りにはいつも困惑されているところがあります。しかし今日はメガハウスオープンだけあって会場はシーンと静まり返っていて、特技のボヤキは使えないようでした。一番の勝因はそれかもしれませんね。
上図までは白のヨーグルトプリンに対して黒が対応を誤ったために白かなり有利で進んでいました。しかし、ここで打った白D6はちょっと緩かったようで、C6に打っていれば黒F2に白E1でほとんど決まっていたようです。まぁそれでもここからまた白は気持ちの良い攻撃が決まり続けて優勢になっていきました。


  A B C D E F G H
1+○○○○○++
2++●○○○++
3+●●●●●●●
4○○●○●○●●
5+●●●●●●●
6●+●●●●++
7++●●●+++
8++++++++

黒 G藤二段
白 田中(二段) 白番

あとはどうやって決めにいくか、というところです。もちろん第一感は白A6でした。しかし黒A3白A5とした後で黒B2と打たれた場合にちょっと左上で手止まりを打たれるのが嫌だったんですよね。B6に白石が乗ることでG6とかに打ちづらくなるのもあったと思います。まぁこの時には読みきれませんでしたが、B2に打たれたら白C8としておけば左上連打形なんですけどね。
実戦では黒がG2に打てなくなるように白G6と打ちました。黒は当然A3と打ってきて、白A5は入れたくないのでA2と取ればいいのに、これを放置して白H6と打ったものの、黒H7と取られてまだ黒には右下に一手残り、ちょっと焦りが出てきました。


  A B C D E F G H
1+○○○○○++
2++○○○○++
3●●●○●●●●
4●●●○○○●●
5●●●●●○○●
6●+●●●○○●
7++●●●○++
8++++++++

黒 G藤二段
白 田中(二段) 白番

しかし今日の私は冴えていました。まぁ上図でもまだ白22石勝ち形勢のようですが、ここからE8D8B6F8C8という完璧な攻めで勝利を決めました。43−21で勝利。


・第3戦


  A B C D E F G H
1++++++++
2++++●+++
3+○○○○+++
4++●●●○++
5+++●●●++
6+++○●+++
7++++++++
8++++++++

黒 田中(二段) 黒番
白 U野三段

6試合あった中で一番劣勢だったのがこの対局でした。事の始まりはここで普段ならF3に打つところをD2と打ったからなのですが、何せ知らない進行なので次の白C5に対して打った黒B4が大悪手。白C2に黒C6でまだまだ行けると思っていたのですが、手が進むにつれてまずいことに気がついたんですよね。そして下図でかなり悩みました。


  A B C D E F G H
1+++○○○++
2++○○○+++
3+○○○●○++
4○○○●●●●+
5++●○●●++
6+●●●●●++
7+++++○++
8++++++++

黒 田中(二段) 黒番
白 U野三段

普通に考えたらここは黒G3と打って白がF2に打てないように牽制したいところですが、次に白B5と打たれた場合、黒に良い手が全くありません。最悪F7の白石を消さなければならない事態を想定し、やむなくF2と打ちました。そして白B5には黒A3としてB6〜E3ラインを通し、白A5黒A6となって白に壁を破らせることにしました。


  A B C D E F G H
1+++○○○++
2++○○○●++
3●●○●○●++
4●●○●○●●+
5●●●○○●++
6●●●●○●++
7++○○○○++
8+++○○+++

黒 田中(二段) 黒番
白 U野三段

ここではもう黒G8という手しか残っていないところ。対して白の最善手はB7と放り込んで黒A8に白F8という超強引な手で16石勝ち形勢らしいのですが、こんなF列を全部白くするような手はなかなか打てませんよね。U野さんが打ったのは白G1で、これでもまだ白12石勝ち形勢らしいのですが、この時点で私が思ったのは
”白はストナーになるようにF3の石を白くしてからB7に打ってくる”
という結論です。とりあえず黒B1で様子をみたところ、予想通りに白G3と打ってきたので黒H3白H5黒B8白B5まで読み通りに進みました。そして黒H4と打って下図。


