2008年05月26日

島田例会

【コメント返し】

・ちぷさん

ハイスペックのPC、いいですねぇ。。。。
私のでは全く比較の対象にならないことがよく分かりました。
早くネット対戦出来るようになるといいですね( ´∀`)

今日はいろいろとありがとうございました。


【本文】

今日は島田例会と称して、生オセロとネットオセロを交えてのちょっと変わった例会をやってみました。勝てば優勝という大一番に破れて結果は2位。Tぷ初段の強さばかりが目立っていました。特にN五段を破った試合は素晴らしかったです。
まぁ私はO五段に勝てたからいいとしよう。。。。。。

今後もこういった機会を持つことが出来るといいですね。参加者が増えるようだったら対局時計の購入も考えるかも?(汗;

posted by たなか@とうかい at 23:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

元気です〜

【コメント返し】

・終☆奇術師さん

いえいえ、終☆奇術師さんはこの流山オープンでも二段の権利ゲット等、級位者とは認めませんからね〜(汗;

・○田@とうかいさん

エエエエエエエェェェェ──ッ!!! >(  *  )゚∀゚`)
これは東海ブロックのピンチですっ!!
残念ですが、また対戦して下さいね〜♪

・*田@とうかいさん

お、同じ方ですよね?(汗;


【本文】

先ほど、このブログを見て下さっている方からお電話をいただきました。何日もブログが更新されていないので、病気か何かあったのかと心配されていたようです。

習慣というのは大切なものなんですね。。。。。


来週の土曜に演奏会があるので、今はこれに備えて練習の日々です。まぁその割りにネットではオセロしていますが。

今日ネットで打っていたら、私が生オセロに参加するようになる前にいろいろ教えて下さった方にお会いしました。チャットで話していて、何だかオセロを始めた頃の新鮮な気持ちを思い出して懐かしくなりましたねぇ。その方も大会にはもう3年くらい出ていないとおっしゃってましたが、一度大会で打ってみたいなぁ。。。。。
ネットで一局だけ打たせていただいて、32−32の引き分け。以前はまったく遠い世界の人でしたが、自分の2年間での成長を感じることが出来ました。またみかけたらよろしくお願いします。

オセロ界では師匠とか弟子とか軍団とかいろいろあるようですが、私も以前1人だけ師匠と呼んでいた人がいました。その人はあまり人と親しくすることを嫌っているようで、そのために敵も多かったみたいですが、何故か私にはやさしくしてくれました。最近ではまったく見かけないのが残念ですが、二段になったという報告をしたいものです。

posted by たなか@とうかい at 23:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

5月の結果

【コメント返し】

・自爆王さん

はい、その手順が最善です。これでもまだ黒優勢なのですが、次に黒が勝つためにはG7に打たなければならないようです。

・ホイールさん

第1戦はずっとH2に打ってホワイトラインを通すつもりでいたんですよね。それなのにどうしてH1に打ってしまったのでしょう。。。。。(汗;
H2で普通に勝てていたようです。


【本文】

ちょっと早いのですが、今月はもう大会には参加出来ないので。


・5月の結果

参加5大会 29戦16勝13敗 (74−56)※カッコ内は年間通算成績


対九段戦 0−0 ( 0− 1)
対八段戦 0−0 ( 0− 1)
対七段戦 0−0 ( 0− 0)
対六段戦 0−1 ( 0− 2)
対五段戦 0−1 ( 5− 9)
対四段戦 1−1 ( 8−13)
対三段戦 5−2 (15−11)
対二段戦 1−4 (13−10)
対初段戦 3−2 (12− 6)
対1級戦 1−0 ( 7− 0)
対2級戦 1−0 ( 5− 0)
対3級戦 1−0 ( 3− 0)
対4級戦 0−0 ( 0− 0)
対5級戦 0−0 ( 0− 0)
対無級戦 2−2 ( 5− 3)
不戦   1−0 ( 1− 0)

今月は同じ二段によく負けたという印象ばかりが残っています。しかもみんなS二段なんですよね。。。。
無級戦で2敗してますが、これはそれぞれ某ネットサイトと某携帯サイトの強豪なので、仕方ないところでしょう。


・伏石別勝敗

伏石の勝敗       :14−14(46−54)
伏石勝ちの時の対戦の勝敗: 5− 9(23−23)
伏石負けの時の対戦の勝敗:10− 4(34−20)
黒での勝敗       : 6− 8(35−35)
白での勝敗       : 9− 5(38−21)

伏石で勝って黒を選択            :1−1( 3− 3)
伏石で勝って白を選択            :0−2( 8− 6)
伏石で勝って分勝を選択し、相手が黒を選択  :4−2( 5− 6)
伏石で勝って分勝を選択し、相手が白を選択  :0−4( 7− 8)
伏石で負けて相手が黒を選択         :2−1( 9− 2)
伏石で負けて相手が白を選択         :4−1(14− 4)
伏石で負けて相手が分勝を選択し、私が黒を選択:1−2( 5−12)
伏石で負けて相手が分勝を選択し、私が白を選択:3−0( 6− 2)
引き分けありルールで自動的に黒       :0−0( 6− 8)
引き分けありルールで自動的に白       :0−0(10− 5)
不戦勝なので伏石無し            :1−0( 1− 0)


伏石で負けた時の勝率がさらに上がってきました。。。。。
posted by たなか@とうかい at 22:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

