2009年01月26日

勝利を呼んだ投げキッス

【コメント返し】

・   さん

ご指摘ありがとうございます。Kungをキュングと読むのは明らかに不自然ですよね。今まではオセロ定石大図鑑に書いてあった名称をそのまま書いていましたが、今後改めますね〜♪


【本文】

昨日の天王洲スペシャルの5回戦。相手のN野二段とは公式戦でまだ1回しか打っていなかったのですが、その時の負け方があまりにもひどくて、この日も対戦が決まった瞬間に負けを覚悟したほどでした。
しかし、この時のN野くんは4回戦でDNさんに負けていてショック状態だったようです。N野くんがDNさんに負けたことをこの時の私は知らなかったのですが、その代わりにショッキングなものを見てしまったのです。詳しいことはそのショックのせいでうろ覚えなのですが、多分N野くんが前の試合のテーブルに筆記用具でも忘れたのだと思います。それをDNさんがN野くんに渡したのでしょうね。そしてその時、DNさんがN野くんに向けて・・・・・・投げキッスをしたのですっ!!
この決定的瞬間をカメラで撮影出来なかったことを悔やみつつも、投げキッスを受けてしまったN野くんを見て、これはもしかしたら勝てるかもしれない!と思いました。

090125N野1.png
黒 N野二段  黒番
白 田中(二段)

最近白番で蛇になった場合の変化についていろいろと研究しているのですが、ここで先に黒F5と変化(というほどでもないのでしょうけれど)されてしまいました。しかしマイナス10以上の蛇に黒番で慣れてしまったせいでしょうか、なかなか面白く思いながら打つことが出来たようです。

090125N野2.png
黒 N野二段  
白 田中(二段) 白番

ここで打ったC5は悪手のようですが、次にA3からE1に打ち込み、黒D1と付けてきたら白B1と取って辺で手を稼ぐという狙いでした。実戦でもその通りに進み、迎えた下図。

090125N野3.png
黒 N野二段
白 田中(二段) 白番

ここで打った白G6が何気に好手だったようです。これに対して黒H6が最善の応手らしいのですが、白H3以降黒にウイングを作らせても白はG3で手止まりを打つのと同時にB1からG6のCラインが通って黒がH7と打てないのが白にとって良いみたいですね。実戦では白G6に対して黒C7と打ってきました。

090125N野4.png
黒 N野二段  黒番
白 田中(二段)

そしてここで黒はG3に入れる種を作るためにA5に打ってきましたが、これが黒の敗着になりました。白はB2に打ってG3への種石を消しつつ、次に白A4と打ってもこのままでは黒にB5と切り返されることもないし、かといって黒G2と打つと上辺まで白で確定するので黒は勝てないんですよね。上図では黒H6が黒の唯一の勝ち筋で、白H7に対して黒G3でも白はすぐにH2と取れず、次の黒G2が強烈なようです。

090125N野6.png
黒 N野二段 
白 田中(二段) 白番

こういう局面で白B8と打つのは白ならではの快感ですね。きっちり偶数で37−27で勝つことが出来ました。あのDNさんの投げキッス、N野くんはどういう心境で受け止めていたのか聞いてみたいです。

posted by たなか@とうかい at 22:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天王洲スペシャル

【コメント返し】

・こしあんさん

連続B打ちも良いという例ですね。奥の深さを感じます。
でも今日は「とりあえずビール」ではなかったようですね♪

・nikoさん

電車で見るのが危険な時ってありますよね。今後もたまにこういうネタを書いていきたいです。

・自爆王さん

まぁウニが好きな人が増えると自分に回ってくるウニが減ってしまうので、これはこれでいいのかもしれませんね♪


【本文】

今日は天王洲スペシャルに参加してきました。結果は3勝3敗で24位(39人参加)。今日から定石の指定を解除のはずだったのですが、初戦でO澤くん相手にリーダーのほうが打ちやすいと思いつつ、やはり今年になって打ちはじめた定石を使うとどうなるか見てみたくて、結局それがきっかけで今日も同じような打ち方になってしまいました(汗;