  A B C D E F G H
1+●+○○○○+
2++●○○○++
3●●○●●○●●
4●●●●●●●●
5●●●●○○○○
6●●●●●○++
7++●○○●++
8+●+○○+●+

黒 田中(二段) 
白 U野三段  白番

ここでは漠然と白B7と打ってくるのではないかと思っていました。黒の望みとしては白にH8を取られてもそこから先の右辺には手をつけられないような形を守ることです。しかし、実際にここで打たれたのはB7ではなくH2。これが白の敗着となりました。黒はB2以外に手が無く、対して白B7と進んで下図。


  A B C D E F G H
1+●+○○○○+
2+●●○○○+○
3●●●●●○○○
4●●●●○○●○
5●●●○○○○○
6●●○●●○++
7+○○○○●++
8+●+○○+●+

黒 田中(二段) 黒番 
白 U野三段 

ここでの最善は黒G7(+6)らしいですが、私の読みでは白F8と打たれて黒H6白H8で7列が白で通っているために黒はH7に打てず、かといって黒H1と入ると白C1が強烈なので、この進行を考えるのを諦めてしまったんですよね。実は白F8には黒C8と取る手があって、以下A8A7A1A2C1H6と進むと22石勝ち形勢、白A1のところでC1だと6石勝ち形勢ですが分かりやすい進行になるようです。
そして私が実際に選んだのは上図から黒C1でした。以下A1A2F8C8A8A7H8G7G6G2H1H6H7と双方最善進行でギリギリ33−31で2石勝ち。本当にしんどい試合でした。

posted by たなか@とうかい at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

メガハウスオープン優勝!!

090329_214701.jpg
優勝しましたっ!!!!

090329_214732.jpg
四段昇段っ!!!!!!

というわけで今日はメガハウスオープンに参加してきたのですが、奇跡の6連勝で優勝することが出来ました。苦しい試合の連続でしたが、その中で勝利を掴み取る事が出来たのは、半分以上は精神的に踏ん張ることが出来た部分が大きかったと思います。

まだ優勝の喜びばかりで、イマイチ四段になったという実感はないのですが、自分でもこれからは苦労すると思いますよ。四段って本来は強い人でないとなれないものですからね。運の要素を最大限に活かしたとはいえ、四段としての段位に恥じないような成績をあげられるように精進していきたいと思います。

まぁ優勝したから言えるのですが、やはり昨日の予選に参加した人は2日連続で大変だったと思います。そんな中で頭脳的にはしっかり休養を取った状態でメガハウスオープンに乗り込み、6戦とも最後まで集中して打てたことが好結果に繋がったのでしょう。優勝争いをした大会は大抵いつもかなり疲れに襲われるのですが、今日は多分今まで参加した大会の中でも一番疲労が大きかったと思います。優勝して心地良いのでまだ良いのですが、これで最後に優勝を逃していたらかなりしんどかったでしょうね。今夜は余韻に浸りつつ、今週は明日からしっかりと内容について振り返っていきます。

みなさん、今日は本当にありがとうございました。たくさんの祝福のお言葉を頂き、心より感謝の気持ちを伝えたいと思います。

posted by たなか@とうかい at 22:41| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

コブラチャンピオンシップ

【コメント返し】

・sakuraさん

メガハウス優勝はありえませんが、全試合出来る限り真剣な勝負をしたいものです。共に頑張りましょう!


【本文】

コブラチャンピオンシップが予選6試合を終え(まだ終わっていない人もいますが)、4勝2敗の12位(58人参加)と自分の順位は確定しました。
(石数が同じ人がもう1人いるので、直前の試合の順位で決めるのであれば13位ですが)
参加メンバーの中では私のレートは低いほうなので、まさか勝ち越せるとは思っていなかっただけに、予選通過ラインの8位以内には入れませんでしたが、この結果には大満足しています。4試合目で2敗した時点で予選通過は殆ど無くなっていましたが、8位の人が4勝2敗の石数が247と、平均41石ペースというのはやはり厳しいです。私は石数よりも安全な勝ちを目指す打ち方をしてしまうので、こういった大会では積極的に石を稼ぐ打ち方というのも身に着けたいものですね。

時間があったら内容についてもまた振り返ってみたいと思います。
posted by たなか@とうかい at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

流山オープン

【コメント返し】

・newkくん

ハアハア(TOT)

