2009年02月09日

静岡県名人戦より第1戦

【コメント返し】

・○田@東海さん

お久しぶりです〜♪昨日はヤフーでもお話出来て嬉しかったです。
21日は○田@東海さんが参加されるのであれば、品川ではなく静岡の定例会に行くことに決めたので、また打ちましょう。

・みー@とうかいさん

昨日はお疲れさまでした。大会のほうは苦戦されたようですが、ヤフーで○田さんに勝った試合を見ていた限り、やはり只者ではない強さを感じましたねぇ。私も今度は勝てるように頑張ります。

・リンダマンさん

気にしていただいてありがとうございます。自分が優勝した記事を速報で流せたら良かったんですけどね(汗;


【本文】

・静岡県名人戦より第1戦

090208O栗1.png
黒 O栗三段 
白 田中(二段) 白番

O栗さんとは一昨年の全日本選手権2次予選以来の対戦になるのですが、公式戦ではまだ一度も勝てたことが無くて、以前は天敵ランキングの第1位に君臨していた時期もありました。いつも白番では同じ進行になるので完璧な対策を立てていたのですが、それをネットで使ってからO栗さんは同じ進行で打ってくれなくなってしまい、今回も途中から黒の豪快な外しが入り、分からないながらも白有利で進んでいました。そして迎えた上図。黒がF5に打ったところなのですが、全然白有利に見えません。というより白かなり苦しいです。そう、B5からE5の石の返し忘れに気づかなかったのです・・・・・(汗;

090208O栗2.png
黒 O栗三段  黒番
白 田中(二段)

しかし何とか詰められないようにギリギリのところで逃れまくって迎えた上図。ゼブラによると、ここでの黒の最善手がH5(+8)で、次善手がF2(+6)という理解不能な局面。実戦で打たれたC7できわどい勝負になったのですが、この後白にとって悩ましい盤面に遭遇してしまうことになるのです(下図)。

090208O栗3.png
黒 O栗三段 
白 田中(二段) 白番

ここでの第一感は白C8。しかし黒F8という絶好手が見えてしまったのでC8は却下。ここで長考に入りました。まずは白G2について考えたのですが、黒H1と取ってくれれば白F1で白も良さそうなのに、黒がH1と取らずにF8に打ってくると白E1とストナーにしても黒B2で左上で手止まりを打たれ、右上にも白が入れない3個空きが出来てしまうという状況が見えてきたのでこれも却下。実はこの局面では白B8が最善(±0)で黒F8に白B7と続くのですが、当然そんな手順を読めるはずもなく、ここで私が打開策として求めて打ったのは白G7(−6)でした。大雑把な考えではG7の後H8G8F8E8D8と進めばG2と打って黒H1に白F2で勝てる!と思っていたのですが、白G8のところで黒はF8ではなくF2に打ってきました(下図)。

090208O栗4.png
黒 O栗三段 
白 田中(二段) 白番

まぁ負けている局面なので判断が難しいところですが、ここではあえて黒からしか打てない3個空きを作る白C8を選択し、右下に黒が打つとG2でストナーになるという手順を選びました。黒F8にすぐにはストナーにしないで白E8と打ち(下図)

090208O栗5.png
黒 O栗三段  黒番
白 田中(二段)

ここで黒がD8に打ってきたらG2に打つつもりでした。今度はO栗さんが考えて、ここで打たれたB7が黒の敗着になりました。最善は黒D8で、白がG2と打ってストナーにしてきたら黒はG1と抜いてしまうと右上で白に連打されても石数で足りているのです。

090208O栗6.png

黒 O栗三段 
白 田中(二段) 白番

ここからカウンティングをしたら数え間違っていたようで、30−33で負けだと思っていたのですが、D8B8B2以下双方最善で終わってみると33−30で勝っていました。助かりました〜♪
posted by たなか@とうかい at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。