第1戦 黒 負け O澤四段 キュング
第2戦 黒 負け N尾六段 ノーキュング
第3戦 黒 勝ち T見六段 コシポス
第4戦 白 勝ち S藤初段 ヨーグルトプリン
第5戦 白 勝ち N野二段 蛇
第6戦 黒 負け S古三段 ノーキュング

明日からまた何試合か振り返ってみたいと思います。

posted by たなか@とうかい at 00:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

好評につき続編

【コメント返し】

・AISHIさん

静岡まで笑い声が聞こえてきましたよ〜(笑)

・うえださん

そういえばしばらくお会いしてないですね。今度品川で逆偶数についてアフターしましょう♪

・newkくん

私も子供の頃はウニが苦手でした。やはりまずは本物の美味しいウニを食べることをオススメします。

・うにけさん

普段は超つまらないブログなんですけどね(汗;
上のコメントでnewkくんがウニが苦手と言っているので、私の代わりにやっつけてやって下さい♪

・オセロ最高さん

私と一緒にアフターする時には、あまり参考にしないで下さいね〜。でないと私の食べ物の取り分が・・・・・・(汗;


【本文】

というわけで昨日のブログに対するコメントを見た限りでは好評だったと自分勝手に受け止め、今日はその続編を書いていきます。


1.開放度理論

3人ずつ向かい合った6人掛けのテーブルに鍋が2つ乗っていたとしよう。真ん中の席をゲットすることが出来れば、両方の鍋から食べ物を取ることが出来るので好都合だ。このように開放度の低い席を取ることが何よりも重要だという教えがこの開放度理論である。

2.返し忘れ

自分に近いほうの席に五目あんかけチャーハンが置いてあるとしよう。遠くの席の人が五目あんかけチャーハンを食べたいので、こっちのホイコーロウと交換してくれと言ってきたので五目あんかけチャーハンの皿を渡したところ、向こうの人は自分が食べることに夢中でホイコーロウをこっちに渡すことをすっかり忘れているようだ。もちろん普通ならここで返し忘れを指摘するのがベターだが、例えば1つだけ注文した北京ダックがそろそろ運ばれてくる頃だから置くスペースがここにあったほうが有利だと思ったら黙ったまま返し忘れを指摘しなくても構わないのである。

3.石損

ピザを取る時に、上に乗っているサラミやピーマンが隣のピザのチーズにくっついてしまい、引き抜いた時に本来あるべき姿よりも少なくなってしまうこと。

4.余裕手

例えば8つに切られたピザの2つくらいに大量のタバスコを振り掛け、他の人が誰もその2切れを食べないようになった時、この2切れを余裕手と言う。もちろん、食べる時にはこの2切れにはすぐに手をつけず、他のものに手をつけながら全体の様子を伺いつつ余裕手を放出するのが上手い食べ方である。

5.見合い

春巻きが残り1つだけあって食べたいのだが、向こう側にある1つだけ残った手羽先も食べたい。テーブルの向こう側にいる相手もどうやら同じことを考えているようで、お互いにどちらを取っていいのか駆け引きを必要とする状態のことを見合いと言う。

6.針落ち

最後にデザートのアイスを食べるのを楽しみにしていたのだが、ちょっとトイレに行っている間にラストオーダーが過ぎてしまっていてガッカリさせられること。

7.勝手打ち

2人で鍋をやっている時に、相手の分まで毎回全部取って渡してあげること。この作業によって自分が食べたいものを都合良く食べることが出来るばかりか、自分が嫌いなものがあった場合には全部相手に食べさせることだって可能なのである。

8.ミラクル5

サイゼリアにて、ミラノ風ドリア299円、柔らか青豆のサラダ189円、ソーセージとポテトのグリル249円、セットプチフォッカ69円、セットドリンクバー180円を注文する。なんとビックリ!5品もあるのに千円でお釣りが来るのである。
これはミラクルだ!!ミラクル5!!!!!

