2008年10月11日

山梨オープンより第6戦

・山梨オープンより第6戦


  A B C D E F G H
1+++++○++
2+++○○●++
3+○○○○●●●
4+○○○○●●+
5○○○●●●++
6●●●●●+++
7++●+++++
8++++++++

黒 田中(二段)
白 Sとぼん二段 白番  

先日のブログに書いたように、この試合では今まで散々悔しい思いをさせられてきたSとぼんに初めて勝つことが出来た。今までは天敵度ランキング4位だったのだが、この試合で勝ったことでSとぼんの天敵度ランキングは22位まで後退。本来ならここでスペシャル企画として3日間くらいに分けて大々的に書いていきたいところであるが、実際にはこの試合の進行でのポイントとなる箇所がかなり限られていることと、明日は天王洲スペシャルに参加するのでまた新たな記事を書かなければならないのとで、この試合についても普通に振り返っていくことにする。
Sとぼんにびん定石が全く通用しないのはネットでの対戦で明らかだったことなのだが、それでもここまでの流れの中でこの試合だけはびん定石を使おうと決意したのであった。そして上図では白がかなり優勢になっており、多分もうSとぼんには本当にびん定石を使うことはないだろう(断言はしないが)。ここでSとぼんは白A7という最善手を打ちながら、私に対してストナーをかけるように挑発してきた。まぁ私もこの局面で打開策が見つけられなかったこともあり、E1D1C1B1B2という手順でストナーをかけた。以後C2A4A1となって下図。


  A B C D E F G H
1○○○○○○++
2+○○●●●++
3+○○○●●●●
4●●●●●●●+
5○●○●●●++
6○○●●●+++
7○+●+++++
8++++++++

黒 田中(二段) 黒番
白 Sとぼん二段   

まぁここでは黒B7なんていう手もあるかも、とは思いながら、やはりB7は一手保険で取っておきたいのと、もしかして黒が次にA3に打った時にA2〜G8ラインに白石が無ければ連打させてもらえるかもしれないという甘い考えがあった。まぁ実際には世の中そんなに甘いはずもなく、Sとぼんはここで白G1と打ってきた(下図)。


  A B C D E F G H
1○○○○○○○+
2+○○●●○++
3+○○○○●●●
4●●●○●●●+
5●●○●●●++
6●○●●●+++
7●+●+++++
8●+++++++

黒 田中(二段) 黒番
白 Sとぼん二段   

冷静に盤面を眺めてみると・・・・・・・・あれっ???

白G1・・・・そんなところに打っちゃっていいのかな????

黒A3と打つと・・・・・・・・・・???????


  A B C D E F G H
1○○○○○○○+
2+○○●●○++
3●●●●●●●●
4●●●○●●●+
5●●○●●●++
6●○●●●+++
7●+●+++++
8●+++++++

黒 田中(二段)
白 Sとぼん二段 白番

白はA2に入れず、D2とE2の白石を同時には消されないのであった。世の中というもの、実は結構甘かった!!
  

  A B C D E F G H
1○○○○○○○+
2●●○○○○○+
3●●●○○○○●
4●●●●●○○●
5●●○○○○○●
6●●●●○○●●
7●●●++○+●
8●+++++++

黒 田中(二段) 黒番
白 Sとぼん二段

しかし相手は最強二段Sとぼん、そう簡単には勝たせてはくれない。斜めのラインを取りまくって白石を増やしていく。そして上図の局面で私が悪手を打ってしまった。黒E7である。打ってからしまったと思ってももう遅い。白G7と打たれ、黒H2でB2の石を黒くしても白B8で再度通されて負けだ〜!と思ったら、黒H2の時にE5の石も同時に黒くなってH8には打てるというのが命拾い。しかし、この時点では引き分け進行だったようである。


  A B C D E F G H
1○○○○○○○○
2●●●●●●○●
3●●○○○○●●
4●●●○●●○●
5●●○○●○○●
6●●●●●●○●
7●●●+●●●●
8●++++●●●

黒 田中(二段)
白 Sとぼん二段 白番

そしてこの局面で白が引き分けに持ち込むことが出来るのは1箇所だけ。残り時間がほとんど無かったSとぼんは、ここで次善手E8と打ち、黒D8と打った場合についてカウンティングした私は黒が33石あることを確認して勝利の喜びに浸るのであった。33−31で勝利。
posted by たなか@とうかい at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。