2009年01月21日

好評につき続編

【コメント返し】

・AISHIさん

静岡まで笑い声が聞こえてきましたよ〜(笑)

・うえださん

そういえばしばらくお会いしてないですね。今度品川で逆偶数についてアフターしましょう♪

・newkくん

私も子供の頃はウニが苦手でした。やはりまずは本物の美味しいウニを食べることをオススメします。

・うにけさん

普段は超つまらないブログなんですけどね(汗;
上のコメントでnewkくんがウニが苦手と言っているので、私の代わりにやっつけてやって下さい♪

・オセロ最高さん

私と一緒にアフターする時には、あまり参考にしないで下さいね〜。でないと私の食べ物の取り分が・・・・・・(汗;


【本文】

というわけで昨日のブログに対するコメントを見た限りでは好評だったと自分勝手に受け止め、今日はその続編を書いていきます。


1.開放度理論

3人ずつ向かい合った6人掛けのテーブルに鍋が2つ乗っていたとしよう。真ん中の席をゲットすることが出来れば、両方の鍋から食べ物を取ることが出来るので好都合だ。このように開放度の低い席を取ることが何よりも重要だという教えがこの開放度理論である。

2.返し忘れ

自分に近いほうの席に五目あんかけチャーハンが置いてあるとしよう。遠くの席の人が五目あんかけチャーハンを食べたいので、こっちのホイコーロウと交換してくれと言ってきたので五目あんかけチャーハンの皿を渡したところ、向こうの人は自分が食べることに夢中でホイコーロウをこっちに渡すことをすっかり忘れているようだ。もちろん普通ならここで返し忘れを指摘するのがベターだが、例えば1つだけ注文した北京ダックがそろそろ運ばれてくる頃だから置くスペースがここにあったほうが有利だと思ったら黙ったまま返し忘れを指摘しなくても構わないのである。

3.石損

ピザを取る時に、上に乗っているサラミやピーマンが隣のピザのチーズにくっついてしまい、引き抜いた時に本来あるべき姿よりも少なくなってしまうこと。

4.余裕手

例えば8つに切られたピザの2つくらいに大量のタバスコを振り掛け、他の人が誰もその2切れを食べないようになった時、この2切れを余裕手と言う。もちろん、食べる時にはこの2切れにはすぐに手をつけず、他のものに手をつけながら全体の様子を伺いつつ余裕手を放出するのが上手い食べ方である。

5.見合い

春巻きが残り1つだけあって食べたいのだが、向こう側にある1つだけ残った手羽先も食べたい。テーブルの向こう側にいる相手もどうやら同じことを考えているようで、お互いにどちらを取っていいのか駆け引きを必要とする状態のことを見合いと言う。

6.針落ち

最後にデザートのアイスを食べるのを楽しみにしていたのだが、ちょっとトイレに行っている間にラストオーダーが過ぎてしまっていてガッカリさせられること。

7.勝手打ち

2人で鍋をやっている時に、相手の分まで毎回全部取って渡してあげること。この作業によって自分が食べたいものを都合良く食べることが出来るばかりか、自分が嫌いなものがあった場合には全部相手に食べさせることだって可能なのである。

8.ミラクル5

サイゼリアにて、ミラノ風ドリア299円、柔らか青豆のサラダ189円、ソーセージとポテトのグリル249円、セットプチフォッカ69円、セットドリンクバー180円を注文する。なんとビックリ!5品もあるのに千円でお釣りが来るのである。
これはミラクルだ!!ミラクル5!!!!!

posted by たなか@とうかい at 21:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。