ひどい内容〜流山オープンより

・流山オープンより第1戦

  A B C D E F G H
1●○○○○○++
2●○○○○○○+
3●○●●●○○●
4●○○●○○○●
5●●○●●●○●
6●●●●●●●●
7+●●○○○+●
8+●○++○++

黒 田中(二段) 黒番
白 ○井二段

この日のオセロは振り返ってみると自分でもどうしちゃったんだろうという程ひどい内容だった。その第1弾がこれ。ここで盤面最悪手のH1を打ってしまった。。。。。29−35で敗戦。

・第2戦

  A B C D E F G H
1+○○○○○++
2++○○○+++
3●●○○●●●+
4●○○●○●●+
5●○○●○●++
6●●○○●●++
7●+●●●+++
8+++●++++

黒 K田2級 
白 田中(二段) 白番

ここでB8に打てば黒はB2かB7しか打てないのに、それに気づかずにC8と打ってしまった。47−17で勝利。


・第3戦

  A B C D E F G H
1++○+●+++
2++○○●○++
3●+●○○○++
4●●●○○○++
5●●●○○○++
6●●●●○○++
7+++●++++
8++++++++

黒 田中(二段) 黒番 
白 H倉さん

こういう局面で黒D1に打つと白F1で斜めが返らないという理由で選択肢から却下してしまうことが多いのだが、ここはD1F1からE7B3A2とCラインを通す手順が良かったようだ。
実際に私が打ったF7は、白F8と取られてみるとE6の石が黒くなった分、ただ損をしてしまう悪手であった。16−48で敗戦。

・第4戦

  A B C D E F G H
1++●●●●●+
2○+●●○○+●
3●○●○○●●●
4+○○○●○●●
5●○○○○○○●
6+++○○○+●
7++++++++
8++++++++

黒 田中(二段) 黒番 
白 微J初段

今年の目標の1つだった微Jさんとの初対戦は序盤から有利に進んで迎えた上図。ここでA4に打っていれば完全に詰んでいたのだが、この手を発見することが出来ずにC6と打ってしまったので、最後まで際どい試合になった。35−29で勝利。

・第5戦

  A B C D E F G H
1+○○○○○++
2●+○○○○●+
3+●○○○○○●
4○●●●○○○●
5○○●●○○○●
6○○○○●○○●
7++○○○●++
8++●●●●●+

黒 O住初段 
白 田中(二段) 白番

ここで40石損の盤面最悪手を打ってしまった。。。。。11−53で敗戦。
posted by たなか@とうかい at 22:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

流山オープン

【コメント返し】

・sano_さん

今日はあちらのほうの大会があったんですね。
全日本でお会いしましょう〜♪♪
(私のほうが何年後になるかわかりませんが・・・・)

・バタバタ3さん

詳しい解説をありがとうございました。
今日も大会の時にそのことを聞いてみたのですが、やはり私が勘違いしていたみたいですね。今の時点で気がついて良かったです。

・・・・まぁ本選に出られたら、の話ですが(汗;

バタバタ3さんには将来オセロ本を出版してもらわなければならないので、良かったらここのブログでも遠慮なく長文を書く練習をして下さいね〜( ´∀`)


【本文】

今日は流山オープンに行ってきました。結果は×○×○×の2勝3敗。しかし今日は普段負け越した時のような疲労感も無く、楽しくオセロモードでしたねぇ。

とりあえず、今年の目標を1つ達成出来ました。


posted by たなか@とうかい at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

20分+30秒

先日、京都オセロクラブ定例会に参加した時のことなのですが、対局時間を全日本と同じように20分+30秒の秒読みでやろうということになりました。私の認識としては、持ち時間の20分を使い切ってしまったら、そこから30秒の秒読みに入るものだと思っていたのです。
ところが、1回戦で終盤いくら数えても石数が足りないことが判明し、最後に連打される直前の58手目でゆっくり石を返していたら針落ちしてしまいました。残り0秒になったら30秒の秒読みに入ると思っていたので、まさか対局時計が止まってしまうなんて・・・・・・

どちらにしても負け試合だったので良かった(?)のですが、これがもし勝っている試合で+30秒というものに対する認識の違いで針落ち負けしてしまうような事態になったら、しかもそれを全日本選手権でやってしまったら、きっと悔やんでも悔やみきれなかったでしょうね。

今月の今後の大会参加は多分明日の流山オープンだけになると思います。全日本の予選に向けて、しっかり調整しなくては。
posted by たなか@とうかい at 00:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

京都オセロクラブ定例会より

【コメント返し】

・自爆王さん

盤面を見ただけで手順が分かるなんてすごいですねっ♪♪

・・・・・と書いてみました( ´∀`)


【本文】

京都オセロクラブ定例会より

・第1戦
080512U野.png
黒 U野三段
白 田中(二段) 白番

今こうして盤面を見ると、A3A2G5という手順がすぐに見えてくる。しかしこの時はうっかりダイレクトにG5と打ってしまった。当然黒A3と打たれ、一手足りない羽目に陥って攻めきれずに27−37で敗戦。

・第2戦
080512H井.png
黒 H井1級  黒番
白 田中(二段)

ここは黒E7の一手であろう。実戦でもH井さんの石を持った手がE7のマスに向かって一直線。しかし何故か直前で急に方向が変わってG8に打ってきた。この手を境に逆転し、あとは危なげなく53−11で勝利。