・satobonさん

もう伏石が出来なくなるんですね。。。。(TOT)

・まだらぬこさん

こちらこそよろしくお願いします。新潟にはまだやり残したことがたくさんあるので、また機会を作って行きたいと思います。

・koijiuhuyさん

先日は突然訪問して失礼いたしました。本選ではあのシミュレーション結果を覆す大活躍を期待しています。

・さくらさん

さくらさんだったら無差別でも活躍が期待出来そうですね。ビックリするような結果を聞かせて下さい〜♪
ハンゲでもよろしくお願いします。


【本文】

今日は流山オープンに行ってきました。結果は3勝2敗の7位(22人参加)という平凡なものでしたが、何といっても最終戦にDNさんと対戦出来たことが何よりも嬉しかったです。


  A B C D E F G H
1++○●●+++
2++○○●●++
3●●●●○●●●
4+●○○●○●+
5●○+○○○○+
6○++○+○++
7++++++++
8++++++++

黒 DN二段  黒番
白 田中(二段)

試合のほうは、ここでの黒C5で勝ちを確信、あとは危なげなく打ち進めて42−22で勝つことができました。しかし安心してはいけません。本当の勝負はここからです。勝って兜の緒を締めよ、とはよく言ったものです。DNさんは親切に対戦カードを私に渡して下さったので、私はそれに○と+20を記入・・・・・・  !!
何とっ!これはDNさんの対戦カードではないですかぁ!!
まぁもちろんDNさんも冗談でやっているので、気づかないで書いてしまった私にちゃんと教えてくれました。さすがDNさん、人間が出来ていますねぇ。
そして二人分の対戦カードを提出し、自分の席に戻って石を片付けようとしたのですが、DNさんが何やら盤に石を並べていたんですよね。


  A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++
3++++++++
4++++++++
5●○●○●○●○
6○●○●○●○●
7●○●○●○●○
8○●○●○●○●


どうやら石を片付けにくいように交互に置かれていたようです。。。。(汗;
茶目っ気たっぷりですね。

そんな感じで楽しい流山オープンでした。
今日お世話になった皆さん、ありがとうございました。
posted by たなか@とうかい at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

名人戦シミュレーション

【コメント返し】

・えびさん

い、いえ・・・・(汗;
あれは単なるネタなので、あの漫画についても私は全然知らないんですけどね(汗汗;;

次はいつ対戦出来るか分かりませんが、是非メガハウスオープンへお越し下さい♪


【本文】

今年の名人戦は対戦の組み合わせが複雑でシミュレーションも難解極まりなかったのですが、石数を出さずに同勝数の最上位と最下位を当てる等の事項をランダムにすることで何とか実現しました。それによると今回は予選から参加の中部ブロック新七段が誕生することとなりました。
この結果はあくまでシミュレーションなので、そのつもりで見て下さいね。


優勝 :M本四段(中部)
準優勝:T沢八段(新潟)

3位: M岡七段(兵庫)
4位: N島四段(茨城)  (4連勝2連敗)

4位: T則九段(近畿・北陸) (以下5勝1敗)
    N島八段(東京)
    N目三段(東北)
    A原二段(新潟)

9位: E本六段(東京)
    K塚五段(東京)
    I泉三段(茨城)
   A比奈二段(新潟)

13位:O野七段(東関東)
    G藤七段(北関東)
    H野六段(東北)
    K本五段(中四国)
    A木五段(東海)
    Y田四段(東関東)
    H 四段(東京)
    T中四段(東京) 
    K田三段(新潟)
    O川初段(東北)


実際にどうなるか、今から楽しみですね。
posted by たなか@とうかい at 20:46| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

今年中に高梨七段は誕生するでしょうか?