posted by たなか@とうかい at 21:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

久しぶりにオセロ用語でも

【コメント返し】

・オセロ最高さん

大会参加ありがとうございました。まぁあの会場、確かに水戸ほどではないにしても駅からちょっと離れていますよね。今後も送り迎えさせていただきますので、東海ブロックの大会には是非たくさんお越し下さい♪

・さくらさん

まぁ良いタイミングで勝つことが勝負師としては大切ですから、ここは素直に喜びましょう。このまま全国でも名人になって世界選手権でも優勝して、遠い世界の人になってしまってもよろしくお願いします♪


【本文】

大会後の夕食の時に餃子の連打(?)の話が出たので、今日は久しぶりにオセロ用語について続編を書かせていただきます。


1.逆偶数

これは相手が手をつけることの出来ない奇数空きを利用した高度な技である。極端に分かりやすい例を挙げると、2人で居酒屋に行った時に注文した刺身の盛り合わせ、皿に残っているのがマグロ3切れとパセリ1つだとしよう。一緒に行った相手がパセリが大嫌いだということを知っているので、ここは代わりに食べてあげようとパセリに手を伸ばすのは愚の骨頂である。このシチュエーションでは絶対にマグロの刺身をゲットするべきであって、そうすることで残ったマグロ2切れはお互い1切れずつという暗黙の了解が生まれ、しかもパセリまで最後に回って来るのが目に見えている。

2.指定打ち

自分の目の前に牛肉とピーマンの細切り炒めの皿があったとしよう。もう残り一口くらいでちょっとしかないのだが、今はあまりそれを食べたい気分ではない。ところが店員さんが他の料理を持ってきて、しかもテーブルの上は料理で全部埋まっていて置くスペースがない。するとみんなの視線が牛肉とピーマンの細切り炒めの皿と私のほうに集中している。このように自分の意思とは関係なく、その料理を食べることを強制させられるようなことを指定打ちと言う。

3.分け勝ち

美味しい料理をたらふく食べた後の会計タイム。あらかじめ割り勘という約束になっていたために、たくさん飲み食いした人は心の中で分け勝ちだったとほくそ笑むのである。

4.サブマリン

飲み会に遅刻して後からやって来たのだが、残っている料理が美味しいものばかりで、しかも遅れてきたおかげで他のみんなは4,000円出しているところを2,000円でいいよと言われ、すべてにおいて出遅れたことがプラスに働くことをサブマリンと言う。

5.天王山

刺身の盛り合わせにちょこっとだけ乗っているウニ。まさに天王山である。

6.遠征

言うまでもなく、宴会の時に大食いばかりが集まったテーブルに座ってしまった不運を打開するために、他のテーブルで御馳走が残っているところに行ってパクつくこと。

7.壁

せっかくドリンクバーを注文したのに、座席が壁側の奥のほうで他の人にどいてもらわないと取りに行かれないために、なかなか取りにいくことが出来ない状況。壁は最初から作らないように、店に入った序盤から気をつけなければならない。

8.暴走牛

すき焼きでまだ火をつけて間もない状況で、いきなり半生の牛肉に手を出すこと。牛肉を食べる時にはやはり正しい牛定石に従うことをオススメしたい。



posted by たなか@とうかい at 21:44| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

新春オセロ大会

今日は地元東海ブロックの新春オセロ大会に参加してきました。結果は3勝2敗で5位(26人参加だったかな?)。蛇の難しさを肌で感じた一日でした。

第1戦 黒 勝ち K田初段 蛇
第2戦 黒 勝ち Tぷ初段 蛇
第3戦 黒 負け T崎五段 蛇
第4戦 黒 負け N尾六段 ノーキュング
第5戦 白 勝ち O田2級 ヨーグルトプリン