・第3戦
080512T尾.png
黒 T尾三段 
白 田中(二段) 白番

ヨットから終始リードして迎えた上図。ここではF8としてCラインを通すのが好手なのだが、それに気づかずにA7と打ってしまい、かなり際どい勝負になっていった。最後は何とか35−29で勝利。

・第4戦
080512O本.png
黒 田中(二段) 黒番
白 newk三段

三段と二段の対戦だが、実力差は九段vs5級という感じである。中盤からはまるでゼブラと打っているような絶望的な気分で、6−58で敗戦。対戦表に石差−58と書いてしまうほど思考能力を完全に奪われてしまった。1000回やっても勝てない。。。。。。

上図は先日このブログでnewkくんがビックリしたと書いた局面。しかしここで私が打った黒C8は、ゼブラの読みを深くすると盤面3番目の好手(?)であった。。。。。。

・第5戦
080512S生.png
黒 田中(二段) 黒番
白 S生六段

この日は参加人数が少なかったおかげで、こんなところでS生六段と対戦することが出来たのは嬉しい限りである。上図まではほぼ互角の形勢だったのだが、G4の白石を消すと白にD1と打たれることがイヤだったので他のことが見えていなかった。ここで打った黒G6が悪手で、白H5に黒C7で有利だと思っていたら、次の白G7でどうにもならない状況に置かれていることに初めて気がついた。16−48で敗戦。





posted by たなか@とうかい at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

犬山オープンより第3戦・第6戦

公式戦で同じ人に1日2回負けたのは、三河のチャンピオンリーグでSん四段に連敗して以来であった。


犬山オープンより

・第3戦

  A B C D E F G H
1++++++++
2+++●●○++
3++○●●○●+
4++○●●●++
5++○○○●●+
6++○○●+●+
7++○●++++
8++++++++

黒 S沼二段 
白 田中(二段) 白番

イメージで打つ悪手とは、ここで打った白F6のような手のことを言うのだろう。普通にG4に打つという意識が無かった思考状態が自分で分かるだけに、これを克服するのは容易ではないことを強く感じるのであった。


  A B C D E F G H
1+++○○○○+
2+++○○○++
3●●●○○○○+
4○●○○○○+○
5+○●●●○○+
6●●○●○●●+
7++○○●●●+
8++○○○○++

黒 S沼二段 
白 田中(二段) 白番

そしてここでA5に打つことで、黒B2とラインを通されて負けてしまうのであった。


・第6戦

  A B C D E F G H
1+○○○+●++
2○+○○●●++
3○○○●●●●●
4○●○○○●●+
5○+●○●○●○
6++●●●●○○
7++○○●●+○
8+○○○+●++

黒 田中(二段) 黒番 
白 S沼二段

快速船から迎えた上図。ここで心配だったのが白にホワイトラインを通されることで、それを防ぐため黒E8白G8黒E1白G1としてから黒B5と打ったのだが、E1がどうやら悪手だったようだ。B5の次に白A6と取られて下図。


  A B C D E F G H
1+○○○○○○+
2○+○●○○++
3○○●○○●●●
4○●○○○●●+
5○○●○●○●○
6○+●●○●○○
7++○●●○+○
8+○○○○○○+

黒 田中(二段) 黒番 
白 S沼二段

ここは黒B7しかないところだが、どう数えても足りない。終盤の難しさを克服できなかった一戦であった。
posted by たなか@とうかい at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

安芸オープンより第5戦

【コメント返し】

・リンダマンさん

お疲れさまでした〜♪私ももう一日京都観光とかしたかったです。
次は九州あたりでも一緒に行きましょうね〜( ´∀`)


【本文】

・安芸オープンより第5戦

080504N田1.png
黒 Bん五段 
白 田中(二段) 白番

3勝1敗とここまで調子の良かった私は、5回戦で一人だけ全勝のBん先生と対戦。日頃教えていただいているだけに、恥ずかしくないオセロをしたいと気を引き締めて臨んだこの一戦は、序盤快速船から白がやや優勢で迎えた上図。ここで打った白B2は最善手で、これでいけると思っていた。

080504N田2.png
黒 Bん五段 
白 田中(二段) 白番

B2に対して黒H4で上図。ここで右上の5個空きに手をつけて手止まりを打てば、左側の形からしても黒を追い詰めることが出来ると判断してH3に打ったのだが、この方針には1つ落とし穴があった。上図ではC7から攻めていったほうが良かったようだ。

080504N田3.png
黒 Bん五段  黒番
白 田中(二段)

ここで黒A7と打たせ、黒は詰んだなぁと思ったら・・・・・なんと!黒は打つところが無いだけで、打たされて困るようなところがないではないか。白は隅を取っているわけでもないので足掛かりにする石もなく、どこから攻めたらいいのか全く分からない。

ちなみに上図で黒はA7ではなくB7と打つと黒4石勝ち局面のようである。難しい。。。。。

080504N田4.png
黒 Bん五段 
白 田中(二段) 白番

そしてここで打ったD8が敗着となった。白が勝つにはF7と打ち、黒G5に対してE7と横取りするしかないようで、どっちにしても絶対に打てない手順である。
posted by たなか@とうかい at 22:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

品川シーサイドオープンより第5戦

【コメント返し】

・newkくん

こちらこそありがとうございました。毎回悔しい思いをさせられるほど、いつか勝つことが出来たらその時の喜びは格別なんだろうなぁと、その日が来ることを夢見ています。
F1・・・・・私もゼブラで解析して見てビックリしました(汗;

