2008年10月07日

恐ろしいほどの好成績


先ほど連盟の公式レーティングが更新されて、私のレーティングが1282の50位になっていました。前回から+181の増加はどうやらトップのようで、自分でもビックリしています。

そもそも今年の目標の1つに”一瞬でもいいからレーティング100位以内に入る”というのがありました。それが100位どころか50位に入ることが出来るとは・・・・不思議ですねぇ。

この好成績の一番の理由は、まぁやはり”運”が良いことでしょうか。負けていても終盤で相手がミスしてくれて勝ったという試合がかなりたくさんありました。まぁそれだけオセロは終盤が大切ということなのでしょう。しかし不利な展開でも終盤まで勝負を持ち込むためにはやはりそれなりの技術が必要だと思います。最近の私はネットのレートが急降下中なのですが、その一番の理由として怪しげな序盤の進行が挙げられるでしょう。昨日命名したトライこしアングル定石(F5D6C5F6E6F4C6B6)を筆頭に、不利な序盤から打つことが多いので中盤が鍛えられているのかもしれません。

実感としては私はレーティング50位にふさわしくない実力だと思っています。そうはいっても、以前より少しは強くなっているのかも?という気持ちがあるのも事実でしょうか。今回のレーティングで自分の打ち方を縛ることなく、これからも精進していきたいと思います。




・・・・・まぁ、やっぱり嬉しいですね、50位は♪(笑)

posted by たなか@とうかい at 21:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山梨オープンより第2戦

・山梨オープンより第2戦


  A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++
3++++○+++
4++●●●●++
5+++●○+++
6++++++++
7++++++++
8++++++++

黒 T川初段
白 田中(二段) 白番  

Tっきー初段には今年の静岡名人戦と品川の大会で蛇からボコボコにされたことがあるので、以来白番では縦取りをすると決めていた。今回はその蛇でリベンジしたい気持ちもあったのだが、最近の好成績からゲットしたレートを下げたくない気持ちのほうが上回ってしまい、結局縦取りをした。上図において、普段ネットではC3に打つことが多いのだが、ここでも慎重さが上回って素直にC5に打つことに。


  A B C D E F G H
1+++++●++
2++●●●●++
3++●●●○++
4+●●●○○++
5++●○○○++
6+●○○○○++
7++○○○+++
8++○+++++

黒 T川初段
白 田中(二段) 白番  

しかし、4手目にいつもC3に打っているせいでローズの最善進行については実はよく分からないのであった。黒番の時には虎では全く歯が立たないnewkくん等を相手にローズ進行を選ぶことがあるので、その時の白の着手を思い出しながらここまで打ってきたが、上図では白A6が最善らしく、私が打った白B5を見てTっきーさんが長考に入った。どうやら良いところで最善から外れたようである。


  A B C D E F G H
1+++++●++
2++●●●●++
3○+●●●●●+
4+●●●○○++
5●○○○○○++
6○○○○○○++
7++○○○+++
8++○+++++

黒 T川初段  黒番
白 田中(二段)  

上図になって少し優勢を感じていた。ここで黒G4は白A4があるので、黒A7だと白B2でストナーにして黒G4のストナー返しに白D1でさらに返せる手順について考えていたところ、打たれたのは黒E8(下図)。


  A B C D E F G H
1+++++●++
2++●●●●++
3○+●●●●●+
4+●●●●○++
5●○○○●○++
6○○○○●○++
7++○○●+++
8++○+●+++

黒 T川初段  
白 田中(二段) 白番

ここはもう無理にA4を狙いに行く手順を取る必要は感じなくなったので白F8と打ち、黒G8に白F7で黒はF4の白石を消したくなかったようでA4と打ってきた(下図)。


  A B C D E F G H
1+++++●++
2++●●●●++
3○+●●●●●+
4●●●●●○++
5●●○○●○++
6○○●○○○++
7++○●○○++
8++○+●●●+

黒 T川初段  
白 田中(二段) 白番
  
ここではB3が最善らしいが、私の読みでは白D1に打って、黒E1なら白G1と取って相手に手を渡し、右下に黒から着手させて自分が手止まりを打てればそれで良し、駄目でも左下の5個空きで手止まりを打てるのでそうなったら黒A2を強制させて白の勝ちとなる予定だった。ところが黒は上辺を放置してG5と打ってくれたので、白E1から一気に勝負を決めにいく体勢に入る。


  A B C D E F G H
1++●●●●++
2++●●○●++
3○+●○●●●+
4●●●○○●+○
5●●○○●●●○
6○○●●●●●○
7++●○○●++
8+●●●●●●+

黒 T川初段  
白 田中(二段) 白番

ここで白B7と打って勝負あり。ところがここで油断してしまったようで、次の黒A2に対して最善手G4を打たずに次善手A1と打ってしまう。あとは全て最善を打てたのだが、勝負は最後の一石を打つまで気を抜かないようにしなければと反省させられたのであった。50−12(空きマス2個)で勝利。
posted by たなか@とうかい at 20:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。