蛇の3試合は全部序盤でかなりひどい状態だったのですが、負けた第3戦も含めて盤面を紛らわせて相手のミスを誘うという展開にはなりました。(まぁ結局は間違ってもらったということなんですけどね。。。。)

090118K田.png
黒 田中(二段)
白 K田初段  白番

第1戦は蛇で序盤から苦しい局面でしたが、ここで白G3と打ってきたのでボスコフにして勝つことが出来ました。

090118T.png
黒 田中(二段)
白 T初段  白番

これはノータイムでA1に打たれると思っていたら何やら考えているので、もしかして?と思っていたら白A2と打ってきたので、黒G7とラインを通して勝つことが出来ました。あとで調べてみたら白A1で引き分けのようですね。伏石で勝った私は黒を選択したので、引き分け負けを逃れることが出来ました。


090118O田.png
黒 O田2級   黒番
白 田中(二段)

最終戦の対戦相手O田さんは御年配のおばあちゃん。これはちょっとネタとしての局面なのですが、ここでO田さんはE2に打ってE3の石を返して時計を押しました。A6に黒石があるので、ここに置くと斜めが返ってしまいますよ?と、返し忘れを指摘したつもりだったのですが、これを聞いたO田さんは私が悪手を訂正させたと思ったのでしょうか、E2の石を取り上げてE3の石を白に戻すと、そのまま黒C2と打ち直していました。あまりの出来事に私は何も言えず、そのまま試合を続行。やはり人生の大先輩にはかないません。


まぁこんな感じでマイナスから打つオセロも少しずつ形になってきた感じがありますが、このスタイルで打つのは今日までとあらかじめ決めてあったので、来週からはまた打ち方を変えたいと思っています。と言っても変わらないかもしれませんが(汗;

女性ではSくらさんの強さが際立っていました。4連勝で東海女流名人を決めて、最終戦ではA木五段にも勝つのではないかという勢いがありましたねぇ。名人戦ではきっと大活躍して下さると期待しています。

大会が15時に終わったので、遠征組3人とちぷさんと5人で日本平に行ってきました。天気が悪くて富士山が見えなかったのが残念でしたが、大会後に自然の中に身を置くのもいいですね。
posted by たなか@とうかい at 22:43| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

今頃は・・・・・

【コメント返し】

・ちぷさん

そうそう、強い人はみんな謙遜するんですよね♪
まぁ私も頑張って準優勝出来るようについていきたいと思います。(汗;
あと明日はよろしくお願いします〜。


【本文】

今日、天王洲カップが開催されることを、Kしあんさんのブログで知りましたが時すでに遅し。。。。。大会情報はしっかりアンテナを張ってチェックしておかないといけませんね。品川の大会では二段以上だけと対戦出来る天王洲カップが一番好きな大会なのですけどねぇ。今頃はみなさん、楽しくオセロをしていることでしょう。羨ましい〜〜〜!!

まぁ仕方ないので今日は家でのんびりとしています。オセロはちょっとしかしていませんが、ブログの昔の記事で、Kしあんさんがコシポスを打たなくなるきっかけとなった対N島八段戦の棋譜をチェックし、これを見てさらにN島八段にコシポスで挑んでみたいという気持ちが強くなったのでした。
あと面白かったのは、一昨年の全日本のブロック予選前にDNさん(当時Dなべさん)が

−−−−−−−(以下引用)−−−−−−−

少なくとも同じ東京ブロック予選に出るプレイヤーの9割近くは

DN対策(当時Dなべ対策)を立てないはずなので

−−−−−−−(引用ここまで)−−−−−−−

と書いてあったことでしょうか。今ではDHK設立等、多くの人達がDN対策をしているのですが、この一昨年の時点では誰もノーマークだったのでしょうか?こうやって時代は進んでいくのでしょうね。


私もそろそろ、地震で棚が倒壊しないように対策しようかな。。。。。

明日は大会が各地でたくさんありますが、静岡の新春オセロ大会に参加される皆さん、よろしくお願いします〜♪
posted by たなか@とうかい at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

コシポスで公式戦初勝利!