・すりっぱさん

いえいえ、感謝しているのは私のほうです。お付き合い下さってありがとうございました。すりっぱさんの名誉のために書いておきますが、あのすりっぱさんが負けた一戦は中盤まで私が設定した盤面でしたから、普通に対戦したらとてもかないません。

まぁ決戦といっても、その某定例会でも勝ち続けないとすりっぱさんと対戦出来ないのがつらいところです(汗;


【本文】

・品川シーサイドオープンより第5戦

  A B C D E F G H
1++○+++++
2++●○○+++
3●●●○○+++
4○○●○○○++
5+○●●●●++
6+○●●++++
7++●●○+++
8++++++++

黒 田中(二段) 黒番 
白 Sとぼん二段

この日のメインイベント、Sとぼんとの対戦はいつも同じ酉ストレートから迎えた上図。ここからG4D1F7と進むのが最善進行なのだが、どうもその進行は好きではないので外さなければと思い、打ったのがA6だった。しかし、こういう着想で打つ手というのはロクなものではない。


  A B C D E F G H
1++○+++++
2○+●○○+++
3○●●○○+●+
4○○●○○●++
5+●●●○●++
6●●●●+○++
7++●●○+++
8++++++++

黒 田中(二段) 黒番 
白 Sとぼん二段

ここでの狙いはE1からF1F2F3と連打していくことで、実際にE1E6F1D1F2D8F3と進んだ時にはほとんど互角の形勢に持ち直していた。(下図)


  A B C D E F G H
1++○○●●++
2○+○○●●++
3○○●○●●●+
4○○●●●●++
5+●●●○●++
6●●●○○○++
7++●○○+++
8+++○++++

黒 田中(二段) 
白 Sとぼん二段 白番

ここでSとぼんが打ったG1が好手で、下手にB2のX打ちを実現させてしまうと黒がA5に打ち込めないのがつらいところ。仕方ないのでA5A7の交換を入れてからG6と打ち、次の白H3でチャンス到来!


  A B C D E F G H
1++○○○○○+
2○+○○●○++
3○○●○○○○○
4○●●○●●++
5○●○●○●++
6○○●●●●●+
7○+●○○+++
8+++○++++

黒 田中(二段) 黒番 
白 Sとぼん二段 

しかし私がここで打ったF8は勝ち筋ではなかった(引き分け形勢)。上図では黒C8が好手で、もちろんその手も考えたのだが、白E8に対して黒B7と打つと左下を放置された場合にB2に打てなくなることと、B7ではなくF8と取ってしまうと白G5で負けが見えてしまったので打てなかった。しかし・・・・

(参考図)

  A B C D E F G H
1++○○○○○+
2○+○○●○++
3○○●○○○○○
4○●●○●●++
5○○○●○●++
6○○○●●●●+
7○+●○○+++
8++●○○+++

(黒番)

私には絶対に打てないが、ここで黒F7というのが絶好手らしく、あとはどうやっても白は勝てないようである。


  A B C D E F G H
1++○○○○○+
2○+○○●○++
3○○●○○●○○
4○●●○○○○○
5○●○●○●++
6○○○●○●●+
7○+●○○+++
8+●●●●●++

黒 田中(二段) 黒番 
白 Sとぼん二段 

そしてここで打ったF7が敗着となった。最後はボロボロになったが、課題の中盤は比較的良く打てた試合だったのではないだろうか。それにしても悔しいなぁ。。。。。

posted by たなか@とうかい at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

京都定例会

今日は品川ではなく京都の方に行ってきました。

行きの新幹線の切符を買う時に、まだ一度も会ったことがないリンダマンさんの席の隣を狙ったのですが、近くの席は全て埋まっていて結局2列前の席しか取れず。。。。
掛川から乗車して、ニコニコしながら近づいていった変な奴をリンダマンさんは優しく迎えてくれました♪

会場に着くと、どうもいつもと様子が違うnewkくんを発見。しかしオセロが強いことに変わりはなく、一局お願いしたけれどボロボロにされてしまいました。

この日のメンバーは9人だけで、S生六段を筆頭に三段以上が6人と、かなり厳しい状況。私の結果は

× U野三段
○ H井1級
○ T尾三段
× O本三段
× S生六段
○ 不戦

3勝3敗の7位(9人中)という、悲しいような妥当なような結果でした。最終戦で不戦勝が回ってきてしまったので、途中からやって来たSリッパさんと対局してやはりボロ負け。アフターでも充実した対戦が出来ました。

安芸で3位、犬山で4位と、実力不相応の順位だったので、今回は自分の弱さを再認識するという意味で本当に貴重な経験が出来ました。今の自分に足りないものを、時間をかけてゆっくりと探していこうと思います。

今日お世話になった皆さん、特に一緒に行動して下さったリンダマンさん、本当にありがとうございました。
posted by たなか@とうかい at 23:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中日青空オセロ大会より第5戦


【コメント返し】

・ライdさん

私も38手目以降は終盤ずっと最善手で打っていたので、あれ以上石を稼ぐことは出来ませんでした。ライdさんがいくら終盤が完璧だったとしても、その前の序盤中盤でもっと石を稼いでいたら・・・・・