あなたのハート、盗んでもいいですか?
 
http://www.b-ch.com/cgi-bin/contents/ttl/det.cgi?ttl_c=712






今日のブログはかなり怪しくてすみません(汗;
posted by たなか@とうかい at 14:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

生で見るDN爆弾

【コメント返し】

・でっぱさん

ありがとうございます。まぁいろいろと考えていても結果的に勝てないような筋を打ってしまうので、かなり伸び悩んでいるんですけどね(汗;
あまり欲張らず、地道に力をつけていくことが出来たらいいなぁと思っています。

・のぞみさん

ありがとうございます。ファンになるんだったらN島八段とかM上九段とか、もっと強い人のファンになったほうがいいと思いますが(汗;


【本文】

今日は品川シーサイドオープンに参加してきました。結果は3勝3敗の17位(28人参加)。最終戦で念願のDNさんとの対戦が実現しました。

090307DN1.png
黒 DN二段 
白 田中(二段) 白番

上図ではどう考えても白F6しか考えられない局面ですが、もしもF6に打つとDNさんのことだから黒F8とDN爆弾にしてくるのではないか?という恐怖に襲われてしまいました。実際、私の予想通りに進行し、1つ目のDN爆弾が完成しました(下図)

090307DN2.png
黒 DN二段 
白 田中(二段) 白番

しかしここでは白G7としてDN爆弾を上手く処理することが出来ました。

090307DN3.png
黒 DN二段 
白 田中(二段) 白番

しかしそれで終わらないのがDNさんの怖さです。次に黒A3と打ってきて、こっちにもDN爆弾を作るというプレッシャーをかけてきました。しかもこれ、どう考えても白はA4とつける手しか考えられないんですよね。こうして2つ目のDN爆弾が完成しました(下図)。

090307DN4.png
黒 DN二段 
白 田中(二段) 白番

ここで私はDN爆弾の処理を誤りました。実戦で打った白A2は4石損(+16)で、ここでは斜めが返っても白A5と打つのが最善(+20)だったようです。さらにこの後DNマジックが炸裂し、最終的には41−23で勝ったのですが、白なのに偶数にはめられて何だか全然勝った気がしないような試合でした(汗;


明日は浜松支部例会、頑張ります!
posted by たなか@とうかい at 01:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

品川金曜練習会より

今日は品川金曜練習会に参加してきました。M谷二段戦が特に面白い終盤だったので、ちょっと書いてみたいと思います。

・vs M谷二段

m1.png
黒:田中(二段) 黒番
白:M谷二段

ここでかなり長考しました。しかし何を勘違いしたのか黒B1白A1黒A2白B2でB1もC2も白くなるので以後A8B7H7H8のあとでG6G5連打だと思っていたら・・・・・D3の石が黒かったために連打にならないではないですか(汗;
こういうどうしようもないミスをしていてはダメですねぇ。ここでは黒B2と打って、白がA1と取ってくれれば黒A2の次に白B1と取ることによってB1〜F5ラインが全部白くなるため、最後にG6G5の連打が成立するんですよね。従って黒B2に対して白はA2と取るべきで、それだと白の4石勝ちになります。
ちなみにこの試合の敗着は上図になる2手前にありました。

m2.png
黒:田中(二段) 黒番
白:M谷二段

この局面で黒G8白G7と打って先ほどの局面になったのですが、実はここで黒B2と入れることによって、白A2以降連打は成立しないものの、後から黒G8と打つことによる斜めの石が大きく、これだと黒の勝ちになります。結局のところ黒がG8と打ったら白はG7と打つしかないので、それを打つ前に長考するべきだったということですね。後悔先に立たずという言葉を改めて肝に命じておきたいと思います。


・vs O清水五段

o1.png
黒:O清水五段  黒番
白:田中(二段)

ここでO清水さんが打った手は黒B7!えっ?そこでいいの??と思ったのですが、実際逆転出来ず負けてしまいました。この局面をブログのネタにしてもいいですか?という話になったので調べてみたのですが、上図での最善手はD8またはG6で+16。B7は4番目の好手(3か所ある)で、評価値は+10でした。まぁこの後白C8(2石損)、黒A5(4石損)・・・という感じでお互いに石損をしあったものの、基本的な部分で黒の優勢をひっくり返すことは出来なかったようです。
posted by たなか@とうかい at 00:49| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

神奈川オープンより第3戦

・神奈川オープンより第3戦

090301M澤1.png
黒 M澤三段 
白 田中(二段) 白番

連勝して2番テーブルで向かえた第3戦。ヨーグルトプリンから黒が最善を打ってくれなかったので白も最善が分からずあっという間に不利な形勢になって上図。ここで白C6としてC2〜F5ラインを通し、黒D6にD1G1A5(下図)として手を渡しておけば黒は右側も左側も打ちづらいだろうと思っていました。