今日は会社のカレンダーでは出勤日なのですが、ちょっと仕事が落ち着いてきたので有給をもらって買い物をしてきました。何を買ったかというと実は新しいヴァイオリン。年末から買う方向で動いていたのですが、何しろ高い買い物なので慎重に選んで今日ようやく手に入れました。250年前に作られたオールドヴァイオリンなのですが、なかなか深くて懐かしいような音色がして、これからは練習が楽しくなりそうです。
まぁそういうわけで、オセロのほうは遠征費を節約するために、しばらく遠征をやめようと思っています。と言っても1週間くらいですが(汗;
今週末は地元静岡の新春オセロ大会があるので良かったです♪
その前に土曜日に大人が参加出来る大会が無いのが残念です・・・・・


さて、昨日のブログに書いたように今日はコシポスで公式戦初勝利を挙げた流山オープン第2戦を見てみたいと思います。


・流山オープンより第2戦


  A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++
3++●○+○++
4++●●○○++
5+++○●●++
6+++●+●++
7++●+++++
8++++++++

黒 田中(二段)
白 K口二段  白番

K口パパ二段とはいつも際どくて面白い勝負になるのですが、この対戦もそうでした。コシポス(上図)から白E6と取ってきたので、ここでニューイヤーズでのN野初段戦とは違う進行を選択して、最善を打つことよりも相手が間違えそうな手順を狙って打っていきました。


  A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++
3++●○+○++
4++●●○○++
5++●○●●○+
6++○○○○++
7++●●●+++
8+++++●++

黒 田中(二段) 黒番
白 K口二段 

上図ではゼブラによるとまだ白優勢なのですが、黒としては結構打ち方の方針が見えているので思ったよりも打ちやすい局面に感じました。ここで黒D2と打って、白はF5の黒石を消しづらいようにしつつ次の黒E3を残します。次に白B5と打ってきたので、黒B4でさらに黒が打ちやすくなってきました。(下図)


  A B C D E F G H
1++++++++
2+++●++++
3++●●+○++
4+●●●○○++
5+○●○●●○+
6++○●○○++
7++●●●+++
8+++++●++

黒 田中(二段)
白 K口二段  白番

もうこの手順だけで黒が優勢になっているのですからオセロは難しいですよね。ここで白が打ったB3が悪手で、黒E3で一気に楽になりました。上図では白はE2と打って左辺の形を悪化させないのが一番良い手順だったようです。ここからは逆転されることなく最後まで打つことが出来たのですが、いろいろと石損はあったようで、中盤での難しさを改めて感じるのでした。

posted by たなか@とうかい at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

流山オープン

【コメント返し】

・newkくん

私は日本語が好きなのでPlayOKは行かないですねぇ。一応IDは作ったのですが全然ログインしてないから忘れてるし。。。。。
(汗;
もしも世界選手権代表選手になるようなことがあったら行かせていただきます♪

・ちぷさん

ということは名人戦も全日本選手権も王座戦も全部参加ということですね?( ´∀`)
新春オセロ大会は勿論参加するので、よろしくお願いします。ちぷさん対策で変わった定石を打てるといいのですが。。。。


【本文】

今日は流山オープンに参加してきました。前回は南流山まで行くのに東京都内までの切符で北千住の駅の千代田線乗り換えのところにある無人改札をスルーする勇気が無くて60円損してしまったのですが、今回はちゃんと乗り換え出来ました。常磐線各駅停車は北千住駅では東京メトロ千代田線なのですが、この区間だけ特例でJRの切符でも千代田線に乗ることが出来るそうで、しっかりと東京都区内で一番先にある金町まで行ってから切符を買い替えましたよ。まぁこうやって60円をケチっている割に他のところで無駄使いをしているのですが(汗;