【本文】

・中日青空オセロ大会より第5戦

080427S沼1.png
黒 田中(二段)
白 S沼二段  白番

上図までは快速船からG3に外すパターンで、これは前回S沼さんと対戦した時に勝った進行なのだが、打っていてかなり難しかったので普通に最善進行H3から行くか迷った末に打ったものであった。S沼さんもこれを研究していたようで、きっちりC3に打ってきた。

080427S沼2.png
黒 田中(二段) 黒番
白 S沼二段 

そしてここで打ったD7が早くも敗着となってしまった。黒としてはD列が白で通っているのでD7C7と打っていこうと安易に考えたのだが、白H3で一度種を消されて、黒はC2C1からC7と予定通りに打ったつもりだったのだが・・・・・

080427S沼3.png
黒 田中(二段)
白 S沼二段  白番

ここでのC8が強烈な一手だった。S沼さんには黒D7の時点でここまでの進行が見えていたようである。

080427S沼4.png
黒 田中(二段)
白 S沼二段  白番

そしてここでH6。完全にアウトである。22−42で敗戦。





posted by たなか@とうかい at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

犬山オープン第1戦第2戦第4戦第5戦

【コメント返し】

・端くれ初段さん

完璧な解答ですね!大正解ですっ!!
これだけ終盤が読めるなんて羨ましい・・・・・・


【本文】

今日は犬山オープンからS沼二段戦以外の対局を。


・第1戦

  A B C D E F G H
1+○○○++++
2++○●○○++
3○○○○○○++
4+○●●●○++
5++○●●○++
6++○○●○++
7++++++++
8++++++++

黒 田中(二段) 黒番 
白 H谷さん

こういう局面で自然にF1に打てるようにならなければ。。。。。実戦では打てずに49−15の勝利。

・第2戦

  A B C D E F G H
1+●●●●●++
2+●●●●●++
3●●●●●●●○
4○●○○●●●+
5○●●●●○●●
6○●●●●●●●
7○●○○○○++
8●○○○○○++

黒 田中(二段) 
白 U野三段  白番

今年の目標の1つに、U野さんを倒すというものがあった。今まで公式戦では一度も勝ったことがなかった。
上図でU野さんは当たり前のように偶数理論っぽい白H4に打ってきたのだが、これが敗着になった。黒H2と取られると、白は偶数維持のためにさらにG2と打ち、右上で白が手止まりを打っても黒G8に対して偶数の有利さを発揮出来ないのであった。35−29で初勝利!


・第4戦

  A B C D E F G H
1++++++++
2+●++++++
3++●○○+++
4++●●○+++
5+++●○+++
6++++++++
7++++++++
8++++++++

黒 S山三段 
白 田中(二段) 白番

なんとビックリ!公式戦でこれを打たれたのは初めてである。この大会の目的の1つ、Lイd四段と対戦するためにはかなり石数を稼がなければならなかったので、このB2は非常にありがたかった。53−11で勝利。

・第5戦

  A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++
3++●●●○++
4+++●●○++
5+○○○●●●●
6++○●○○●●
7++●○○○+●
8+++●●●●+

黒 O本四段
白 田中(二段) 白番

ここで打った白C4が大悪手。黒C8と取られてみると、この一手の大きさが本当によく分かるのであった。38−26と勝つには勝ったが、決勝進出まで4石ほど足りずに涙を飲んだのであった。

posted by たなか@とうかい at 21:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安芸オープン第1戦〜第4戦と第6戦

【コメント返し】

・自爆王さん

自爆王さんの場合は大会さえたくさん出ていれば上回りますよね^^
今度中部の大会で対戦させて下さい〜♪

・バタバタ3さん

問題なのは今のレートよりもこれからです。
バタバタ3さんは大会結果から見てもメキメキと力をつけているようですから、頑張ってさえいれば自然に上がっていくと思いますよ。

・豹☆彡さん

年間40戦の人は6人いるようですが、住んでいる地域とかで制約される部分もありますよね。段位よりもレートが高いほうが羨ましいですが。。。。

・さいとうさん

さいとうさんは名人戦で超キビシイ当たりの中で勝ち越された二段の方ですよね?川越では対戦ありがとうございました。
・・・・あの時はどっちのさいとうさんだったのでしょう(汗;

・隠居2段さん

その6試合で対戦出来た方々は貴重な対戦でしたね。
一度生でお顔を拝見したいです〜♪

・Dなべさん

ダブりが生じるといろいろと大変ですよね。
今度、大会でひどい成績だった時には名前の欄を”田仲”とかにしてみようかな(汗;

・さくらさん

ありがとうございます。特に調子が良かったという感じでもないのですが、勝ちが先行する展開は良かったです。
女性は何人かいらっしゃったのですが、さくらさんの友人はどなただろう。。。。。


【本文】


今日は安芸オープンから第5戦以外を。


・第1戦
080504A利.png
黒 A利くん  
白 田中(二段) 白番

なかなか恐い展開なので、安全策を選んで49−15で勝利。

・第2戦
080504O村.png
黒 O村3級 
白 田中(二段) 白番

公式戦200人目の対戦相手はネットでもよく対戦するO村3級。記念すべき対局なので自然と気合が入る。
上図まで白優勢だが、ここでラインを切りにいった白H4が悪手。ラインではなくH3と打ってA7を狙いにいくべきであった。勝てたので良かったのだが、こういう時は気をつけたい。