090301M澤2.png
黒 M澤三段  黒番
白 田中(二段) 

ここでM澤さんは黒G5と打ってきました。この手のおかげで何となく白が打ちやすくなったような気がしましたが、それは気のせいだったようです。白C5黒B1で手を渡されてみると、かえって悪くなっているように思いました(下図)。

090301M澤3.png
黒 M澤三段 
白 田中(二段) 白番

この数手前あたりからD7から左回りに打つ構想を持っていたのですが、例えば上図からD7G3F7の後で黒にB3と打たれると白がA3に入れないので、ここではG4を選択。次の黒B3に対して白A3とすぐに取り、微妙な形勢に持ち込むことが出来たようです。

090301M澤4.png
黒 M澤三段 
白 田中(二段) 白番

ここで不調な時だと白H5なんていう手を打ってしまいがちなのですが、ここは黒A6と打たれても困らないように白C7と自重しました。以降黒G3白D7から大体予想通りに進んだのですが・・・・・

090301M澤5.png
黒 M澤三段  黒番
白 田中(二段)

ここで黒が引き分け形勢を維持出来る手は1箇所のみ。M澤さんはその手をピンポイントで打ってきました。そう、黒G8です。まぁ正直言って黒にF8と打たれていても白が最善で勝ちきるだけの実力は私には全くないんですけどね(汗;

090301M澤6.png
黒 M澤三段   黒番
白 田中(二段)

その後は上図まで必然の手が続いたのですが、ここで黒はG2に打つのが引き分けを維持する唯一の手だったようです。実戦では黒D8で下図。

090301M澤7.png
黒 M澤三段 
白 田中(二段) 白番

ところがここで私の打った白C8も再逆転の悪手で、ここは白H2と右上の奇数空きを処理するのが良かったようです。そしてその次の黒B8がまた再逆転の手で、黒はH7という理解不能の手が勝ち筋だったようで、終盤の難しさがこの対局では際立っていました。

090301M澤8.png
黒 M澤三段 
白 田中(二段) 白番

この時点でカウンティングするだけの時間的余裕が無かったのですが、B7と自分で打った瞬間にまずいと思いましたねぇ。当然のように黒H7でラインは切られました。ここではG2と打っていれば簡明な勝ちだったようです。

090301M澤9.png
黒 M澤三段 
白 田中(二段) 白番

そして残り5個空きで敗着となるH2を打ち、勝負あり。この後ズルズルと連敗するのですが、それとは関係なくこの対局は面白かったです。自分にはこういうオセロが打てるんだという部分と、こんなオセロしか出来ないんだという部分、両方が現れた一局でした。
posted by たなか@とうかい at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

トラウマ

【コメント返し】

・昆飛雄太さん

先週の犬山ではお世話になりました。新潟だけでなく、まさか犬山にも昆飛雄太さんがいるとは思いませんでしたが、気持ちよく勝たせていただいてありがとうございます。またその調子でよろしくお願いします〜♪
いつか新潟に行って昆飛雄太対決を実現させましょう!

・BECさん

まぁそうは言ってもやはり寒いところですからね。住んでいる人は大変だと思います。
日本海オープンでお会いした時はよろしくお願いしますね〜♪


【本文】

今日は神奈川オープンに参加してきました。結果は2勝4敗で41人中30位(だったかな?)。2連勝4連敗というやつです。3戦目を接戦で落とし、次の対戦相手がK田三段。この時、なんだかもう今日は全部負けるのではないか、という予感はありました。最近どうもオセロの技術以上に精神的な部分が弱っているのを感じますねぇ。
今年に入ってから今のところ週末に大会に出ていない週は無いです。やはり大会に出過ぎなんでしょうか。勝ち続けている時はかなり集中できているのに、1回の負けでそれがプッツリとなってしまいます。まぁそれでも大会に足が向いてしまうんですけどね。

今回はリクエストがあったので、次回は第3戦について振り返ってみたいと思います。
posted by たなか@とうかい at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。