さて、肝心の大会結果のほうは3勝2敗で9位(25人参加)でした。
今日使った定石は

第1戦 黒 勝ち K林二段 ノーキュング
第2戦 黒 勝ち K口二段 コシポス
第3戦 黒 負け K地四段 龍
第4戦 白 勝ち M崎四段 裏こうもり
第5戦 黒 負け Y本二段 蛇

という感じでした。コシポスで公式戦初勝利を挙げることが出来たのが何より嬉しかったです。このところネットでもコシポスで勝つことも出来るようになってきたので、練習の成果が出てきたのでしょうか。
明日はこの第2戦について振り返ってみたいと思います。

・・・・でもアフターではM谷二段にコシポスを打ってボコボコにされましたが(汗;

今日お世話になった皆さん、ありがとうございました。
posted by たなか@とうかい at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

神奈川オープンより第5戦

【コメント返し】

・さくらさん

今年もよろしくお願いします♪
新春オセロは静岡女流名人戦も兼ねているようですから、今年はさくらさんが名人ゲット出来るように応援していますよ〜。

・こしあんさん

確かに明確な目的を持って中盤を打つことが出来れば良い勉強になると思いますが、ニューイヤーズの日の私は休みボケで頭が回らず、結局何も抵抗出来ずに負け続けてしまいました。負けが混んでしまってもコシポスを打つか、それとも今度はブライトウェルを打ってみようか検討中です(汗;

・ちぷさん

いえいえ、これからいろんな大会で優勝を重ねていけば自信も自然と身についてくると思いますよ。昇段もしないと言っても名人戦や全日本選手権とかで優勝してしまったらさすがに七段取らないわけにもいかないでしょうし。私はまだ七段の人とだけ対戦したことがないので、東海ブロック七段の誕生をお待ちしてます〜(^O^)


【本文】

他にも面白い試合はあったのですが、やはり神奈川オープンの第5戦が私にとっては一番面白かったので、この試合を見ていきたいと思います。

・神奈川オープンより第5戦

090104W辺1.png
黒 田中(二段) 黒番
白 W辺六段

ノーキュングという定石さえ知らなかった私は、以前Yーまさんがこの定石をノーカングと言っているように聞こえていて、頭の中で”農看具?”という訳の分からないイメージの漢字変換を行っていました(汗;
しかし前日のニューイヤーズで負け続けたこの定石、しっかり勉強してきたおかげで上図まではまともに打つことが出来たのではないでしょうか。ここで黒H6と打つのが定石のようですが、私は自然な気持ちでH4へ。確かにここで白H5とつけられてみると黒はE2に打てなくなってしまって困るのですが、黒C7と打てば白はH2とは取ってこないだろうと勘ぐっていました(下図)。

090104W辺2.png
黒 田中(二段) 
白 W辺六段  白番

しかしゼブラによるとここは白H2が有力な手のようです。次のD8で黒が有利なような気がしますが、その後E2D2C1と進むと次に黒は手が無くなってしまうんですよね。実戦では上図から白E2と打ってきたので、黒D2で白はC1取れないだろうと思っていたらC1と取ってきたのでちょっとビックリしました。

090104W辺3.png
黒 田中(二段)
白 W辺六段  白番

上図は黒E8と打ったところで、ここで白D8とつけられてみると確かに次の黒は難しいところです。これには切り返して黒F8と打ったのですが、黒F7という手も有力なようです。

090104W辺4.png
黒 田中(二段) 黒番
白 W辺六段

上図は黒G2のライン通しに対して白がA6と打ってきたところ。ここで最善手は黒B7(引き分け進行)だそうですが、それはさすがに今の私の実力では打てませんでした。普通に打つならB5(次善手、−4)なのでしょうけれど、こういう手を打って白A5という感じで中辺から離れたところで白に石を稼がれるような打ち方を嫌って右上に手をつけることにしました。右上に手をつけるとなると第一感はG1だったのですが、これも偶数空きの宿命かF1E1D1と手どまりを打たれるのを嫌って、思い切って黒F1(−8)と打ったんです。白E1ならD1の1個空きを利用して逆偶数にしようという狙いです。もちろんW辺さんがそんな甘い手順を打ってくれるはずもなく、下図まで上手く打たれて手を渡されてしまいました。