・第3戦
080504U.png
黒 田中(二段) 黒番 
白 Uさん

ここで打った黒H3が大悪手。たった一手で台無しにしてしまったゲームだが、ネタとしてもDなべさんには全然及ばない中途半端さが悲しい。

・第4戦
080504O本.png
黒 田中(二段)
白 O本三段  白番

上図は黒がD1と打ったところ。この手を打ってから、右上の奇数空きを先着される〜失敗した〜と思っていた。そのことばかり頭にあったので、上図からO本さんがF8と打ってきた時に、右上先着されなかったラッキーと思ってH1と取ってしまったのだから、次の白H8で目の前が真っ暗になった。幸いまだ黒が残っていたようで、あとは間違えることなく打ってギリギリ33−31で勝ったのだが、非常に厳しい試合だった。

・第6戦
080504M谷.png
黒 田中(二段)
白 M谷二段  白番

私が生オセロデビューした時のアフター飲み会で同じテーブルだったのがM谷二段とU野三段で、当時の私には2人ともはるか雲の上の存在だった。
今回も不利な形勢で進んで迎えた上図。ここで白が勝てるのは1箇所だけなのだが、実戦では白に敗着が出てなんとか勝つことが出来た。
さて、白が勝てるのはどこでしょう?

posted by たなか@とうかい at 00:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

段位別レーティング平均値

恒例の段位別レーティング平均値、また今回も集計してみました。ちなみに私のレーティングは1168→1188の105位。最近はレーティングに対する執着は少なくなってきていて、もちろん100位以内には入りたいのですが、目先の100位よりも5年後の10位以内を目指したいものです。


レート平均値(カッコ内は前回のレート平均値)

九段:1487.3 (1491.3)  (3人)
八段:1532.0 (1521.7)  (3人)
七段:1362.6 (1327.6)  (5人)
六段:1271.6 (1252.5)  (8人)
五段:1249.6 (1215.2)  (23人)
四段:1211.4 (1232.1)  (45人:前回49人)
三段:1138.2 (1140.5)  (64人:前回60人)
二段:1084.1 (1095.4)  (69人:前回71人)
初段:1018.1 (1011.3)  (75人:前回72人)

今回は五段が四段の平均を上回って段位順になりました。Tオル新五段の加入の影響が大きいのでしょうか。

レート増加ベスト5

1位:K藤新二段(なんと一気に411アップ!!)
2位:S藤二段(+201)
3位:H田初段(+196)
4位:O本二段(+188)
5位:S生六段(+167)
5位:S木初段(+167)
(152位:たなか@とうかい二段 +20)

年間試合数

1位:O田二段(366試合)
2位:S藤初段(353試合)
3位:S野五段(347試合)
3位:W引三段(347試合)
5位:T藤五段(334試合)
(11位:たなか@とうかい二段 275試合)

最多引き分け

1位:S竹三段(7分け)
1位:O田二段(7分け)
1位:T川初段(7分け)
4位:S田四段(6分け)
4位:N島四段(6分け)
4位:S藤1級(6分け)
(170位:たなか@とうかい二段 0分け)

最多勝

1位:W引三段(237勝)
2位:T藤五段(223勝)
3位:N島八段(209勝)
4位:O田二段(201勝)
5位:N崎四段(179勝)
(9位:たなか@とうかい二段 150勝)

勝率

1位:T永八段(86.30%)
2位:T則九段(86.10%)
3位:D達四段(84.40%)
4位:T沢八段(83.30%)
5位:S々木四段(83.10%)
(192位:たなか@とうかい二段 54.50%)

posted by たなか@とうかい at 22:38| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

品川シーサイドオープン第1〜4戦と第6戦

【コメント返し】

・半蔵さん

いえいえ、みんなそうやって強くなっていくのだと思いますよ。
私もいつも自分の恥をこのブログで書いているようなものですから。(汗;


【本文】

中日青空オセロ大会第5戦と品川シーサイドオープン第5戦についてはまた後日ということで、今日は品川シーサイドオープンの第1戦から第4戦までと第6戦を。

・第1戦

  A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++
3++○○○○++
4++●●●○++
5+●●●○○++
6+++○○○++
7++++++++
8++++++++

黒 田中(二段) 黒番 
白 S田四段

この日は関西で京都オープンが行われていたのだが、翌日に安芸オープンに行くのに何故か品川のほうを選択。1回戦でN島八段を指名するも抽選でハズレ。しかしS田四段と対戦が組まれたのはありがたい限りである。
上図まで私のよく知らない進行なのだが、ここで打った黒D2が悪手らしく、白B4と取られてどうにもならなくなってしまった。この後ズルズルと形勢を悪くし、17−47で敗戦。
ちなみに京都オープンではS帯1級がこの進行を駆使して4位に入り二段昇段を決めたらしい。。。。。


・第2戦

  A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++
3++○○○+++
4++○○○+++
5++○●●●++
6++++++++
7++++++++
8++++++++

黒 H田三段  黒番 
白 田中(二段)

ネットで打っていると、この局面からB5と打ってくる人が時々いるのだが、これはかなりの悪手らしい。そして白D6に黒E7で勝負はほぼ決まってしまった。
しかし中盤の終わりでミスにミスを重ね、42−22で勝利したものの、かなり石損した。


・第3戦

  A B C D E F G H
1+●●●+○++
2●+●○○●+●
3●●●●●●●●
4●●●●○●●●
5+●○●○○●+
6○●●○●●○○
7++●●●++○
8++●●●+++

黒 N松初段 
白 田中(二段) 白番

N松くんはヤフーレート2300の強豪オセラー。1700台をウロウロしている私なんて相手にならないハズ・・・・・・

??

53−11で勝利。


・第4戦

  A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++
3++++++++
4+++○●+++
5+++●○+++
6++++++++
7++++++++
8++++++++

黒 田中(二段) 黒番
白 T川初段

ここ最近で連敗(しかも惨敗)を喫しているT川初段対策は、とにかく伏石で勝つことだった。伏石で勝った私は黒を選択。序盤中盤いろいろあったものの、最終的な勝因は黒をゲット出来たことのようである。54−10で勝利。


・第6戦

  A B C D E F G H
1++○○○○++
2●+++○○●+
3●+○○○●●+
4●○○●●●●●
5+●○●●○●●
6○●●●○●●+
7○●●○●○++
8+●+○○○○+

黒 S木初段 
白 田中(二段) 白番

この時点で私の残り時間が8分ちょっと、S木くんは30秒くらいだっただろうか。私が打った瞬間に必死ですぐに打ってくるS木くんに圧倒されて、ここで敗着となるH2を打ってしまった。しかもそのことにH1からB1と辺を取られるまで気がつかなかったという情けない状況。31−33で敗戦。
posted by たなか@とうかい at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

中日青空オセロ大会より第4戦

【コメント返し】

・Dなべさん

そういうわけで移動距離としては私はしょうがくさんに負けてしまいました。(汗;
Dなべさんもみんなに驚かれるような遠征、期待しています♪

・バタバタ3さん

それは一生かかっても不可能でしょうねぇ。。。。。
名人戦か全日本か王座戦で優勝できれば、それ以上は望みません。

・小林 学さん

さすがに分かる人には分かるのですね。この世界選手権30回記念オセロ盤はH蔵さんがわざわざ持ってきて下さったもので、確かにこの写真をよく見ると飲み会でのテーブルで飲み物がこぼれていたりして微妙な感じですよねぇ。しかしこのオセロ盤、とても打ち心地が良くて気に入りました。さすがに3万円出して買おうとは思いませんが、誰かプレゼントしてくれないかなぁ。。。。。

ちなみに最後の写真の問題ですが

pea.png
(黒番)

右上どちらでも連打ですよね。この時Bん先生はH蔵さんに

「打てる箇所5つの内4つは大丈夫ですから。」

と言われてたのですが、黒B2やB8でも確かにゼブラでは引き分け形勢なんですよね。私にはそこまでは読めませんでした。

もちろん、H蔵さんが打った手はA7でした(爆)


【本文】

・中日青空オセロ大会より第4戦

080427F田1.png
黒 田中(二段) 
白 F田三段  白番

F田三段とはこれが初対戦。全日本のブロック予選を通過するためには勝っておきたい相手である。
上図までは大量取りの進行であるが、ここでF田さんが打ってきたE2はかなりの損らしい。黒F3と冷静に横取りし、序盤からかなり有利で進む。

080427F田2.png
黒 田中(二段) 
白 F田三段  白番

ここでF田さんが長考に入った。もしかして、と思っていたら白H2と強気の手が飛んできた。いろいろ手をつくしてもH5に入れることは出来なかったのだが・・・・

080427F田3.png
黒 田中(二段) 黒番
白 F田三段 

ここでの勝ち筋はD8しかないようである。C8を強制させてからA2と打つのが我ながら良く出来た手順で、これで勝ちを確信する。

080427F田4.png
黒 田中(二段) 黒番 
白 F田三段 

ここでG7と打ったのだが、G7を打つ前にD1G1の交換を入れておくべきところ。ここで少し石数を損してしまったが勝敗に影響はなかった。43−21で勝利。








posted by たなか@とうかい at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遠征から帰ってきました

【コメント返し】

・バタバタ3さん

いつも応援ありがとうございます。頑張ってきましたよ〜♪

・satobonさん

疲れました(汗;
問題なのは序盤の定石よりも終盤なんですよね。。。。。
さらに精進します。

・ちぷさん

永遠の初段・・・・・

そういうことを言う人に限ってすぐに四段とか七段とかになるんですよね〜。( ´∀`)


【本文】

安芸オープン 4勝2敗 3位(22人参加)
犬山オープン 4勝2敗 4位(18人参加)


行ってきました、安芸オープンと犬山オープン。3日に新橋のネットカフェにオセラー4人で宿泊し、翌朝5時ちょっと過ぎに出発。東京駅では売店やお弁当屋さんがほとんど開店しておらず、ひたすら駅の中を歩き回った。
10時前には広島に到着。行列の出来るお好み焼き屋さんで早めの昼食を取った。

080504_105233.jpg

ここのお好み焼き、庶民の味がするのに安っぽい味がしない、本当に美味しいものだった。きっと素材から良いものを使っているんだろうなぁ。普段はガツガツ食べてしまう私も、この時はゆっくりと味わって食べた。

美味しいものを食べたところで、時間に余裕があればフラワーフェスティバルの会場に行ってみたかったのだが、行列で時間を取ってしまったために断念。素直に会場に向かうことにした。

080504_181212.jpg

広島といえばやはり路面電車である(この写真は帰りに撮影したもの)。19年前に19歳の時に広島には来ているのだが、駅前の雰囲気は当時とあまり変わっていないように思った。そして路面電車に乗ろうと電停の前で行き先を眺めていると・・・・・

「田中さん〜!」

ん???