090104W辺5.png
黒 田中(二段) 黒番
白 W辺六段

ここでとにかく分かったのは、黒A5以外の手を打った場合には私にでも負け手順を読みきることが出来るということでした。当然白はB3に打ってくるだろうと思っていたら・・・・・なんとB7に!
持ち時間をほとんど使い切ってしまっていたW辺さんは、上図の段階でブラックラインが通っているので、この手を打たれたのでしょう。しかしこれで黒A7と応じて盤面では引き分け形勢になっていたようです。

090104W辺6.png
黒 田中(二段) 黒番
白 W辺六段

私が白が嫌いなのは、「白だと偶数にしても負けることが多いけど、黒だと逆偶数にしておけば大抵勝つことが出来る理論」に基づいた結果なのですが、この上図の局面はまさにその反対をいく場面でした。ここは黒B8だけが唯一の引き分け進行なのです。ここで黒D1と打った私は悪いのでしょうか?逆偶数維持と左上で手止まりを打てる進行を選んだことは罪でしょうか??しかも黒B8と打った場合の白の最善はB2だけというこの不思議な局面。これはもう負けてもあきらめるしかないでしょう。。。。。

まぁこういう面白いオセロが出来て良かったです。


posted by たなか@とうかい at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

ニューイヤーズカップと神奈川オープン

【コメント返し】

・リンダマンさん

こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いします。
今度の三河オープンの日は、私は地元東海ブロックの新春オセロ大会のほうに出るのですが、まぁすぐにお会いできるでしょう。リンダマンさんとは北海道でも対戦したいですね♪

・newkくん

ニューイヤーズは頑張れませんでした。。。。(泣;
newkくんの対策から外れるように、いろいろな定石を研究中です♪

・ちぷさん

浜松アリーナハンディ戦優勝おめでとうございますっ!!!!
有言実行、素晴らしいですねっ♪
まぁそもそも五段以上の実力があるちぷさんがハンディをもらって打つなんて反則ですので、早く五段なり七段なり取ってしまいましょう。
今度会った時に優勝祝いでもさせて下さいね〜。


【本文】


正月明け3日は品川ニューイヤーズカップ、4日は神奈川オープンに参加してきました。結果はニューイヤーズが2勝5敗で64位(78人参加)、神奈川オープンは2勝4敗で35位(44人参加)と、結果だけ見るとひどいのですが、得るものがたくさんあった2日間だったように感じています。
今回は自分の今までの定石を捨てて(白のヨーグルトプリンは除く)マイナス10からのオセロというのを課題にしていました。ところがニューイヤーズではマイナス10からのオセロではなくマイナス20で終わるオセロになってしまったようで、神奈川では同じ2勝で終わったものの内容的には2勝2敗からのW辺六段戦、Y口三段戦とも内容のあるオセロを打てたので気持ち的には救われた部分があります。


  A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++
3+○○○○○●●
4+●○○○○●●
5+○○○○○○●
6++●●●○●●
7+++++++●
8++++++++

黒 田中(二段) 黒番
白 N島八段

今年の公式戦第1戦は、ありがたいことにN島八段と当たることが出来ました。黒番の私はコシポス狙いで虎にしたのですが先に変化され、変化に変化で応酬して難しい進行になり迎えた上図。ここで上の白壁を破る構想が無かったために黒E7と打てず黒A4白A3黒A2白A6に黒B6というひどい打ち方をしてしまいました。。。。

この日は7試合とも全部黒番で、第6戦だけ相手が斜め取りしてきたのですが他はみんな縦だったので、第2戦〜第5戦と第7戦は7手目まで同じ進行になりました。


  A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++
3++●○++++
4++●●●○++
5+++○●●++
6+++○+●++
7++++++++
8++++++++