・・・・・・・おお〜〜!!!!


そこには何故か前日に大会後一緒に飲んでいたしょうがくさんが。広島に行くなんて一言も言っていなかったのに〜。さすが遠征の大先輩である。

会場に着くと某ネットサイトの人達がたくさんいて、なかなか不思議だった。しかもみんながいる前でプロポーズをしている人がいたりして、会場は和気藹々の和やかムード。(?)
試合のほうは4回戦を終えた時点で全勝がBん先生1人だけになり、5回戦で1敗の私が対戦するという面白い展開に。結局は負けてしまったのだが、少しは優勝争いに絡むことが出来たという点でなかなか良かった。

アフターの飲み会も楽しかったのだが、その飲み会で一番盛り上がったのはBん先生・H蔵さん vs K野さん・私のペアオセロ。

080504_212406.jpg
(黒番)

ここでH蔵さんが悩むこと10分。Bん先生が必死でヒントを送っているのだが、全員の注目の中で彼が放った手は・・・・・!?


楽しい時間も終わって予約しておいたホテルに行ったのだが、そこに宿泊する3人が偶然にも安芸オープン1位と2位と3位の私。上位3人のプレーオフだ!ということで3試合が行われたのだが、結局私はここでも3位に終わった。勝てない。。。。。。


翌日の朝は比較的ゆっくりとすることが出来、のんびりと犬山オープン会場に向かった。まぁ犬山ではいつものメンバーなので特筆することはあまりないのだが。。。。。

S沼さんに2回負けて4勝2敗。これは本当に悲しかった。ブロック予選では一矢報いたいものである。

明日からまた品川シーサイドオープンも入れて3日間を振り返っていく。でもその前に中日青空も終わっていなかったか・・・・・




posted by たなか@とうかい at 00:13| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

品川シーサイドオープン


今日の品川シーサイドオープンは3勝3敗の20位(47人中)という成績でした。3勝1敗で迎えた第5戦でSatobonに負けたのが全てでした。悔しいけれど、でもこういうオセロが出来たことには本当に感謝しています。Satobonありがとう!!

でも次は倒します・・・・・・・・


!!!!!!!!!!!!!!!!


posted by たなか@とうかい at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3連休

【コメント返し】

・ちぷさん

いえいえ、もしかしたらブロック予選までにちぷさんが三段以上に昇段しているかもしれませんよ〜♪
まぁ結果を恐れず良いオセロをしましょう。


【本文】

私の会社も今日からいよいよ3連休。この連休中の予定は

3日:品川シーサイドオープン
4日:安芸オープン
5日:犬山オープン

となっています。2日連続大会参加というのは今までに7回あるのですが、3日連続は初めて。なんとも贅沢な連休です。

みなさん、どうぞよろしくお願いします〜♪


まずは今日の品川シーサイドオープンで3位以内に入ってスーパーリーグに出てみたい。。。。。。
posted by たなか@とうかい at 00:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

中日青空オセロ大会より第3戦

【コメント返し】

・端くれ初段さん

問題1も問題2も正解です!!素晴らしいっ!!!!
今後は端くれではなく最強初段を名乗って下さい( ´∀`)

・三応有段者さん

問題1のほうはなかなかいい発想ですね。しかし黒H1と素直に取られて白G3の次に黒H6と1つ離して打つのがうまい手で、放置すると連打になるので白は仕方なくH5の一手ですが、黒G6と縦に抜かれて足りなくなってしまいます(泣;
問題2でH6ですが、これは私が打った手です(−10)。同じ選択をして下さって嬉しいです♪

・ちぷさん

ちぷさんとは予選通過を決めてから当たりたいですねぇ。強豪をちぷさんが倒して、その隙に私がこっそり滑り込むというパターンが理想です。
PC勝ったらネット対戦したいので連絡下さいね〜♪


【本文】

・中日青空オセロ大会より第3戦


  A B C D E F G H
1+++○++++
2++○○●+++
3●●○○●●++
4○○●●●●●+
5○○○○○●++
6+++++●●+
7++++++++
8++++++++

黒 M井初段 
白 田中(二段) 白番

M井初段との対戦はいつも牛から同じような進行になるのだが、今回は途中から変化されて難しい局面になっている。上図で私が放った白F1が緩い手で、ここはF2と横取りするほうが有利なようだ。 


  A B C D E F G H
1+++○●○++
2++○○○○++
3●●○○○●++
4●○○○●○●+
5●●○○○○○+
6●+○●+●●+
7++++++++
8++++++++

黒 M井初段  黒番
白 田中(二段)

ここでM井さんはD7と打ってきたのだが、これが悪手。こういう局面では壁を作るようでもE6と打たれるほうが白は攻めづらいものである。白H4で右側に黒が手をつけにくい形にしておいて黒E6に白G3で必勝形になってきた。


  A B C D E F G H
1+++○●○++
2++○○○○++
3●●●●●○●●
4●○●●●●○●
5●○●●●●●●
6●●●●●●●●
7●++●++++
8++++++++

黒 M井初段 
白 田中(二段) 白番

ここでちょっと長考してB7からの手順を考えてみたのだが、黒C1白B1黒B2とされた場合の次の手が難しくて(白F7が正解なのだが)この進行を却下。安全(?)にC7からの手順を採用した。あとはきっちりと打つことが出来て45−19で勝利。
posted by たなか@とうかい at 21:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。