7手目黒F6まで

今まで7手目でC5かE6しか打ったことのない私にとって、このF6というよく打たれている手は初めての経験でした。当然白で縦取りしてくるような人はこの進行を嫌という程打っているはずで、そんな状況でただコシポスを打つという目的のためだけに黒F6という手を打つのにはかなり勇気が要りました。

しかもここで白G5と打たれてしまうとコシポスを打つことも出来ず、そこから考えるオセロをすれば良い勉強になるのに私は黒C7を実現させることばかり考えてさらに状況を悪化させてしまったのです。

ここで白F3と打ってくれたのは2日間でWっきー三段とN野初段の2人だけでした。特にショックだったのは第5戦のN野初段戦。


  A B C D E F G H
1++++++++
2○+○●●●++
3○○○○○○○+
4○●○○●○●●
5○●○○○●●●
6○○○○○●●+
7○+○○○○++
8++○●○○++

黒 田中(二段) 黒番
白 N野初段

9手目コシポスのC7以外は特に目立った悪手はないつもりなのですが、上図ではもうどうにもならない展開に。。。。。
ここでは逆偶数をあきらめて黒B7と打つのが最善(−8)らしいのですが、私はB1からさらに沈んでいきました。試合終了時に時計を見るとN野くんはまだ残り時間が15分以上ある・・・・・

ところで、あの7手目黒F6を打ったことが無かったせいか、その系統の定石名を私は全然知りませんでした。どなたか忘れましたが、私がF6を打った時に「今日はリーダーじゃないんですか?(リーダー研究してきたのに〜 だったかも?)」とおっしゃった人がいましたが、7手目E6をリーダーということも今これを書きながら”オセロ定石大図鑑”を見て初めて知ったという状況でして(汗;

せっかくですから2日間の対局でどんな定石だったのかを書いておきます。

ニューイヤーズカップ

第1戦 黒 N島八段 ベルクタイガー
第2戦 黒 W本三段 コシポス
第3戦 黒 T田四段 ノーキュング
第4戦 黒 H内五段 ノーキュング
第5戦 黒 N野初段 コシポス
第6戦 黒 T井初段 蛇
第7戦 黒 T信三段 ノーキュング

神奈川オープン

第1戦 黒 N谷四段 蛇
第2戦 白 G藤二段 ヨーグルトプリン
第3戦 白 T坂三段 ヨーグルトプリン
第4戦 黒 H山初段 ベルクタイガー
第5戦 黒 W辺六段 ノーキュング
第6戦 黒 Y口三段 ノーキュング

ノーキュングで変な受け方をして自爆したニューイヤーズカップの反省のため、夜はハートンホテルで珍しく深夜まで反省会をしました。そして翌日の神奈川オープン、8手目で相手がノーキュングにするかコンポスにするかというところで、私はコシポスを打つことを目的としているのに8手目でG5を打ってくれることを願っている自分がいました。正直言って六段相手にコシポスを打つのが申し訳なくて。。。。。
そういうわけでW辺六段戦もY口三段戦も面白いオセロになりました。負けて言うのも何ですが、ノーキュングって黒打ちやすいですね。

明日からはこの中で面白かった試合をいくつか取り上げていきたいと思います。
posted by たなか@とうかい at 21:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

今年もよろしくお願いします


【コメント返し】

・newkくん

・・・・目標が小さいですよ〜(^o^;;


【本文】

オセラーの皆さん、新年おめでとうございます。
対局相手あってのオセロという競技、1局1局感謝の気持ちを忘れずに対戦したいものですね。
今日はこれから箱根駅伝を小田原中継所のちょっと手前で応援観戦して、明日からの勝負に備えて気合を入れてきます。ニューイヤーズで最初にどなたと当たるか、今からワクワクしますねぇ。

ではみなさん、今年もどうぞよろしくお願いします。

posted by たなか@とうかい at 09:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。